スポンサーサイト --年--月--日 スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

( ゚∀゚)ガラクタ魔王のようです 1 2011年01月18日 ( ゚∀゚)ガラクタ魔王のようです トラックバック:0コメント:0

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/18(火) 21:25:08.15 ID:bLAra/Q70

 森の中を女が駆けている。
 その後ろを、数人の男たちが追っていた。


 「待て! この売女が!」

ミセ;゚ー゚)リ「って言われて待つほどアホじゃねえよ!」

 「いーやおまえはアホだ! 底抜けのまぬけ! だから止まれ!」

ミセ;゚ー゚)リ「好き勝手いいやがって死ね!」


 追っているのは兵士たちだった。

 女は安っぽいドレスをはためかせて、必死に逃げ回っている。


3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/18(火) 21:29:26.32 ID:bLAra/Q70

 「ま、待て。この先は危険だ」

 兵士の内、一人が立ち止まる。


 「この先はやつの領地になる」

 「そうか! カエラズの森」

 「クソ。これでは追えないな」


 女の背中が小さくなり、森の奥へ消えていくのを、歯がゆい気持ちで兵士たちは見送った。



 「まあいい。これであの女が死んでくれれば、我々の落ち度も無くなる」

 「どうせ捕まえれば死刑だったしな」



 「さあ我々も帰投しよう。あの尻軽女のせいで、魔物に教われでもしたら報われないぞ」


6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/18(火) 21:31:22.92 ID:bLAra/Q70

 兵士たちが踵を返し、街に帰り始めてから、十数分後のことだった。





( ゚∋゚)

ミセ;゚ー゚)リ




 森の奥へ逃げ込んだ女は、三メートル以上はあるガーゴイルの前で、力なく座り込んでいた。

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/18(火) 21:33:22.96 ID:bLAra/Q70





 ##### ガラクタ魔王のようです #####










 第一話「ガラクタ魔王と尻軽女」





続きを読む
スポンサーサイト

( ゚∀゚)ガラクタ魔王のようです 2 2011年01月19日 ( ゚∀゚)ガラクタ魔王のようです トラックバック:0コメント:0

続きを読む

( ゚∀゚)ガラクタ魔王のようです 3 2011年01月20日 ( ゚∀゚)ガラクタ魔王のようです トラックバック:0コメント:0

続きを読む

( ゚∀゚)ガラクタ魔王のようです 4 2011年01月23日 ( ゚∀゚)ガラクタ魔王のようです トラックバック:0コメント:0

続きを読む

( ゚∀゚)ガラクタ魔王のようです 5 2011年01月23日 ( ゚∀゚)ガラクタ魔王のようです トラックバック:0コメント:0

続きを読む

( ゚∀゚)ガラクタ魔王のようです 6 2011年01月27日 ( ゚∀゚)ガラクタ魔王のようです トラックバック:0コメント:0

続きを読む

( ゚∀゚)ガラクタ魔王のようです 7 2011年02月02日 ( ゚∀゚)ガラクタ魔王のようです トラックバック:0コメント:0

続きを読む

( ゚∀゚)ガラクタ魔王のようです 8 2011年02月02日 ( ゚∀゚)ガラクタ魔王のようです トラックバック:0コメント:1

続きを読む

( ゚∀゚)ガラクタ魔王のようです 9 2011年02月28日 ( ゚∀゚)ガラクタ魔王のようです トラックバック:0コメント:0

続きを読む

( ゚∀゚)ガラクタ魔王のようです 10 2011年03月01日 ( ゚∀゚)ガラクタ魔王のようです トラックバック:0コメント:0

続きを読む

( ゚∀゚)ガラクタ魔王のようです 11 2011年03月04日 ( ゚∀゚)ガラクタ魔王のようです トラックバック:0コメント:0

続きを読む
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。