スポンサーサイト --年--月--日 スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▼・ェ・▼犬とぼく、のようです 2011年04月06日 感動等 トラックバック:0コメント:0

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/05(火) 20:48:06.83 ID:y9/mMCTbO [2/48]
( ^ω^)

ぼくの住む町は、田舎。

飼い犬と走り回るには、困らない世界だった。

今は昼。

ぼくは君と、近くの砂利道ではしゃぎまわる。

( ^ω^)「ほら、こっちこいおビーグル!!」

▼・ェ・▼「わん!」

その飼い犬の首輪には、「Beegle」の文字。

これはぼくが間違えて彫ってしまったものだ。

カーチャンに、

「これじゃビーグルじゃなくてベーグルじゃない」

と笑われたのも覚えている。

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/05(火) 20:50:36.40 ID:y9/mMCTbO [3/48]
▼・ェ・▼「わん!わん!」

( ^ω^)「くすぐってえおwwちょwwやめwww」

▼・ェ・▼「わんわん!」

( ^ω^)「やめろwwwwやめろってwwwwやーめーろってwwww」

(#^ω^)「やめろってんだろうがお!!」

▼;・ェ・▼「わふ」

( ^ω^)「……」

( ^ω^)「はは」

犬に通じるわけもないのに

誰にも聞かれないように小さく呟く。

「はは、幸せだなあ」と。

それは懐かしく響く、僕だけの物語。

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/04/05(火) 20:54:00.08 ID:y9/mMCTbO [4/48]



▼・ェ・▼犬とぼく、のようです



続きを読む
スポンサーサイト
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。