スポンサーサイト --年--月--日 スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

( ・∀・)と六つの銃弾のようです 解説 巻の一 2011年01月02日 ( ・∀・)と六つの銃弾のようです トラックバック:0コメント:0

79 名前: ◆Zb08y4eL/Y [] 投稿日:2011/01/02(日) 01:29:24.49 ID:H9is0mUGO


( ´ー`)が解説をするようです

巻の一
:天使の役割



注意:三話後投下されたものなので3話まで見ておくことをお勧めします




81 名前: ◆Zb08y4eL/Y [] 投稿日:2011/01/02(日) 01:32:26.54 ID:H9is0mUGO
(;´ー`)「…はっ!
      あれ!?オレ…殺されたんじゃ…?」

シラネーヨは気が付くと真っ白い空間にいた。
あたりを見回しても壁すらなく、延々と白い床が続いていた。

82 名前: ◆Zb08y4eL/Y [] 投稿日:2011/01/02(日) 01:35:49.86 ID:H9is0mUGO
(;´ー`)「ここは…死後の世界かーヨ…?」

( ´∀`)「そうだーヨっモナwwww」
(;´ー`)「!?」

いつの間にか老人が背後に立っていた。

(;´ー`)「何者だーヨ!?いきなりなんだーヨ!?」

83 名前: ◆Zb08y4eL/Y [] 投稿日:2011/01/02(日) 01:39:03.94 ID:H9is0mUGO
( ´∀`)「モナはwwwトイレの神様だモナwwwwwww」

(;´ー`)「…あなたが神ですか?
      ナメた口をきいて申し訳
( ´∀`)「嘘だモナwww」



( ´ー`)





85 名前: ◆Zb08y4eL/Y [] 投稿日:2011/01/02(日) 01:45:09.28 ID:H9is0mUGO
(≠)д`(≠)「ふざけてスイマセンでした…
       チョーシこいてたっす…
       流行りに乗ってパッと花さかせたかったんスヨ…」

( ´ー`)「次ふざけたら、もうシラネーからヨ。
      で、ジジィ。オレ様になにか用かーよ?」

そう聞くと老人の顔がパッと明るくなった。

( ´∀`)「そうモナ!
       十年振りに人に会ったからお話したいモナ!」

86 名前: ◆Zb08y4eL/Y [] 投稿日:2011/01/02(日) 01:49:56.79 ID:H9is0mUGO
( ´ー`)「…十年もかーヨ…
      まぁオレ様で良ければ話してやるヨ。」

( ´∀`)「見た目によらず優しいモナ…
       見た目によらず…
       あ、モナはモナーて言うモナ!」

( ´ー`)「オレ様は能天使隊隊長シラネーヨって名前だヨ。」

88 名前: ◆Zb08y4eL/Y [] 投稿日:2011/01/02(日) 02:00:33.59 ID:H9is0mUGO
( ´∀`)「能…天…使…だと…?
       なんだモナ?それ。」

( ´ー`)「あぁ…ちょうど十年前から始まったモンだからな。
      いっちょ説明してやんヨ。」

( ´ー`)「天使は9段階に分かれてるんだヨ。」

( ´ー`)「上から
大天使
熾天使
智天使
座天使
主天使
力天使
能天使
権天使
天使
になってるヨ。」

89 名前: ◆Zb08y4eL/Y [] 投稿日:2011/01/02(日) 02:06:28.98 ID:H9is0mUGO
( ´∀`)「なんかややこしー感じモナね。」

( ´ー`)「しっかり役割分担した方が統治しやすいもんだヨ。
      前の神と違って今の神は世界を統治してるからヨ。」

( ´∀`)「…前の神様は一国を統治していただけだモナ。
       そこまでのシステム化は必要なかったモナ。」

( ´ー`)「まぁオレ様はまだ天使になって無かったからその頃の事はシラネーヨ。」

90 名前: ◆Zb08y4eL/Y [] 投稿日:2011/01/02(日) 02:10:30.86 ID:H9is0mUGO
( ´ー`)「んで、政府に所属してるヤツらを『天使』って呼ぶんだーヨ。」

( ´∀`)「でもその一番下に『天使』があるモナよ?」

( ´ー`)「あーソイツらは平社員的ポジションだーヨ。
      所謂その他雑務だヨ。
      何か役職に付けば名称も変わる。」


93 名前: ◆Zb08y4eL/Y [訂正] 投稿日:2011/01/02(日) 02:18:50.16 ID:H9is0mUGO
( ´ー`)「で、一番上のが『大天使』。
      まぁそこは本編を読めばわかるーヨ。」
( ´∀`)「本編ってなんだモナ。」
( ´ー`)「…察しろヨ。」
( ´∀`)「スイマセンっした。」
( ´ー`)「んで、次が『熾天使』だーヨ。
      コイツらは神の周辺や城内を警護する役職だーヨ。
      精鋭揃いでオレでも大人数相手はキツいヨ。」


95 名前: ◆Zb08y4eL/Y [] 投稿日:2011/01/02(日) 02:23:00.94 ID:H9is0mUGO
( ´ー`)「次が『智天使』。
      コイツらは予算や税収の運営を任された所謂政治家だな。」

( ´∀`)「世の中金かよ…
       腐ってやがるぜぇ…」

( ´ー`)「キャラが定まらなさ過ぎるヨ。
で、その世界中の金の流れや物流を管理するのが『座天使』だヨ。」

97 名前: ◆Zb08y4eL/Y [] 投稿日:2011/01/02(日) 02:28:36.64 ID:H9is0mUGO
( ´ー`)「さすがに智天使だけじゃ世界中を管理出来ないから、地方政治を管理するのが『主天使』だヨ。」

( ´∀`)「市長さんとかそんな感じモナか?」

( ´ー`)「そんな感じだヨ。
      その各地方に『力天使』と『能天使』がいるんだヨ。
能天使が神の法を侵した者を捕まえて、力天使がその法を元に反逆者を裁く感じだヨ。」

99 名前: ◆Zb08y4eL/Y [] 投稿日:2011/01/02(日) 02:37:14.17 ID:H9is0mUGO
( ´ー`)「残りの『権天使』はヒラの天使を管理する役職だヨ。」

( ´∀`)「まとめると

大天使:別格の力を持った人達
熾天使:近衛兵
智天使:政治家
座天使:貿易管理
主天使:地方政治家
力天使:裁判官
能天使:警察
権天使:係長
天使:平社員

ってことモナね!」

( ´ー`)「そんなもんだーヨ。」

100 名前: ◆Zb08y4eL/Y [] 投稿日:2011/01/02(日) 02:40:41.74 ID:H9is0mUGO
( ´∀`)「…ちょっと待ったモナ。」

( ´ー`)「…ん?
      どうしたヨ?」

( ´∀`)「『うぃきぺでぃあ』ってトコ見てみたら、大天使の階級が違ってたり智天使と座天使、権天使の役割がおかしいモナよ?」

( ´ー`)「………」

102 名前: ◆Zb08y4eL/Y [] 投稿日:2011/01/02(日) 02:43:13.18 ID:H9is0mUGO

( ´ー`)「この物語はフィクションです。
      実在の人物、団体、事件などにはいっさい関係ありません。」




二人から少し離れた位置て何かが落ちる音がした。





103 名前: ◆Zb08y4eL/Y [訂正。位置て→位置で] 投稿日:2011/01/02(日) 02:45:58.06 ID:H9is0mUGO


???「…?
    ここはいったい…?」


現れたのは誰なのか?

次回へ続く




( ・∀・)と六つの銃弾のようです 第四話
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://eksr.blog115.fc2.com/tb.php/13-91e30e46
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。