スポンサーサイト --年--月--日 スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

( ^ω^)極悪ビジネス('A`)のようです 4 2011年03月08日 ( ^ω^)極悪ビジネス('A`)のようです トラックバック:0コメント:0


102 名前: ◆Ymtt.Y6YOc [ミスったorz] 投稿日:2011/03/08(火) 23:07:46.20 ID:5XgX5um60 [42/52]
( ´∀`)「戸籍を売って欲しいモナ」

( ^ω^)「戸籍、ですかお?」

 たまにくるVIPからの依頼。
 そのほとんどは、実在する戸籍を取得できないかという依頼だ。
 それは、例えば免許の資格失効時に役に立つ。

 もちろん、それは単純に犯罪者のVIPが欲しがるケースも存在する。

( ^ω^)「わかりましたお」

( ^ω^)極悪ビジネス('A`)のようです
 第四話 「戸籍」


109 名前: ◆Ymtt.Y6YOc [ミスったorz] 投稿日:2011/03/08(火) 23:15:00.73 ID:5XgX5um60 [43/52]
 一言に戸籍と言っても、どんな戸籍でもいいというわけではない。
 依頼される戸籍の一番条件は、綺麗な戸籍ということだ。

 その綺麗差は依頼者による。
 犯罪暦さえなければそれでいいという人から、精神病に通院暦がある人はだめ、等の条件を出される。

 次に、年齢がだいたい合っていること。
 20代の人が40代の戸籍を使用することはできない。

 今回の依頼者はモナーの息子。
 どうやら大きな犯罪を侵してしまったらしい。

 まぁ大犯罪者の息子じゃ仕方ないか

( ^ω^)「あいつがいるお」

 内藤は携帯電話を開き、モララーに電話を掛けた。

( ^ω^)】「おっおー、調子はどうだお?」

111 名前: ◆Ymtt.Y6YOc [ミスったorz] 投稿日:2011/03/08(火) 23:21:03.80 ID:5XgX5um60 [44/52]
( ^ω^)「やあ、久しぶりだお」

(;)・∀・)「頼む、早く売ってくれ」

( ^ω^)「金は?」

(;)・∀・)「また、貸してくれ、頼む」

( ^ω^)「貸すのはできないお」

 モララーが怒りを顕わにしたが、内藤はお決まりの笑顔を崩さなかった。

( ^ω^)「でも、渡すのは可能だお」

(;)・∀・)「どういうことだ?」

( ^ω^)「おー?モララーの持ってるものが欲しいんだお」

(;)・∀・)「持ってるもの?もう何もないさ、知ってるだろう?」



113 名前: ◆Ymtt.Y6YOc [] 投稿日:2011/03/08(火) 23:23:55.76 ID:5XgX5um60 [45/52]
( ^ω^)「戸籍だお」

 満面の笑みで言った言葉に、モララーは凍りついた。

(;)・∀・)「こ、戸籍?」

( ^ω^)「モララーは車の免許持ってないおね?」

(;)・∀・)「持ってないが、なぜ?」

( ^ω^)「モララーは犯罪暦はないおね」

(;)・∀・)「あ、あんたのおかげで」

( ^ω^)「おっお、200万で買い取るお」

(;)・∀・)「は?」

( ^ω^)「これから海外旅行をしない、免許等資格を取らない、結婚をしない」

( ^ω^)「これだけで、100万だお」

116 名前: ◆Ymtt.Y6YOc [] 投稿日:2011/03/08(火) 23:27:58.83 ID:5XgX5um60 [46/52]
( ^ω^)「おっと間違えた200万だお」

(;)・∀・)「……」

(;)・∀・)「……それ、最高額か?」

 意外と簡単に食いついてきた。
 流石にカモされ続けただけはある。

 少しは学習したのだろう。

( ^ω^)「おっお、借金を消した上で200万、これでどうだお?」

 破格の300万の条件に、唾を飲む音が聞こえた。

( ^ω^)「どうするお?」

(;)・∀・)「……戸籍だぞ?足りないな」

 それでいい。
 つまり、金次第では売る決心をしたということなのだから。

118 名前: ◆Ymtt.Y6YOc [] 投稿日:2011/03/08(火) 23:33:35.37 ID:5XgX5um60 [47/52]
( ^ω^)「これが上限だお、無理なら他をあたるお」

 わざとらしく足音を立て、立ち去ろうとする。
 モララーが内藤を呼び止めれば、この売買は成立する。

 もし、呼び止められなければ、モナーとの商談は断るしかない。
 20そこらで戸籍を売る気になるほど堕ちた、家族のいないものなど、なかなか探し出せることではない。

(;)・∀・)「待て」

(;)・∀・)「無理とは言ってない」

( ^ω^)「……」

(;)・∀・)「わかった、その条件で手を打とう」

( ^ω^)「……おっお」

( ^ω^)「薬はどうしますかお?一本三万円になりますが」

(;)・∀・)「ははっ、取引の後だぞ?ただでくれたっていいだろう」

 まぁ、少しは華をもたせるか――そんな気持ちで一本、モララーに渡した。


120 名前: ◆Ymtt.Y6YOc [] 投稿日:2011/03/08(火) 23:37:22.61 ID:5XgX5um60 [48/52]
( ^ω^)「じゃあ、着いて来てくれお」

 そして、ブーンと一緒にモナーの屋敷に連れてこられたモララーは黒服の男にさらわれた。

( ´∀`)「ほっほ、ありがとうございます」

( ^ω^)「彼は?」

( ´∀`)「いやいや、重複した戸籍持ちが、この世に二人いても厄介です」

( ^ω^)「それは、確かにそうですお」

 にこやかに頷き、しかししっかりと用件は伝える。

( ^ω^)「代金のほうは?」

( ´∀`)「私は思うのですよ」

 モナーはお茶をすすり、柔和な笑みを浮かべる。
 対する内藤も笑顔だ。

123 名前: ◆Ymtt.Y6YOc [] 投稿日:2011/03/08(火) 23:43:08.12 ID:5XgX5um60 [49/52]

( ´∀`)「ほら、秘密を知られてる関係ってのは、あまり良くないんじゃないかって」

( ^ω^)「おっお」

( ^ω^)「他言はしませんお」

 内藤も出されたお茶をすすった。
 後ろには黒服が待機している。

( ´∀`)「すごい方だ。怖くないのですか?」

( ^ω^)「お?」

 気づかない振りをして、笑みを返した。

( ´∀`)「死ぬことですよ」

( ^ω^)「怖いですお」

( ^ω^)「でも、無駄死にはしないと思いますお」


128 名前: ◆Ymtt.Y6YOc [] 投稿日:2011/03/08(火) 23:49:08.81 ID:5XgX5um60 [50/52]

 その言葉に、周りの者は少しの距離をとった。
 動かない内藤に対し、銃を構えるモナー。

( ´∀`)「入った時に武器の確認はしたはずですが?」

( ^ω^)「武器は持ってませんお」

 ならどうやっても無駄死にではないか?

( ^ω^)「この商売、金を踏み倒せると思ったら終わりなわけです」

( ´∀`)「ほお」

( ^ω^)「だから、僕は仲間にここ来ることを伝えた」

( ^ω^)「まぁ、僕の仲間はそこまで優秀じゃないお」

 にこやかな笑みを浮かべる両者は真っ直ぐに対峙する。

( ^ω^)「でも、金を払わなかったことを後悔させるだけの力はあるはずだお」

( ´∀`)「アサピー」

 突如、モナーは黒服の一人の名前を呼んだ。

130 名前: ◆Ymtt.Y6YOc [] 投稿日:2011/03/08(火) 23:50:27.08 ID:5XgX5um60 [51/52]


( ´∀`)「お金を準備しなさい」

 そして、内藤は解放された。
 モララーと共に


( ^ω^)極悪ビジネス('A`)のようです
 第四話 「戸籍」 終了




( ^ω^)極悪ビジネス('A`)のようです 終
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://eksr.blog115.fc2.com/tb.php/159-118dc5f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。