スポンサーサイト --年--月--日 スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

( ^ω^)極悪ビジネス('A`)のようです 終 2011年03月09日 ( ^ω^)極悪ビジネス('A`)のようです トラックバック:0コメント:0


132 名前: ◆Ymtt.Y6YOc [] 投稿日:2011/03/08(火) 23:53:16.55 ID:5XgX5um60 [52/53]

(・ ∀・)「そんな……」

 顔の形が変形したモララーがドクオを見た最初の感想はそんな言葉だった。

( ^ω^)「おっお、新しい戸籍を用意してあげたお
       今日から君はまたんきだお」

('A`)y―~~「かっかっか、よろしくな」




( ^ω^)極悪ビジネス('A`)のようです
 最終話 「カード」

134 名前: ◆Ymtt.Y6YOc [] 投稿日:2011/03/08(火) 23:57:21.10 ID:5XgX5um60 [53/53]
 三ヶ月もするとモララー、いやまたんきもこの生活に慣れた様子で、徐々に内藤とドクオの仕事に興味を覚えていた。

(・ ∀・)「次は何をやってるんですか?」

('A`)y―~~「あん、次はカードショッピングを使った金貸しだ
      効率いいぞ」

( ^ω^)「じゃ、行ってくるお」

(・ ∀・)「あ、行ってらっしゃい兄貴」

('A`)y―~~「カッカッカ、そういやお前もブーンに救われたんだってな」

(・ ∀・)「はい、俺の商品だから処分するなら金払えって」

('A`)y―~~「カッカッカ、やくざ相手によく言うねぇ」


135 名前: ◆Ymtt.Y6YOc [] 投稿日:2011/03/09(水) 00:00:43.84 ID:+LVDL1Gq0 [1/8]

(・ ∀・)「それで今何やってるか教えてくださいよ」

('A`)y―~~「あん?だからカード使ったネットショッピング使って金貸ししてるんだよ」

(・ ∀・)「どういうことですか?」

('A`)y―~~「例えば、封筒を5万で売るんだ」

(・ ∀・)「はぁ」

('A`)y―~~「注文が入ると、俺は封筒に4万5千を入れて送るんだな」

(・ ∀・)「回収はどうするんですか?」

('A`)y―~~「簡単だよ。カード会社が立て替えてくれるから、何にもしなくていい」

(;・ ∀・)「まじっすか」


140 名前: ◆Ymtt.Y6YOc [] 投稿日:2011/03/09(水) 00:05:07.83 ID:+LVDL1Gq0 [2/8]
('A`)y―~~「ああ、お前も騙される立場だったら騙されてたかもな」

(;・ ∀・)「いやー、笑い事じゃないっすよ」

('A`)y―~~「カッカッカ」

('A`)y―~~「まあ、月で一割も儲かるんだから楽だよな
      しかも債権のリスクも無しだ」

(;・ ∀・)「なるほどー勉強になります」

(;・ ∀・)「ドクオさんは裏DVDや出会い系等のネットビジネス
       ブーンさんは実際に人と会うビジネスをやっているんすねぇ」

('A`)y―~~「ああ、適材適所って奴だ」

('A`)y―~~「お、10万も借りてやがる」

(;・ ∀・)「馬鹿っすねー」

('A`)y―~~「お前に言われたくないだろうよ」


141 名前: ◆Ymtt.Y6YOc [] 投稿日:2011/03/09(水) 00:10:04.33 ID:+LVDL1Gq0 [3/8]

(;・ ∀・)「ひどいっすよ」

('A`)y―~~「なぁ、またんき」

(;・ ∀・)「何スか?」

('A`)y―~~「お前、ちゃんと飯食ってるのか?」

(;・ ∀・)「あー、一応ブーンさんから一日1000円渡されてるんで」

('A`)y―~~「1000円か、これとっとけよ」

(;・ ∀・)「ちょwww一万じゃないですか」

('A`)y―~~「その代わり」

(;・ ∀・)「何ですか?」

('A`)y―~~「今日は手伝ってもらうからな」


143 名前: ◆Ymtt.Y6YOc [] 投稿日:2011/03/09(水) 00:12:26.41 ID:+LVDL1Gq0 [4/8]

(;・ ∀・)「何すればいいんですか?」

 モラrまたんきがそう尋ねると、ドクオは笑顔でお留守番と答えた。

(;・ ∀・)「わかりました、あざーす」

 ドクオは手を振ると、外へ飛び出していく。
 モラrまたんきはその様子を羨ましそうに眺めていた。






( ^ω^)「どう、思うかお?」

('A`)y―~~「裏切ってるな、確実に」

146 名前: ◆Ymtt.Y6YOc [] 投稿日:2011/03/09(水) 00:18:43.94 ID:+LVDL1Gq0 [5/8]
 ドクオの言葉を聞いて、内藤は久しぶりに本当に嬉しそうな顔をした。

( ^ω^)「そうかお」

 きっと、これなら彼もやっていけると思っているのだろう。
 その強かさが、下流の世界では必要なのだ。

( ^ω^)「そういや、例の仕組みはどうなってるんだお?」

('A`)「あ?」

( ^ω^)「カード使ったネットショッピング使った金貸しだお」

('A`)「ああ、あれか」

 ブーンの基本方針はWIN、WINだ。

 もし、違ってもドクオの仕事にケチはつけないが、気になるのであろう。

('A`)「WIN、WINだぞ」

 カード会社は売り上げがあがればそれでいいし
 本人は借りれないはずの金を借りることができる。
 そして、俺は単純に儲かる。


147 名前: ◆Ymtt.Y6YOc [] 投稿日:2011/03/09(水) 00:23:09.27 ID:+LVDL1Gq0 [6/8]
( ^ω^)「そうかお、すまんお」

('A`)「まぁ、あれはあいつへの置き土産だから」

 そう言って、ドクオは照れくさそうに笑った。

 長くアジトとして使った部屋に、別れを告げる。

('A`)「世話になったな、達者でやれよ、またんき」

 自分達が沈めた、もう上流には戻れない若者に別れをいい、二人はこの街を後にした。







ξ゚⊿゚)ξ「それで、いつ戻ってくるの?」

(;・ ∀・)「あれ?おかしいな?」


( ^ω^)極悪ビジネス('A`)のようです
 最終話 「カード」 終了





スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://eksr.blog115.fc2.com/tb.php/161-407865de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。