スポンサーサイト --年--月--日 スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

( ^ω^)ブーンが精神病になったようです 第一部 第四話 2011年03月20日 ( ^ω^)ブーンが精神病になったようです(ヽ゚ω゚) トラックバック:0コメント:0


931 : ◆vUsDOjbm1w :2006/02/02(木) 19:30:07.33 ID:aNKCkxA00
ブーンは家に戻り、薬を飲んで再び横たわった

( ^ω^)(寒いお)

真夏の平日の午後は暑かった
しかし、ブーンは熱で少し寒く感じた

しばらくすると薬が効いたのか熱がひいてきたようだった

938 : ◆vUsDOjbm1w :2006/02/02(木) 19:35:21.06 ID:aNKCkxA00
気がつくと、部屋は暗くなっていた
どうやらうたた寝してたようだ

( ^ω^)「たまにはご飯食べるかお」

ブーンはいくぶん楽になったので、晩飯を 食べようと思った
起き上がり、電気をつける

心なしか電球が暗くなったようだ

ブーンはあまり食欲はなかった

( ^ω^)「インスタントラーメンでも食べ るお」

冷蔵庫には生物がなかった
しばらく買い物に行ってないため、調味料などし か残っていないのだった

941 : ◆vUsDOjbm1w :2006/02/02(木) 19:39:56.57 ID:aNKCkxA00
ブーンは簡単に晩飯を済ませ、テレビをつけてみた
バラエティー番組が放送 されており、賑やかな笑い声が聞えてくる

( ^ω^)「・・・」

ブーンはし ばらくそのまま観ていたが、やがて電源を消した
テレビを観ていると、だんだんしんどくなって きたのだ

(;^ω^)(目の奥がズキズキするお)

どうやら眼精疲労らしかっ た

(;^ω^)(痛いお
      頭が割れそうだお)

目の奥の痛み はやがて後頭部まで広がっていった

945 : ◆vUsDOjbm1w :2006/02/02(木) 19:42:38.09 ID:aNKCkxA00
痛みは心臓の鼓動に合わせてリズミカルに襲ってきた

(;^ω^)「痛 いお!
      誰かどうにかしてお!」

ブーンはあまりの痛さに叫んだ

横になり目をつぶったが、痛みはおさまらない

ブーンは頭を地面に繰り返し叩き付 けた
こうすれば痛みが止まるように感じたのだ

951 : ◆vUsDOjbm1w :2006/02/02(木) 19:46:01.08 ID:aNKCkxA00
ブーンは激痛に耐えながら、近所の薬局屋に頭痛止めの薬を買いに行った

それを飲み、横になって頭を抑えて目をつぶった

(;^ω^)(何で僕はこんな目に あわないといけないんだお!)

ブーンはあまりの激痛に誰かを怨みたい気持ちだった
しかし、怨む対象がなかった

959 : ◆vUsDOjbm1w :2006/02/02(木) 19:52:07.59 ID:aNKCkxA00
真っ暗な部屋の中でブーンのうめき声だけが響いた

(;^ω^)「おー 、おー」

うめき声を出しても、救いの手を差し伸べる者は誰もいない
夜の静寂の中 、鈴虫の鳴き声がかすかに聞えてきた

966 : ◆vUsDOjbm1w :2006/02/02(木) 19:55:51.89 ID:aNKCkxA00
やがてブーンはそのまま眠りについた
いや、痛みで気を失ったと言ったほう が適切かもしれない

その日、ブーンは夢を見た

父と母がブーンに向かって、 微笑みかけていた

ブーンは父をあまり覚えていない
そのせいか、父らしき人の顔は ぼやけていた

しかしブーンにはそれが父だと感じる事が出来た

( ^ω^)( トーチャン、カーチャン久しぶりだお)

971 : ◆vUsDOjbm1w :2006/02/02(木) 19:58:45.80 ID:aNKCkxA00
ブーンは両親のぬくもりを感じた
それは懐かしい感触であった

(  ^ω^)(僕は幸せだお)

両親はただ微笑んでいるだけで、何も話さない
しかし 、ブーンはそれだけ幸せな気分に浸れた

( ^ω^)(ずっと3人でいたいお)

ブーンは思った

977 : ◆vUsDOjbm1w :2006/02/02(木) 20:02:50.93 ID:aNKCkxA00
ブーンは目が覚めた

( ^ω^)「・・・夢かお」

いつもの部 屋にブーンは一人だった

( ^ω^)(寂しいお・・・)

ぬくもりのある夢を 見た後の静寂な部屋はブーンを一層寂しくさせた

( ^ω^)(カーチャンは順調によくな ってるのかお?)

ブーンは母のいる病院を思い浮かべた


984 : ◆vUsDOjbm1w :2006/02/02(木) 20:19:58.89 ID:aNKCkxA00
頭痛は治まっていた
ブーンは起き上がろうとした

(;^ω^)(なんだか肩と首 がすごいこってるお)

昨晩の頭痛のせいか、首と肩が重かった
ブーンは自分の手で 肩を揉みほぐし、薬を飲む為に起き上がった

( ^ω^)「最近、病院以外の用事で外に出 てないお
      たまには本屋でもいってみるお」

ブーンは昨晩の夢を忘れる 為にも、出かけようと思った
一人で部屋にいると、寂しさで潰されてしまいそうに感じたのだ
      

986 : ◆vUsDOjbm1w :2006/02/02(木) 20:22:45.16 ID:aNKCkxA00
ブーンは駅前の大型店舗に向かった
熱も下がっているようなので、自転車を漕ぐ事が苦痛で はなかった

ただ、大勢の人ごみに行くのは少し気後れした

( ^ω^)(こん な姿を見られるのは恥ずかしいお)

ブーンは今の異様な姿をあまり人に見られたくなかっ たのだ

989 : ◆vUsDOjbm1w :2006/02/02(木) 20:26:43.54 ID:aNKCkxA00
ブーンは人目を避けるように裏路地を走った

20分ほど自転車を漕ぎ続けると、目的の 本屋が見えてきた
2階もある、その本屋は広く、様々な専門書まで揃っていた

平日 なので、それほどお客はいないようだ

( ^ω^)(医学のコーナーがあるお)

ブーンは普段なら気にならなかったであろう、医学書のコーナーの前でふと足を止めた

22 : ◆vUsDOjbm1w :2006/02/02(木) 20:34:00.12 ID:aNKCkxA00
ブーンは何気なくいくつかの本を広げて読んでみた

そばでは何かの本を読んでいる男性が立っていた

店内の電気が暗いのか、ブーンは文字が読みづらかった
少し読むだけでめまいがしてくる

(;^ω^)(立ち読みはきついお
     図書館に行って借りるお)

ブーンは広場のベンチで少し休んだ後、再び自転車に乗り、図書館へ向かった

30 : ◆vUsDOjbm1w :2006/02/02(木) 20:38:23.29 ID:aNKCkxA00
残暑の暑さが厳しい8月の午後だというのにブーンは薄暗く感じた

(;^ω^)「見えてきたお」

ブーンは服の背中に汗を滲ませながら、自転車を図書館まで走らせた
中に入ると弱い冷房が効いており、冷機を帯びた風が汗をかいたブーンには心地よかった

( ^ω^)(やっぱり図書館は静かだお)

人が少ないわけではなかったが、図書館はひっそりした雰囲気に包まれていた

35 : ◆vUsDOjbm1w :2006/02/02(木) 20:43:39.09 ID:aNKCkxA00
ぶーんはさっそく医学書の並んだ棚へ足を運んだ

( ^ω^)「くしゅんお!」

体温が平常になり、汗が冷たくなってきたのだ

( ^ω^)「もうくしゃみは慣れたお」

そう呟くと、ブーンは自虐的な笑みを浮かべた

0 : ◆vUsDOjbm1w :2006/02/02(木) 20:46:36.83 ID:aNKCkxA00
医学書は様々な種類があり、難しいようなタイトルのものが多かった

(;^ω^)(やっぱ病気の本は難しそうだお)

ブーンはタイトルを左から右へ眺めた

( ^ω^)(お
      何か面白そうだお)

ブーンは1冊の書籍のタイトルに興味をひかれた

52 : ◆vUsDOjbm1w :2006/02/02(木) 20:53:09.40 ID:aNKCkxA00
それは「ある神経病者の闘病記」といったタイトルの本であった

ブーンはこのところ神経に関わる症状が多いような気がしていたのだ

めまい・吐き気・頭痛・眼精疲労・手の震え・筋肉のひくつきなどは神経が
関係しているのではないかとブーンは考えていた

( ^ω^)(神経症なんて病気があるんだお)

ブーンは神経症という病名を初めて目にした

神経にも病気があることはブーンにとって意外であった





( ^ω^)ブーンが精神病になったようです 第一部 第五話
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://eksr.blog115.fc2.com/tb.php/187-328c943d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。