スポンサーサイト --年--月--日 スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

( ・∀・)と六つの銃弾のようです 第二話 2011年01月02日 ( ・∀・)と六つの銃弾のようです トラックバック:0コメント:0


8 名前: ◆4.NA2eiVng :2010/12/28(火) 01:40:09.68 ID:6pdhAZTyO

前回までのあらすじ。

世界の頂点に神が立つこの世界。
神のお膝元である世界首都「VIP」で謎の襲撃事件が発生した。
それはモララーの復讐の始まりだった。


( ・∀・)と六つの銃弾のようです


第二話
:標的



3 名前: ◆4.NA2eiVng :2010/12/28(火) 01:35:19.16 ID:6pdhAZTyO


一の弾丸
???
モデル:?
能力:?
兵装:?

二の弾丸
???
モデル:?
能力:?
兵装:?

三の弾丸
( Φ ..Φ)
モデル:蛇
能力:エネルギー操作
兵装:レヴィアタン・スタッフ




6 名前: ◆4.NA2eiVng :2010/12/28(火) 01:37:01.97 ID:6pdhAZTyO


四の弾
???
モデル:?
能力:?
兵装:?

五の弾
???
モデル:?
能力:?
兵装:?

六の弾
???
モデル:?
能力:?
兵装:?



9 名前: ◆4.NA2eiVng :2010/12/28(火) 01:42:16.59 ID:6pdhAZTyO


ランタンから漏れる光のみが暗闇を照らしていた。

( ・∀・)「あー…この角を?
      …右ですね。」

VIPの地下、下水道に一人の声が響く。
携帯出来るような通信機器などの無いこの世界で、一人で喋る姿は奇妙でしかなかった。

( ・∀・)「で、このハシゴを登る、と。
      はい。ですね。もう着きます。」
腕に力を込めて押し上げると、マンホールは簡単に開いた。




10 名前: ◆4.NA2eiVng :2010/12/28(火) 01:44:03.69 ID:6pdhAZTyO



―√そこで待っとくといいお。迎えを送ったお。√ ̄


モララーの耳に直接声が響いた。

モララーが出た場所は、所謂スラム街と呼ばれる場所の一角だった。
布切れで身をくるんだ老人がモララーに気が付いたが、何も見ていないかのように目を伏せた。

すでに太陽が地平線からが顔を出し、朝靄に包まれる。




11 名前: ◆4.NA2eiVng :2010/12/28(火) 01:46:18.18 ID:6pdhAZTyO


息をぐっ。と吸い込む。

幸い返り血を浴びること無く帰還出来たお陰で、汚れの少ないひんやりとした空気が肺を満たした。

( ・∀・)「…はぁ」

シラネーヨ殺害によりVIPに残る標的は、神と七大天使のみとなる。

つまり、計画の第一段階が終了した事を意味する。


この吐いた息は一息入れるためなのか。それとも…





12 名前: ◆4.NA2eiVng :2010/12/28(火) 01:48:21.01 ID:6pdhAZTyO


思考の渦に呑まれ、背後から迫る影に気づかなかった。

(;・∀・)「!?」

モララーは背中に衝撃を受け、地面に転がった。

(;・∀・)「なんで蹴るんですか!
      ドクオさん!」

('A`)「ボケッとしてんじゃねえよクソガキ。
   コケたらすぐ構えろ。せめてもう一歩後ろに跳べ。
   いつ命を狙われてもおかしくない立場にいる事を自覚しろ。
   蹴られるのが嫌なら肩に手でも置いてやろうか?」




15 名前: ◆4.NA2eiVng :2010/12/28(火) 01:50:04.46 ID:6pdhAZTyO


ドクオを呼ばれた中年の男は黒いスーツに身を包み、手をポケットに突っ込んだままモララーを罵倒した。

(;・∀・)「いえ、手は止めて下さい。
      マジで。絶対。
      以後気を付けます…」

('A`)「……。
   行くぞ。」

( ・∀・)(こんのオッサンめ…)

モララーは急いで立ち上がり、ズカズカ進んでいくドクオに追いかけた。




18 名前: ◆4.NA2eiVng :2010/12/28(火) 01:52:57.92 ID:6pdhAZTyO


(*^ω^)「おおお!!
       モララーおかえりだお!!」
先程、モララーの耳に聞こえたものと同じ声が響いた。
二人が地下にひっそりと存在するバーに入ると、にこやかな店主が迎え入れた。

モララーは服を掛け、挨拶をそこそこにカウンターに腰掛けた。
ドクオは棚から勝手にボトルを取り出した。

( ・∀・)「霧、ありがとうございました。ブーンさん。
      ナイスタイミングです。」




21 名前: ◆4.NA2eiVng :2010/12/28(火) 01:54:51.90 ID:6pdhAZTyO


( ^ω^)「ギコが来たときは本気で焦ったお。
       よくやったお。モララー。」

モララーは、ふとドクオの方に視線を送った。
が、ドクオは目すら合わせなかった。

彼は口から出かけた言葉を飲み込んだ。

「アンタは何も言わないんだな」、と。




23 名前: ◆4.NA2eiVng :2010/12/28(火) 01:56:11.42 ID:6pdhAZTyO


このバーの店主、ブーンは水を操る。

空気中に漂う水分を駆使し、霧を発生させたり、振動させる事により耳に直接声を送る事も出来る。
また、水に魔法効果を加え、薬のようなものまで作れる。

ドクオも同様に能力を持っている。

しかし、それが天使を宿しているからなのか、悪魔を宿しているのか。
それとも全く別の能力なのか。


彼は全く知らない。
二人は深く教えてくれなかった。




26 名前: ◆4.NA2eiVng :2010/12/28(火) 01:58:36.61 ID:6pdhAZTyO


それでもモララーは二人を信じている。

目的を同じとしているから。
命の恩人なのだから。

('A`)「…さてクソガキ。」

ドクオはモララーに向けて言った。

( ・∀・)「…クソガキって呼ばないでください。」

モララーは不満を露わにした。

('A`)「クソガキにクソガキっつって何が悪い。
   聞け。次の標的の話だ。」




29 名前: ◆4.NA2eiVng :2010/12/28(火) 02:00:42.63 ID:6pdhAZTyO



………


メタトロン城の最上部。
神の間の中心に位置する玉座の前に、ロマネスクは跪いていた。

( ФωФ)「…以上が、昨日までの報告です。
       …主よ。」

被害状況、ギコが入手した敵の能力など、この騒動の詳細を神に伝えた。

玉座に腰掛ける主と呼ばれた男は、少し目を閉じた後口を開いた。

(´・ω・`)「………。なるほど。
     話を聞く限り、協力者の存在は確実だね。」




30 名前: ◆4.NA2eiVng :2010/12/28(火) 02:02:21.67 ID:6pdhAZTyO


( ФωФ)「なぜ、そう思われるのですか…?」

ロマネスクは続きを促した。

(´・ω・`)「術式と能力から考え得るに、敵は召喚術士だ。
     まぁ僕の知らない術式だけど。
     レヴィアタンの名を冠していたんだよね?
     エネルギー操作と霧を発生させる能力の両立は考えにくい。」

主の言葉の中の、一つの単語が引っかかった。

( ФωФ)「召喚術士と言いますと……」

(´・ω・`)「そうだね。
     十年前に潰した、あの村の生き残りだね。はは。
     どこで見逃したんだか。」


32 名前: ◆4.NA2eiVng :2010/12/28(火) 02:04:03.00 ID:6pdhAZTyO




「ゴキブリは卵まで潰さないと、しつこいもんだよ。あはは。」



部屋には沈黙が流れた。

(´・ω・`)「さてロマネスク。
     次回の『宣教』の予定はいつだったかな?」

( ФωФ)「…はっ。
       一週間後、ラウンジ国サンダルフォン城で行われる予定です。
       それが一体……?」




33 名前: ◆4.NA2eiVng :2010/12/28(火) 02:06:19.53 ID:6pdhAZTyO


(´・ω・`)「うん。次のダイオードが狙われるはずだからね。」


………


('A`)「次の標的はガブリエルのダイオードだ。」

金属製のキセルから煙を吸いながらハッキリと言った。
吐き出された煙はその場に止まり、やがて薄く消えていった。

('A`)「ダイオードの能力は、資料見たんなら覚えてるな。」




36 名前: ◆4.NA2eiVng :2010/12/28(火) 02:08:37.49 ID:6pdhAZTyO


( ・∀・)「神の告知…洗脳能力ですよね。
      もちろん頭に入れてます。」

モララーは間髪入れずに答えた。

('A`)「蹴られずに済んで良かったな。
   アイツは声を媒体に洗脳をする。
   大勢に声を聞かせる洗脳作業の『宣教』が、一週間後サンダルフォン城で行われる。
   そこを叩く。」


ダイオードを叩けば洗脳が解けるわけではない。
が、洗脳を止めなければ世界を変えられない。

そこから数時間、作戦内容が伝えられた…。




37 名前: ◆4.NA2eiVng :2010/12/28(火) 02:10:40.15 ID:6pdhAZTyO



………


(´・ω・`)「まぁ対策はこんな感じでヨロシク。」

( ФωФ)「は。ではワカッテマスを呼んで参ります。」

ロマネスクはマントをひるがえして立ち上がった。

(´・ω・`)「頼んだよ。
     ゴキブリ程度に僕の手を煩わさないでね。」

( ФωФ)「は。主の御心のままに。」




38 名前: ◆4.NA2eiVng :2010/12/28(火) 02:12:21.39 ID:6pdhAZTyO


ロマネスクはそう言い残し、部屋を後にした。




「人は…ゴキブリでは無いである…」

神の間から離れた廊下で、誰にも聞こえない呟きがあった。


続く




( ・∀・)と六つの銃弾のようです 第三話
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://eksr.blog115.fc2.com/tb.php/2-efdea484
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。