スポンサーサイト --年--月--日 スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

( ^ω^)ハイスクール・ワンダーランドのようです ☆1 2011年03月23日 ( ^ω^)ハイスクール・ワンダーランドのようです トラックバック:0コメント:1

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/10(木) 20:05:12.99 ID:dBI7zFK40 [1/20]

○● 4月 ●○
==校舎前==

外では桜舞い散る中、校舎の前では歓喜、落胆など様々な表情を浮かべている生徒達。
新学期の初っ端から今年一年を左右する行事、そう、クラス分けである。

2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/10(木) 20:07:47.32 ID:dBI7zFK40 [2/20]




◆ ◇ ◆ ◇ ◆  ( ^ω^) ハイスクール・ワンダーランドのようです  ◆ ◇ ◆ ◇ ◆




4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/10(木) 20:11:29.62 ID:dBI7zFK40 [3/20]

( ^ω^)「おっおっおwwww。今年も同じクラスだお」

('A`)「なんと言う腐れ縁」

( ^ω^)「これで幼稚園から数えて13年目だお」

('A`)「だな」

( ^ω^)「ところで、ドクオはこの一年の目標ってなんだお?」

('A`)「そうだなぁ……。友達、もっと増やせたらいいなぁ」

( ^ω^)「ドクオなら絶対、大丈夫だお!」

(;'A`)「ブーンはそう言ってくれるし、毎年毎年お膳立てしてくれるけど……」

(;^ω^)「おっおー……そんなにネガティブになるもんじゃあないお。僕は協力するお! ドクオマジイケメン!」

('A`*)「そうだな! 頑張ってみる!」

( ^ω^)「切り替え早っ」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/10(木) 20:15:40.68 ID:dBI7zFK40 [4/20]

( ^ω^)「……おっ、ツンやデレともおんなじクラスだお」

('A`)「どれどrξ゚⊿゚)ξ「おっはよー!」

(;'A`)「うおっ! 耳元で叫ぶな!」

(;^ω^)「びっくりさせないでくれお……」

(;'A`)「心臓に悪い……」

ξ*゚⊿゚)ξ「あっははは! 悪かったわね、ドックン」

(;'A`)「どうして嬉しそうなんだ」

ξ*゚⊿゚)ξ「えへへ」

(;^ω^)「やべぇ可愛くない」

ξ#゚皿゚)ξ「なんですってー!」

(;'A`)「うわっ! 豹変した!」

ζ(゚ー゚;ζ≡「姉さーん! 置いてかないでよー!」


12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/10(木) 20:19:02.33 ID:dBI7zFK40 [5/20]

('A`)「あっ、おはよう」

ζ(゚、゚;ζ「はぁ……はぁ……おはよう。……姉さんてば、突然走り出しちゃうんだから」

(;'A`)「また勝手に走り出したのか。これで何度目だ」

ζ(゚ー゚*ζ「ボクの記憶だと、11029回だね」

('A`)「『いいお肉』ってか」

(;#)ω^)「何故、僕を見る」

ξ*゚⊿゚)ξ「私が走る理由? 目指すものがそこにあるッ!」

(;#)ω^)「いや、そんな目を輝かせて言われても……。あと右の頬痛いお」
 
ξ゚⊿゚)ξ「フン、アンタが余計な事言うからよ」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/10(木) 20:20:58.20 ID:dBI7zFK40 [6/20]

ζ(゚、゚*ζ「そういえば、みんな何組かな?」

('A`)「あー、みんな一緒だったよ」

ξ*゚⊿゚)ξ「ホント!? 久しぶりにみんな揃ったわね!」

( ^ω^)「小学4年の時以来だお。長かった、本当に長かったお」

('A`)「へへ、一年間よろしくな」

ζ(゚ー゚*ζ「こちらこそ」

≡ξ゚⊿゚)ξ「おーっ!」

(#゚ω゚)「廊下は走るなァ―――ッ!」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/10(木) 20:24:05.38 ID:dBI7zFK40 [7/20]

==教室==

川 ゚ -゚)「……」


(*・∀・)('、`*川キャッキャウフフ     


/^o^\フッジサーン


ブーンたちが教室に入ったときには既にいくつかの席が埋まっていた。
それぞれが窓際の席で読書をしたり、異性とキャッキャウフフしたり、思い思いの事をして過ごしている。


( ^ω^)「あんまり知ってる人いないお。不安だお」

('A`)「知らない人少し怖い」

ξ゚⊿゚)ξ「人見知りってのも苦労するわね」

('A`)「ホントだよ。そうそう治るもんじゃあないし」

ζ(゚ー゚*ζ「あっ、ボクの席がブーンの隣だよ。……うわ、最前列だけど」

(*´_ゝ`)「そう、だがデレさんは俺とも隣同士なのさ」

( ^ω^)「はっ! 貴様何やつ!」

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/10(木) 20:27:50.51 ID:dBI7zFK40 [8/20]

( ´_ゝ`)「おっと、自己紹介が遅れたな。俺は流石家の長男坊! 流石兄者だ!」

( ^ω^)「アニジャ……? 聞いたことがあるお」

ξ゚⊿゚)ξ「つねに自作の薬を持ち歩き……」

ζ(゚ー゚*ζ「幾多もの変態行為を行うも今だ逮捕されていない……」

('A`)「生ける伝説(リビングレジェンド)……」

(*´_ゝ`)「そう、みんな物知りだね~」

ζ(゚、゚*ζ「顔赤らめんな気持ち悪い」

(;´_ゝ`)「思ったよりも辛辣!」

ξ゚⊿゚)ξ「変な薬しか作らないくせに」

(;´_ゝ`)「変だと? 断じて違う、違うって」

(´<_` )「アレのどこを見てそう言えるんだ、オイ」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/10(木) 20:30:34.36 ID:dBI7zFK40 [9/20]

ξ゚⊿゚)ξ「そ、そっくり! 双子!?」

(´<_` )「うん」

(;'A`)「(揃いも揃ってイケメンかよ怖い)」

ζ(゚、゚;ζ「うー……後から来た人は、まともそうなオーラを出してるよ」

( ^ω^)「えーっと、おかしくない方だから……君は、弟者くんかお?」

(´<_` )「ああ、そういう覚えられ方なのね」

( ´_ゝ`)「俺のお陰だな」

(´<_`#)「お前の『せい』でな」

(;´_ゝ`)「ごめん……」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/10(木) 20:33:12.53 ID:dBI7zFK40 [10/20]

( ^ω^)「僕はブーンだお」

ξ゚⊿゚)ξ「私はツン、こっちのふんわりヘアーの方が妹のデレよ」

ζ(^ー^*ζ「はじめまして」

(´<_` )「うむ」

(*´_ゝ`)「姉妹百合ハァハァ ちょっと目の前で絡んでみてくれ」

ζ(゚ー゚;ζ「……」

ξ;゚⊿゚)ξ「……」

(´<_`;)「せめて第一印象は良くしろ、頼むから」

(#´_ゝ`)「断る! 俺は俺を曝け出す! リミットオーバーアクセルシンクロォォォォォォォ―――!!」

(;^ω^)「(うっわー……)」

(;'A`)「(体が金色に輝いている……)」

(´<_`#)

(;´_ゝ`)

(´<_` )「あーっと、さっきからブーンの陰に隠れてるのが……」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/10(木) 20:36:24.82 ID:dBI7zFK40 [11/20]

(((;'A`)))「……」モジモジ

( ^ω^)「頑張れ、ドクオ」

(((;'A`)))「お、おう」

(;´_ゝ`)「具合でも悪いのか、大丈夫?」

(((;'A`)))「い、い、いややや、……ド……ドクオです(初対面のイケメン怖いイケメン怖いイケメン怖い)」

(;´_ゝ`)「そんな怖がらなくても……」

ξ゚⊿゚)ξ「ごめんね。ドックンってば、初対面の人にビックリするぐらい弱いのよ」

(´<_` )「……そうなのか。ま、少しずつ、少しずつ仲良くなっていこう。俺は弟者。ヨロシクな」

(;'A`)「よ、よ、よろしく」

( ^ω^)「頑張ってみるものだおね、ドクオ!」

('∀`)「そ、そうだな」

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/10(木) 20:38:15.19 ID:dBI7zFK40 [12/20]

( ´_ゝ`)「早速聞くけどさ、デレさんは所謂『ボクっ娘』なの?」

ζ(゚ー゚*ζ「うーん、そうなるかな」

(*´_ゝ`)「蒼星石みたいでカワイイよハァハァ(やっぱり、きっかけとかあったの?)」

ζ(゚、゚;ζ「そうせ……はぁ、そうですか」

(*´_ゝ`)「こう、何処と無く漂う愛してオーラがハンパ無い(話せない事情があるなら別に言わなくてもいいからさ)」

ζ(゚ー゚;ζ

(;´_ゝ`)「……ファック! 声に出やがったか!」

ζ(゚、゚;ζ

('A`)「(ありがち過ぎるだろ……)」

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/10(木) 20:40:21.52 ID:dBI7zFK40 [13/20]

(´<_` )「……へぇ、君らは幼馴染なんだ」

( ^ω^)「そうだお、僕とドクオとデレとツンは、幼稚園に入る前からの仲だお」

ξ*゚⊿゚)ξ「これからも、ずーっと一緒なんだから」

(´<_` )「それは、羨ましいな」

ξ*゚⊿゚)ξ「えへへ」

( ^ω^)「やべぇさっぱり可愛くない」

ξ#゚⊿゚)ξ

(;^ω^)「えー……弟者君、えっと」

(´<_` )「あっ、俺も兄者も別に呼び捨てでいいぞ」

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/10(木) 20:42:56.43 ID:dBI7zFK40 [14/20]

ξ゚⊿゚)ξ「じゃあ、弟者ー」

( ^ω^)「弟者ェ……」

( ´_ゝ`)「弟者ー俺のポッキー食いやがったなー」

(´<_`;)「やっぱ、呼び捨ての方がしっくり来るな。そしてブーン、それはやめろ。あと兄者よ、それは妹者が犯人だ」

( ´_ゝ`)「なら許す」

ξ゚⊿゚)ξ「おー、二段ツッコミー」

ζ(゚ー゚*ζ「妹がいるんだー、どんな子なんだろう」

(*´_ゝ`)「一言で言うと『かわいい』。ポッキーをまるでリスみたいに食べるんだ。もうそれが最高に愛らしい。
      なにあの小動物。妹者マジプリティ。そしてウンタラカンタラ」

(´<_`*)「未だにお風呂に一緒に入ろうって言ってくれるんだ。もうね、他のどんな女の子よりも(ry」

(;^ω^)「溺愛っぷりがマジだお……」

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/10(木) 20:44:59.67 ID:dBI7zFK40 [15/20]

('A`)「お菓子つながりで思い出したけど、オレ飴持ってるんだ。食べる?」

(*´_ゝ`)「食べるー。俺、サイダー好きなんだ」

ζ(゚ー゚*ζ「あっ、ボクも好きだよ」

(*´_ゝ`)「半分こ」

ζ(゚、゚;ζ「飴だから出来ないよ」

(´<_` )「メロンがあると嬉しい。あの高級感がなんとも言えん」

('A`)「ほいほい」

ζ(゚ー゚*ζ「ドックンありがとー」

(*´_ゝ`)「ねー、半分こ、半分こったら半分こ」

ζ(゚、゚;ζ「……嫌だ」

(;´_ゝ`)「ガチで引かれてないか俺!?」

(´<_` )「サンキュ。今度なんか奢るよ」

('A`)「そんな、別にいいって」

(*^ω^)「えっ、お菓子!?」

ξ゚⊿゚)ξ「あんたは食いつかない! 太るわよ!」

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/10(木) 20:47:10.81 ID:dBI7zFK40 [16/20]


キーンコーンカーンコーン(迫真)


( ^ω^)「迫真のチャイムだお」

ζ(゚ー゚*ζ「担任の先生は、どんな人かなぁ」

( ´_ゝ`)「古典の貞子先生あたりがいいな。優しいし」

ξ゚⊿゚)ξ「あーそれ分かる。あのお淑やかな感じがいいわよね」

( ´_ゝ`)「だろだろ?」

('A`)「去年はヒート先生だったから、クラスの雰囲気がやたら熱かったよ」

(´<_` )「ヒートは勘弁願いたいな。夏場で確実に死人が出るぞ」
  _
( ???)「お前らー、全員そろってるかー?」

( ^ω^)「おっ、先生が来たお」

(;´_ゝ`)「こ、この眉毛! まさかお前は――――――!!」

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/10(木) 20:48:59.73 ID:dBI7zFK40 [17/20]
  _
( ゚∀゚)「俺が2-9ティーチャーのジョルジュだー。担当はイングリッシュ! お前ら、一年間宜しくなー」

( ^ω^)「おっ、ジョルジュ先生だお」

(´<_` )「また随分と濃いのが……。っ、まあ悪くないか」

('A`)「……そういやジョルジュ先生、減給処分受けたらしいぞ」

( ^ω^)「えっ? なにしたんだお?」

('A`)「授業中に『おっぱい最高!』と女子の耳もとで囁いた後、おっぱいに頬ずりしたらしいんだ」

(´<_`;)「何でクビじゃねぇんだよ」

('A`)「※」

(´<_`;)「あー……」

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/10(木) 20:53:13.40 ID:dBI7zFK40 [18/20]

( ´_ゝ`)「先生! タイプの女性は?」
  _
( ゚∀゚)「E以上」

(;´_ゝ`)「(胸のサイズじゃねぇよ……)」

从'ー'从「先生好きだよぉ……付き合ってぇ……」
  _
( ゚∀゚)「HAHAHAHA!! バストがたりてねぇよ。Eまで上げて来な。ま、以上だ」


愛を解き放つ小娘を軽くあしらい、ジョルジュは去っていった。
記念すべき高校二年生の第一日目は、滞りなく始業式を終え、何事も無く終わったのであった。



★続く

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/10(木) 20:56:27.02 ID:dBI7zFK40 [19/20]

<今回の登場人物>

( ^ω^) ブーン
●百歩譲ってポッチャリ系
●正義感はあるかないかで言われたら、ある

('A`) ドクオ
●軽度の人見知り
●実はミステリ好き。この設定は後々イカされ……生かされてくるかもしれない

ξ゚⊿゚)ξ ツン
●この作品ではあまりツンツンしない。名前変えろ
●すぐ走り出す

ζ(゚ー゚*ζ デレ
●ボクっ子可愛いよボクっ子
●ツンの義理の妹

(*´_ゝ`) 兄者(笑)
●趣味が『新薬の発明』。法律? 父者が揉み消してくれるさ
●生粋のド変態

(´<_` ) 弟者
●目下の所一番の常識人
●まわりからは『まともな方』で覚えられている





( ^ω^)ハイスクール・ワンダーランドのようです ☆2
スポンサーサイト

コメント

こんな所で読めるとはありがたい
  1. 2011/06/24(金) 14:53:49 |
  2. URL |
  3. #FFeI7iKU
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://eksr.blog115.fc2.com/tb.php/202-2329e78e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。