スポンサーサイト --年--月--日 スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

( ^ω^)ハイスクール・ワンダーランドのようです ☆2 2011年03月24日 ( ^ω^)ハイスクール・ワンダーランドのようです トラックバック:0コメント:0


1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/19(土) 09:02:33.37 ID:iSoEnMAu0
==教室==
新学期の始まりから数日。
最初はぎこちなかったクラスが、だんだんアットホームになってくる時期である。

2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/19(土) 09:04:30.07 ID:iSoEnMAu0
☆お弁当タイム


( ^ω^)「やっとお昼の時間だお」

ξ゚⊿゚)ξ「おなか空いたー」

('A`)「オレもオレも、で、何処で食べる?」

( ´_ゝ`)「弁当持ってきてない人野獣のごとく吠えてー」

(U^ω^)「わんわんお!」

(´<_` )「ブーン、弁当忘れたのか」

( ^ω^)つ弁当「持ってきてるお」

ζ(゚ー゚;ζ「(何故吠えたんだ……)」

(´<_` )「みんなあることだし教室で食うか」

( ^ω^)「おっおー、机寄せてくれお」
3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/19(土) 09:06:07.89 ID:iSoEnMAu0

( ^ω^)「それじゃあ、手を合わせて」

「「「いただきまーす」」」

(´<_`;)「この年で言うのはちょっと恥ずかしいな」

ξ゚⊿゚)ξ「えー、小学生の頃に戻ったみたいで懐かしくていいじゃないの」

( ´_ゝ`)「分かる分かる。皆で手を合わせてからさ、『いただきます』って言うんだよな」

ζ(゚ー゚*ζ「手を合わせてない人がいたらやり直しだったよね」

ξ゚⊿゚)ξ「そうそう!」

('A`)「あとは、余りモノを巡ってのジャンケン」

(´<_` )「あったあった」

( ´_ゝ`)「フライや唐揚げの時の熱気は異常」

(´<_`;)「兄者、やたらジャンケン強かったよなぁ」

( ´_ゝ`)「ドーピングの賜物でね。コンマ数秒の間に、後出ししてたんだ」

(;'A`)「……」

5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/19(土) 09:08:11.66 ID:iSoEnMAu0

( ^ω^)「ごはんおいしおいしお」

('A`)「相変わらず凄い量だな。重箱から溢れてるぞ」

( ^ω^)「常人の3倍だお」

ξ゚⊿゚)ξ「アンタってばもー、ダイエットしなさいよ」

( ^ω^)「ツン、あるものは減らせるのだお。だが、無いものは増やせない」

ξ;゚⊿゚)ξ「急に何よ……」

( ^ω^)「つまり、ダイエットなんていつでも出来るって事だお。それよりも、ツンの無い胸をなんtξ;゚⊿゚)ξ「いやああああ!!」

(*´_ゝ`)「ひんぬーだっていいじゃないか」
6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/19(土) 09:09:46.32 ID:iSoEnMAu0

(´<_`;)「うっぷ、俺ァ、もう腹いっぱいだ。デザートのリンゴ、誰か食べてくれよ」

( ^ω^)「僕が」

ζ(゚ー゚*ζ「あっ、ボクも食べたい」

( ^ω^)「太るお、デレ……その憎らしいおなかは何だお」

ζ(゚ー゚*ζ「君に言われたくは無いなあ。体重が三桁の大台に乗る心配をしなくていいのかい?」

(;^ω^)「くっ……ならば弟者に聞いてみるお!」

( ^ω^)「弟者、どっちにする(はぁと」ζ(゚ー゚*ζ

(´<_` )「デレさんで」

(#゚ω゚)「うおおおおおおおお!!」



( ^Д^)「おい……」

10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/19(土) 09:11:24.29 ID:iSoEnMAu0



◆ ◇ ◆ ◇ ◆  ( ^ω^) ハイスクール・ワンダーランドのようです  ◆ ◇ ◆ ◇ ◆



11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/19(土) 09:12:09.25 ID:iSoEnMAu0

Σξ;゚⊿゚)ξ「(コイツ……DQN!?)」

( ^ω^)「ん? なんだお? えっと……プギャー君?」モグモグ

(*´_ゝ`)「ナンパとかマジ勘弁ー。あっ、ドリンクチケット持ってるー? 飲む間だけ付き合ってあげるからー♪」

(´<_` )「お前正直無いわ」

('A`*)「ドックンもー、ちょっとだけなら、いいかなーなんて」

Σ(;゚ω゚)「ドクオ!? 急にどうしたんだお!? 何か変なモノでもたべtゴハッ」

ξ;゚⊿゚)ξ「汚いッ! ほら、口拭いて!」キュッキュッ

('A`)「ちょっとノッてみただけだよ」

(;^ω^)「(段々さらけ出せる様になってきたおね……)」

( ´_ゝ`)「やるな、ドクオ」

('A`*)(*´_ゝ`)「HAHAHAHAHAHAHAHA!!」

ζ(゚ー゚*ζ「あーもう。すぐこうなるんだから。ごめんねプギャー君、うるさかった?」
12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/19(土) 09:13:47.88 ID:iSoEnMAu0

(;^Д^)「いや、あの……俺も、一緒に弁当食べていいか?」


・・・・・


( ^ω^)「いいおいいお! 大歓迎だお!」

(´<_` )「えーと、俺のところは詰まってるから、兄者とドクオの間にでも入ってくれ」

ξ゚⊿゚)ξ「デレー、ちょっとこっち寄って」

( ´_ゝ`)「ここか、狭いけどどうぞ」

(*^Д^)「あ、ありがとう」

( ´_ゝ`)「いやいやこちらこそ」

( ^Д^)「……俺、プギャーってんだ。このクラス全然知ってる奴いなくてさ、どうしようかと思ってたんだ」

(;'A`)「よ、よ、よろしくお願いします(DQN怖いDQN怖いDQN怖い)」オロオロ

m9(^Д^)「おう、こっちこそヨロシクなwwww」

14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/19(土) 09:19:53.01 ID:iSoEnMAu0

( ^Д^)「ほぉー、人見知りかぁ。そりゃあ大変だな」

('A`)「何年も何年も、直そうと努力してるんだけど」

( ^Д^)「なかなかこういうのは難しいよな。でも、知り合って、慣れたヤツなら大丈夫なんだろ?」

('A`)「うん。怖いのは初対面だけ」

( ^Д^)「それじゃあ、アドレス交換だ!」

(;^ω^)「何で!?」

(;'A`)「え? いいの?」

(;^Д^)「おいおい、頼んでんのはこっちだぜ。おら、携帯出せ」

(;'A`)(^Д^ )ピロリ~ン

( ^Д^)「これでいいだろ」

(;'A`)「あ、ありがと」

( ^ω^)「おっおっお、この際だし、みんなで交換するお」

ξ゚⊿゚)ξ「おら兄者、携帯出せ」

(;´_ゝ`)「どうみてもノリがカツアゲです。本当にありがとうございました」
15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/19(土) 09:22:26.48 ID:iSoEnMAu0

☆アドレス交換終了後


( ^Д^)「いやー、やっぱりみんなで食べる飯の方がうめぇな」

( ^ω^)「おっおーwww 激しく同意www」

( ^Д^)「そうだ、お近づきのしるしに、とっておきの話をするぜ」

ζ(゚ー゚*ζ「期待していい?」

( ^Д^)「もち。……春休みにさ、俺とダチ二人の三人で遊んでたんだよ。A、Bとするぜ。集まったはいいが、あんまりする事がねぇから、モノマネ大会をすることにしたんだ」

( ´_ゝ`)「お題は?」

( ^Д^)「魚介類」

(;'A`)「(ワケわからん……)」
16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/19(土) 09:24:55.94 ID:iSoEnMAu0

( ^Д^)「俺もAも順番にモノマネをしてったんだ」

ξ゚⊿゚)ξ「何やったの?」

( ^Д^)「えーと、確か俺がサザエで、Aがアワビ」

(´<_` )「なにそれすげぇ見たい」

( ´_ゝ`)「アワビとかマジ卑猥」

(;^Д^)「何考えてんだ双子の変態の方」

(;´_ゝ`)「やっぱりそういう覚えられ方なんだorz」

ζ(゚ー゚*ζ「それから、どうなったの?」

( ^Д^)「Bが最後に、『アジ』のモノマネをしたんだ。そしたらさ、Aがなんて言ったと思う?」

(;'A`)「……」ゴクリ



m9( ^Д^)「『アジのマネを』って言ったんだよーwwwww 『味なマネを』とかけてんだぜwwwww プギャーwwwwwwwww」

18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/19(土) 09:32:42.29 ID:iSoEnMAu0


ζ(゚、゚;ζ

(;^ω^)

( ∵)

(;´_ゝ`)

ξ;゚⊿゚)ξ

(;'A`)「えー……滑る所までがネタ……?」

(´<_`;)「……ハハッ」



(;^Д^)「……悪かった。俺が悪かった」

20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/19(土) 09:36:45.61 ID:iSoEnMAu0
          _
☆放課後  ( ゚∀゚)「あれ? レッスンは? 俺のイングリッシュタイムは?」
 


( ^ω^)「やっと授業が終わったお」

ξ゚⊿゚)ξ「終わるの早くなかった?」

('A`)「エロゲや漫画では授業風景が省略されるのはよくあること。心配は要らない」

(´<_`;)「これエロゲじゃねーから」

( ^ω^)「それよりも、放課後どこか行くかお?」

( ^Д^)「武器屋いこー。メリケンとか売ってんだ」

( ^ω^)「却下」

('A`)「アニメイト」

( ^ω^)「却下」

( ´_ゝ`)「めろ( ^ω^)「却下」


25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/19(土) 09:45:31.75 ID:iSoEnMAu0

( ^Д^)「おい、あそこに何か落ちてるぞ。落し物かぁ?」

( ^ω^)「平べったいおね」

ζ(゚ー゚*ζ「ノート……かな」

( ^Д^)「黒い表紙に金の装丁、手触りもいいし、エレガントだなオイ」

( ´_ゝ`)「名前とか書いてないの?」

( ^Д^)「一ミリも書かれてねぇよ。表紙も真っ黒だし、中身見るか」

('A`)「待った。中身を見るのは最後の手段にしとこうか」

( ^Д^)「何で?」

ζ(゚ー゚*ζ「スパイ映画みたいに、開いたら爆発するとか?」

(;^Д^)「うわああああああああ!!」

(;'A`)「違うよ。見られたら困るものかもしれないだろ」

ξ゚⊿゚)ξ「あーなるほど。日記とかね」
26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/19(土) 09:48:42.11 ID:iSoEnMAu0

( ´_ゝ`)「こんな時こそ俺の出番だな」

(´<_` )「兄者、アレを使うか」

( ^ω^)「二つの小瓶、薬かお?」

ξ;゚⊿゚)ξ「毒々しい色してるわね……」

(;^Д^)「臭っ!! 駅のトイレで一日放置したあとのキュウリみたいな匂いがする!」

(;^ω^)「……兄者のお手製かお?」

( ´_ゝ`)「おう、右手に持ってる白いヤツが嗅覚めっちゃ上げる薬」

(´<_` )「左手の薄緑色のが周囲を探知する事ができるようになる薬」

('A`)「探知って、どんな感じ?」

(´<_` )「つまり、モンハンの『千里眼の薬』」

('A`)「なるほど」

( ^Д^)「兄者すげー」
27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/19(土) 09:50:19.00 ID:iSoEnMAu0

( ´_ゝ`)「まずは一つ目を飲むか。プギャー、そのノート貸してくれ」ゴキュリ

ζ(゚ー゚*ζ「誰のだった?」

( ´_ゝ`)「こ、このゴージャスでずっと嗅いでいたくなるようなにほい。レモンやミカンの様な柑橘系のフレッシュなかほり……」クンカクンカ

(´<_` )「早く言えよ」

(;´_ゝ`)「つれないなぁ。えっと、多分、クーにゃんのノートだ」

ζ(゚、゚;ζ「クーにゃん、ヤバイ兄者気持ち悪い」

(;´_ゝ`)「酷い!」

29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/19(土) 09:51:56.85 ID:iSoEnMAu0

(´<_` )「ああ、あの鉄仮面の」

( ^ω^)「黒い髪が綺麗な人だおね」

ξ゚⊿゚)ξ「私も話したことないし、友達とかいるのかしら?」

(*´_ゝ`)「まあ、それはさておき、あの柔らかそうな胸! きゅっとくびれたウェスト! 安産型のヒップ! をもった数少ないおなごだ!
     俺は完成(パーフェクト)されたボディラインを蛇のごとく嘗め回したいクンカクンカしたい」

(´<_` )「死ね」

(*^Д^)「やっべぇすげぇ中身見たい」

ζ(゚ー゚*ζ「爆死するかもよ」

(;^Д^)「いやだあああああああ!!」
30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/19(土) 09:52:37.11 ID:iSoEnMAu0

( ´_ゝ`)「そして二つ目。これでクーさんの位置を特定する」グビグビ

( ^ω^)「兄者のくせにSUGEEEEE!!」

ξ;゚⊿゚)ξ「かっこよく見えてくるから困る」

(*´_ゝ`)「こ、これくらいたいした事無いしー。二分ぐらいかかるから待っててくれればいいしー」

(´<_` )「まんざらでも無さそうだな。けど、もっと時間短縮出来ないのか?」

( ´_ゝ`)「これ以上やると体に負担がかかりすぎる」

(;^ω^)「えっ、ダメージあるのかお?」

(;;´_ゝ`)「疲れるとかは無いんだけど、ぶっちゃけ汗すごい」ダラダラ

( ^ω^)「どうしてそこまでして……」

(;;´_ゝ`)「使ってみたかったから」

(*^ω^)「やだこの人探究心旺盛!」

ξ;゚⊿゚)ξつ□「ほ、ほらタオル使いなさいよ! 貸してあげるんだから!」

(*´_ゝ`)

ξ;゚⊿゚)ξ「やっぱやめた」

( ;_ゝ;)
31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/19(土) 09:54:19.94 ID:iSoEnMAu0

(#^Д^)「ダメだ、もうこの身が砕け散ってもいい! 俺はノートを開くぜ!」

(;'A`)「イヤイヤイヤ、踏みとどまって!」

(;^Д^)「めちゃ可愛らしい日記かもしれないだろ! 見たくないのかよォ! クーちゃんの私生活じゃなくて私性活かも知れないんだぞ!」

(*´_ゝ`)「惹かれました」

(;'A`)「もう、兄者まで! そりゃオレだって見たいけど、耐えなくちゃ駄目だ!」

(´<_` )「探知終わったー?」

(;;*´_ゝ`)「……あら? クーさんの現在地がここなんだけど」

( ^ω^)「お?」
32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/19(土) 09:55:07.97 ID:iSoEnMAu0

ζ(゚ー゚*ζ「この教室には居ないよー」

(;;´_ゝ`)「……おい、段々こっちに近づいて来てるぞ」

(´<_`;)「マズイ、おいノート開くなプギャー!」

(;^ω^)「ストオオオオオオオオオッップゥゥゥゥゥゥゥ」

(;'A`)「やめろおおおおおおおおお!」

(#^Д^)「うおおおおおおおお!」


ぺ ら り 


川#゚ -゚)「……」

34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/19(土) 09:56:29.94 ID:iSoEnMAu0

川#゚ -゚)



(;^Д^)「(やべぇ絶対キレてるよ血管浮いてるし)」

(;'A`)「(こっそりノート閉じてよう)」ソローリ

(;´_ゝ`)「(迂闊だった……これはまずい)」

(´<_`;)「(遅かったか)」



o川#゚ 皿゚)o

(;'A`)「(もはや誰だよ……)」
35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/19(土) 09:57:24.69 ID:iSoEnMAu0

川#゚ -゚)「……見たな」

(;^Д^)「まだ見てないぜ(あっぶねー)」

川#゚ -゚)「『まだ』、か」

(;^Д^)「はうあっ!!」

(;'A`)「(プギャー君……馬鹿すぎるよぉ///)」

ζ(゚ー゚*ζ「(仕方が無い、ここはボクがなんとか言い繕おう)」

ζ(゚ー゚*ζ「クーさん、あのさ、このノートが落ちてたんだ。それでボクたち、落とし主を探そうとして……」

ξ ゚⊿゚)ξ「そうそう、落とした人困ってるだろうなぁ、って思ってたのよ」

川;゚ -゚)「……本当か?」

(´<_` )「ああ、今から職員室に届けようかと思ってたんだ(ここは畳みかけよう)」

(;´_ゝ`)「えっなにs(´<_`;)「話を合わせろ馬鹿」ボソボソ
36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/19(土) 09:58:13.87 ID:iSoEnMAu0

川 ゚ -゚)「そうだったのか。だが、何故ノートが開いていたんだ?」

(;^Д^)「偶然、オレのカバンが当たっちまったんだ。許してくれ。中身は本当に見てないんだ(からけ読んでる……よな?)」

(;'A`)「とりあえず、返すからあらためてよ(あれ、前ほど初対面の人怖くないぞ)」

川 ゚ -゚)「ふむふむ……」

(;'A`)「どうですか」

川 ゚ -゚)「確かに、どこも汚れとかは無いな」

(;^ω^)「というわけで、僕たちは失礼させてもらうお」

ζ(゚ー゚*ζ「ばいばい、クーさん」



川 ゚ -゚)「待ってくれ」

(;^ω^)「おっ?」ドキッ

川*゚ -゚)「その……勝手に疑ったりしてすまなかった。本当に申し訳ない」

(;^Д^)「(罪悪感すごいんですけど……)」

37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/19(土) 09:59:36.57 ID:iSoEnMAu0


(´<_` )「いやいや、もう少し遅かったら多分見てたからさ、な、プギャー君」

(;^Д^)「おうよ、クーちゃんが戻らなけりゃそうしてたぜ」

川 ゚ -゚)「危なかったという事か」

( ´_ゝ`)「そうなるかな。……ま、この件はここで終わりにして、帰ろっか」



川*゚ -゚)「あ、あの……」

( ^ω^)「何だお?」

(*´_ゝ`)「(顔赤らめてる、きゃわいい)」

ξ゚⊿゚)ξ「あっ、そうだ、クーさんも一緒に帰らない?川*゚ -゚)「その、お詫びもしたいから、私も一緒に帰っていいか?」



ξ゚⊿゚)ξ「……」

川 ゚ -゚)「……」

ξ*゚⊿゚)ξ「あはははははははは!」

川*゚ ー゚)「……ふっ」

39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/19(土) 10:02:36.53 ID:iSoEnMAu0

ワイワイ
   ガヤガヤ

(*´_ゝ`)「おっす、おら、兄者。もうクーにゃん可愛いよぉ」

川;゚ -゚)「あ、ああ、よろしく」

(´<_` )「そんなまごつかなくてもいいって。適当にスルーしてその後ぶん殴ればいいから」

川;゚ -゚)「二人は、意外とあまり似てないな」

(´<_` )「双子とはいえ、内面は大分違うんだなこれが」

ζ(゚ー゚*ζ「まともな方が弟者君だから」

ξ゚⊿゚)ξ「キモイ方が兄者っていう覚え方でもいいわよ」

( ^Д^)「兄者(笑)」

(;´_ゝ`)「もう泣いていい? 大活躍だったのに……」

41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/19(土) 10:03:23.07 ID:iSoEnMAu0

(;'A`)「お、オレ、ドクオです。仲良くしてください」

川;゚ -゚)「……こちらこそ、こんなに大人数でいるのは初めての経験でな。よろしく頼む」

(;'A`)「いやいやこちらこそ」

川;゚ -゚)「いやいや(ry」

(;'A`)「いや(ry」

( ^Д^)「無限ループって怖いよなwww」

ξ*゚⊿゚)ξ「さ、みんな、走って帰りましょ」

(´<_` )「えっ?」

三ξ*゚⊿゚)ξ「ダーッシュ!」

(#゚ω゚)「廊下を走るなぁぁ――――ッ!!」



(;^ω^)「ちなみに、中を見てたらどうなってたんだお?」

川 ゚ -゚)「知りたいか?」

(;^ω^)「無表情怖いお」

43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/19(土) 10:05:43.19 ID:iSoEnMAu0
ここで投下終了です

オチが付けられない、無意味な改行、そもそもつまらない  など問題は山積みですが
『枯れ木も山の賑わい』と自分に言い聞かせて頑張っていきます
支援してくださった方々、ありがとうございました
44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/19(土) 10:06:27.08 ID:iSoEnMAu0
<新しい人たち>

( ^Д^) プギャー
●強い、でかい、だがモテない
●何をされても大抵は笑っていられるwww


川 ゚ -゚) クー
●すっげークール
●ノートの中身はいまだ不明なんだぜ





( ^ω^)ハイスクール・ワンダーランドのようです ☆3
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://eksr.blog115.fc2.com/tb.php/203-56c12524
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。