スポンサーサイト --年--月--日 スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(ヽ゚ω゚)ブーンが精神病になったようです 第三部 第十八話 2011年03月24日 ( ^ω^)ブーンが精神病になったようです(ヽ゚ω゚) トラックバック:0コメント:0



406 : ◆vUsDOjbm1w :2006/02/12(日) 20:08:34.87 ID:91Org5Ri0
第3部



バロス精神科病院は慌ただしい緊迫感に包まれていた

看護士「院長!
     患者の意識がありません!
     脈も弱くなっています!」

('A`)「強心剤を注射するんだ!」

ξ゚⊿゚)ξ「分かりました!」

410 : ◆vUsDOjbm1w :2006/02/12(日) 20:13:00.59 ID:91Org5Ri0
( =゚ω゚)ノ「衰弱している患者に強心剤を打つのは危険じゃないでしょうか?」

ξ゚⊿゚)ξ「何言ってるの!
      このままほっておくと死んでしまうわ!」

ブーンの入院している2035室は異常なまでの緊張感で覆われていた

ブーンの意識が戻らないのだ

('A`)「なぜだ!?
    なぜ意識が戻らない!」

院長は叫んだ

413 : ◆vUsDOjbm1w :2006/02/12(日) 20:20:16.52 ID:91Org5Ri0
看護婦「脈拍数が安定しません!」

ξ゚⊿゚)ξ「院長!」

('A`)「ここでは満足な処置ができん!
    万が一の事態に備えて、患者をERに移動させるぞ!」

( ´∀`)「わかりました!」

416 : ◆vUsDOjbm1w :2006/02/12(日) 20:23:14.45 ID:91Org5Ri0
モナー看護士長とツン看護婦長はブーンを乗せた移動ベットをERに運んだ

ξ゚⊿゚)ξ「ブーン君、死んじゃダメよ!」

ツン看護婦長は、意識のないブーンに向かって必死に叫んだ

('A`)「大至急診療部長を呼んで来い!」

看護婦「はい!」

看護婦が慌ただしく走っていった





(ヽ゚ω゚)ブーンが精神病になったようです 第三部 第十九話
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://eksr.blog115.fc2.com/tb.php/204-476b604d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。