スポンサーサイト --年--月--日 スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(ヽ゚ω゚)ブーンが精神病になったようです 第四部 第二十九話 2011年03月27日 ( ^ω^)ブーンが精神病になったようです(ヽ゚ω゚) トラックバック:0コメント:0


791 : ◆vUsDOjbm1w :2006/02/18(土) 22:32:29.86 ID:ZW9sUWNG0
J(‘ー`)し「・・・」

母は目を覚ました

(゚∞゚)「お気がつかれましたな」

J(‘ー`)し「先生・・・
       私はどれくらい寝ていましたか?」

(゚∞゚)「だいぶ寝られてましたよ
    かなりお疲れだったんでしょうな」

母は自分の体が楽になっていることに気がついた

(゚∞゚)「ひとまず熱が下がってよかったです
    長期間の高熱は命にかかわりますからな」

J(‘ー`)し「・・・なんだかずいぶん喉が渇いてます」

796 : ◆vUsDOjbm1w :2006/02/18(土) 22:36:24.42 ID:ZW9sUWNG0
(゚∞゚)「そりゃそうでしょうなー
    今、水を持ってきましょう」

老医師は、そう言って病室を出て行った

J(‘ー`)し(長い夢を見ていたような気がするわ・・・
       なんだかとても懐かしくて、そして哀しい夢だったような・・・)

母の左手には相変わらず点滴が打たれたままであった

J(‘ー`)し(ブーンはどうしているのかしら・・・)

母はブーンがどうしているかのか気になった


797 : ◆vUsDOjbm1w :2006/02/18(土) 22:38:51.27 ID:ZW9sUWNG0
J(‘ー`)し(アナタ・・・
       アナタが死んで、もう何年になるのかしら・・・
       私は頑張ってこれましたか・・・)

母は父の顔を思い浮かべた

父の顔はまだ若く、元気だった

J(‘ー`)し(今の私を見たら、アナタはなんて言うでしょうね・・・)

800 : ◆vUsDOjbm1w :2006/02/18(土) 22:48:22.28 ID:ZW9sUWNG0
(゚∞゚)「おもちしましたぞ」

老医師は水の入ったコップを母に差し出した

J(‘ー`)し「すいません」

母は上半身を起こし、水を受け取った

(゚∞゚)「そういえばまだ私の名前を言ってませんでしたな
    私はペーと言います」

J(‘ー`)し「ペー先生ですね」

(゚∞゚)「そう呼んで頂けるといいですね」

ペー医師は笑った

809 : ◆vUsDOjbm1w :2006/02/18(土) 23:02:09.68 ID:ZW9sUWNG0
(゚∞゚)「さて、アナタの結核の治療に関してですが・・・」

J(‘ー`)し「はい」

(゚∞゚)「とにかく最後まで諦めずに、頑張っていきましょう」

J(‘ー`)し「わかりました」

(゚∞゚)「一番の薬は笑うことですよ
    いつもにこやかにほがらかにしていれば必ずよくなりますよ」

そういうとペー医師はにっこりと笑ってみせた

J(‘ー`)し「ふふふ
       わかりました」

母も笑顔で返事をした





(ヽ゚ω゚)ブーンが精神病になったようです 第四部 第三十話
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://eksr.blog115.fc2.com/tb.php/225-f832ce19
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。