スポンサーサイト --年--月--日 スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

( ´ー`)先生の戦う生徒指導のようです 第三話 2011年03月29日 ( ´ー`)先生の戦う生徒指導のようです トラックバック:0コメント:0


5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/03/29(火) 20:57:28.04 ID:mnFk9MKEO [1/51]
>>1
ありがとうございます!

この作品は厨二バトルの皮を被った説教ギャグです

今回はギャグ七割、シリアス二割、歌一割でゆっくりじっくり投下していきます

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/03/29(火) 21:00:49.57 ID:mnFk9MKEO [2/51]
从 ゚∀从<人物紹介&これまでのあらすじ

( ´ー`):VIP中2年3組担任教師。『説教で厨二能力への依存を消せば能力を無効化する』能力で説教しまくる。愛妻家。

从 ゚∀从:ヤンキーかつ前世女。前世で先生の家来だったらしく、先生に懐く。重力を操る。甘党。

(=゚ω゚)ノ:神様。厨二達に能力を与え、戦いを企画した。出番は無い。しばらく無い。

作者:最近父親の本棚から『H2』の28巻を2冊発見した。辛党。
   前回投下時に絵師さんにカッコいいセーラー服ハインを描いてもらったのに
   思いつきで「ブレザー」と言ってしまったことを未だに気にしているチキン。

从 ゚∀从「知らねえよ」

ありがたきまとめ様方

http://boonsoldier.web.fc2.com/sidou.htm

http://eksr.blog115.fc2.com/blog-entry-215.html

http://xn--hckwcp3c2c5ce5k.com/%e3%80%80%c2%b4%e3%83%bc%ef%bd%80%e5%85%88%e7%94%9f%e3%81%ae%e6%88%a6%e3%81%86%e7%94%9f%e5%be%92%e6%8c%87%e5%b0%8e%e3%81%ae%e3%82%88%e3%81%86%e3%81%a7%e3%81%99

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/03/29(火) 21:04:00.67 ID:mnFk9MKEO [3/51]

-何か薄暗い部屋-

「それでヒッキー……今、《零の分子》と《星屑の鳥籠》は何処に……?」

(;-_-)(あ、高岡さんは《星屑の鳥籠》って名付けたんだ……よく即席で異名付けられんな……)

『ヒッキー……?』

(;-_-)「あ、申し訳ございません! 現在2人は三階東校舎廊下にて、
    『暗黒王ノ左腕』と『リグレット……えーと、なんとかソード』と交戦中です」

「フフ、アイツら程度なら適わないだろう……そうだな、その近辺にいる駒は?」

(-_-)「はっ、現在東校舎三階には『瞬間巨人』がいます」

「なるほど……ちょうどいいな、至急向かわせろ」

(-_-)「はっ!」

「フフ……『瞬間巨人』は奴らにとって最悪の相性だ……さぁ、異分子共よ……」

(*‘ω‘ *)「私を存分に楽しませろっぽ!」

『 指 揮 帝 -コンダクター・エンペラー- 』 椿 ち ん ぽ っ ぽ

(;-_-)(この人、語尾だけでも何とかなんないかな……)

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/03/29(火) 21:07:46.08 ID:mnFk9MKEO [4/51]





( ´ー`)先生の戦う生徒指導のようです



第三話 『来ないでJ○SRAC』







17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/03/29(火) 21:10:59.63 ID:mnFk9MKEO [5/51]

-東校舎3階廊下-



( #´ー`)「だからさぁぁぁっ!! そうやってアウトロー気取ってカッコつけたいなら、まず痩せろヨ!
      ピザデブの厨二ヒーローとか見たことネーヨ!? まず想像力磨く前に肉体を磨けや!!」

(;^ω^)「で、でも太っててもカッコいいキャラはいっぱいいるお! 紅の豚とか!」

( #´ー`)「お前そういう系統のデブじゃネーだろ! でぶやに出るタイプの癒し系デブだろ!
      お前はキーパーなんだヨキャッチャーなんだヨキレンジャーなんだヨカレー食って『まいう~』とか言っとけ!!」

从 ゚∀从「私女だけどデブで厨二こじらせてる人は見てらんないと思う」

(; ω )「ぐわぁぁぁぁっ!! 女子意見は刺さるぅぅぅぅっ!!」ブバシャァァァ

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/03/29(火) 21:13:48.06 ID:mnFk9MKEO [6/51]
( #´ー`)「あと鬱田ぁっ!!」

(;'A`) ビクッ

( #´ー`)「お前は……もう、単純に気持ち悪い! それ以上でも以下でもない!!」

(;'A`)「ええええェェェェっ!? 嘘だ、だってカーチャンは俺のことを男前って……」

( #´ー`)「親の心遣いだヨ!! 自分が腹を痛めて産んだ子だからこその心遣いだヨ!!
      そんでお前はただの不細工ならまだいい、厨二でイケメンぶってっから相乗効果ですげぇキモいんだヨ!!」

(;'A`)「いや、そこまでじゃないはずだ! ちっとはカッコいいはずだ!」

( #´ー`)「そこまでなんだヨ! 草花が枯れるレベルなんだヨ!」

(;'A`)「くっ、信じないぞ、それは先生が男だからそう思うんだ! 女子なら、女子なら……!!」

从 ゚∀从「ムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリ」

(; A )「畜生ぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉっ!!!」ブバシャァァァ

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/03/29(火) 21:17:47.10 ID:mnFk9MKEO [7/51]
(  ω )

( A )

(;´ー`)「ふぅ……とりあえず、一度に2人倒せたことは大きいヨ」

从*゚∀从「お疲れ様でした先生! あの、俺役に立ちました!?」

( ´ー`)「あぁ、お前が《重力±》で2人を押さえ込んでくれたのが効いたし、あと……とどめの一言とか」

从//∀从「はっひゃぁぁぁん、心に沁みるぅぅぅぅっ」

(;´ー`)「……ホント俺以外には冷酷なのになぁ……」

 あの後、貞子を安全な場所に隠した俺達は、そのままこのザコ2人を説教するために戻った。
 結論から言うと、メチャクチャ弱かった。そりゃそうだよね、能力あるだけのデブとガリだもの。
 余談だが、高岡の《重力±》で押さえつけられてた時の鬱田は凄くいい顔をしていた。キモッ。

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/03/29(火) 21:20:49.57 ID:mnFk9MKEO [8/51]
( ´ー`)「高岡、この2人も洗脳されてたってことで間違いないのな?」

从 ゚∀从「はい、コイツらの腕を見て下さい。『洗脳中』って文字があるでしょ?」

(;´ー`)「うわっ、本当だ。あんなに厨二ネーミングに拘るくせにチープだなオイ」

 洗脳。俺が生徒達から逃げた後、とある生徒がめぼしい奴らを能力により洗脳し、手駒にしたらしい。
 その中でも強い奴らは『四天王』としてそいつを守っている。
 つまりそいつは兵力・実力を総合して現時点での優勝候補だ。

 そんな冷酷で、残虐なボスキャラが、なんで。

(;´ー`)「なんでよりによってちんぽっぽなんだヨ……」

从;゚∀从「わかんねえっすよ……俺だって最初そうわかった時度肝抜かれましたよ……」

-何か暗い部屋-

(*‘ω‘ *)「フフ、見えるっぽ、数多の屍の上に立ち、私が神大地《ガイア》の主になる姿が! ぽっぽっぽ!」

(;-_-)(うーん……僕もよっぽどの厨二だけど、ここまで痛々しいのも珍しいよなぁ……)

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/03/29(火) 21:23:45.65 ID:mnFk9MKEO [9/51]
 椿ちんぽっぽ。彼女は間違いなく、2-3の中で一番ボスっぽくない生徒だ。

 だって「(*‘ω‘ *)」だぜ!? 名前が「ちんぽっぽ」だぜ!? 語尾が「っぽ」だぜ!? 好物がみかんだぜ!?
 明らかにほのぼの要因な顔してるくせに、なんでこいつ殺戮目指してんだよ!?
 しかも洗脳って!? 動物と話せるとかみかん投げるとか色々似合う能力あんだろ!?
 もう色々ありすぎて追いつかねえよ! 自分らしさを客観的に考えろよ!

(;´ー`)「高岡……絶対ちんぽっぽとっちめて、みっちり説教かましてやろうな……」

从;゚∀从「はい……」

 もう言いたいことが多すぎるわ。みっちりがっつり脳髄に染み込むほどの教育的指導をやったるわ。
 それまで絶対負けねー。ここであの痛々しい道を正せなくては教師の名が廃るわ。

(;´ー`)「イエス、ウィー、キャン!」

从;゚∀从「ちんぽっぽ、ニード、チェンジ!」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/03/29(火) 21:27:26.94 ID:mnFk9MKEO [10/51]
(;´ー`)「ふぅ……じゃあ高岡、一緒にこの2人片付けるぞ」

从;゚∀从「あ、その前に1つ、お願いしていいですか?」

( ´ー`)「お願い?」

从;*゚∀从「その……あの……『ハイン』って読んでもらっても……いいですか……?」モジモジ

 そういうと高岡は顔をトマトのように真っ赤にしてモジモジしだした。
 その姿は中1の頃、テスト全部赤点だった腹いせに教師全員の車のワイパーを全てもぎ取った暴君と同一人物だとは思えない。

从;*゚∀从「えっとあのー、出来ればでいいんで! この戦いの間だけでいいんで、ちょっとだけ……」

(;´ー`)「いや、構わネーけど……『ハイン』?」

从 ゚∀从

(;´ー`)「?」

从 ゚∀从

从 ゚∀从

从 ゚∀从

(;´ー`)「……立ったまま気絶してる……」

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/03/29(火) 21:30:45.90 ID:mnFk9MKEO [11/51]
(;´ー`)「ちょっ、しっかりしろヨ! 気を確かに持て!」

从;゚∀从「……っはぁっ!! こ、ここは!? 私は葡萄園で逆賊と剣を交えていたはず……!!」

(;´ー`)「前世と混同すんな! しっかりしろ、ここは学校だヨ、ハイン!」

从//∀从「あぁぁぁぁぁっ、我が人生に悔いなしぃぃぃぃぃっ!!!」

(;´ー`)「ハイィィィィィィン!!!」



壁|

壁|「……」

壁|><)ヒョコッ

壁|><)「……なんか怖くて話しかけづらいんです……」

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/03/29(火) 21:33:51.67 ID:mnFk9MKEO [12/51]
壁|><)「高岡さんってあんな人だっけ……もっと修羅みたいな人だった気がします……」

壁|><)「どうしよっかな……諦めてどっか行こうかな……」

壁|><)「お腹すいたし……えっと今は10時30分か、こんな状況下でも購買やってるかな……」

壁|><;)「い、いや! 弱気になっちゃダメなんです! ビロードはやれば出来る子なんです!」

壁|><)「僕は決めたんです……先生に、さっきロケットランチャーをぶっ放したことを許してもらって……」

壁|><)「そして、仲間に入れてもらうんです!」

壁|><)「ちんぽっぽちゃんの目を覚ますために!」

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/03/29(火) 21:37:09.67 ID:mnFk9MKEO [13/51]
壁|><)「ちんぽっぽちゃん……あんなに仲良くて、あんなに優しかったのに……」

壁|><)「急にみんなを洗脳するなんて……そんな野望を秘めてたなんて知らなかったんです」

壁|><)「……まぁ、僕も調子に乗ってランチャーしちゃったけれども……」

壁|><)ゞテヘヘ

壁|><)「……とにかく! ちんぽっぽちゃんを元の優しいみかん大好きちんぽっぽちゃんに戻すんです!」

壁|><)「そのためには僕1人じゃ大変です……。
     だから、能力を無効化出来るらしい先生の仲間になりたいんです」

壁|><)「許してもらえないかもしれないけど……たくさん謝って、協力してもらいたいんです」

壁|><)「さっき見てた限り高岡さんも強いから、『四天王』と戦える可能性はかなり増えるんです」

壁|><;)「……ただ、高岡さんにぶっ殺される可能性がすげぇあるんです……」

壁|><;)「……どうしよっかなぁ……」

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/03/29(火) 21:40:58.53 ID:mnFk9MKEO [14/51]



从;゚∀从「はぁ、はぁ……すいません、だいぶ慣れました……」

(;´ー`)「ビックリしたヨ……まさか教え子を下の名前で呼んだら死にかけるなんて読めネーヨ……」

从 ゚∀从「でも、もう大丈夫です! これからは元通り戦えます!!」

从#゚∀从「ちょっとでも先生に傷をつけたり、ましてや命を狙おう奴がいたらもう木っ端微塵にしてやります!!」

(;´ー`)「そこまでしなくていいから! 殺しちゃダメって約束して!?」

壁|><;)(ヒィィィィィッ!!!)

(;´ー`)「まぁいいヨ……しかし、あと31人も説教しなきゃなんだよな……先は長いな……」

从 ゚∀从「……あの先生、それについて俺、思ったんすけど……」

( ´ー`)「?」

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/03/29(火) 21:43:56.88 ID:mnFk9MKEO [15/51]






从 ゚∀从「校内放送で、全員に向けて説教する、みたいなのはナシなんすか?」








(;´ー`)「それだあぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ!!!」

从;゚∀从「!?」

壁|><;)「!?」


42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/03/29(火) 21:46:56.26 ID:mnFk9MKEO [16/51]
 そうだよ、その通りだよ! 校内放送を使えばわざわざ1人1人と戦わなくても一気に説教出来る!
 もちろん個人の心の傷は抉れないので全員は無効化出来ないだろうが、間違いなく広範囲にダメージは与えられる!
 すげぇぞハイン、よく思いついた! ていうか俺はなんで思いつかなかった!

( ´ー`)「ありがとうハイン、それだ!! イケるぞ!!」ギュッ

 歓喜のあまり俺はハインの手を強く握り締めた。大丈夫だよね? セクハラじゃないよね?

从//∀从「う、うおぉぉぉぉっ!? せ、先生が俺の手をにぎ、に、ぎゅぅぅぅっ!!」ジュゥゥゥ

(;´ー`)「熱っ!!」バッ

 なんか知らんけどハインの体温がグーンと跳ね上がった。何今の、新しい能力!?

从 ゚∀从(あっ、離されちゃった……)

从 ;∀从(俺の体温のせいでぇぇぇぇぇぇぇっ!! 畜生があぁぁぁぁぁっ!!)ジョバジョババババ

(;´ー`)「なんで泣くの!? 今の一連でお前の感情どうなったの!?」

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/03/29(火) 21:50:20.61 ID:mnFk9MKEO [17/51]
≡≡≡≡从 ;∀从「何でもないっす、行きまっしょぉああぁぁぁぁぁっ!!」ダッ

≡≡≡(;´ー`)「あっ、待って!? ちょ、お前速っ!!」ダッ

壁|><;)(なんか高岡さんが情緒不安定でおっかないんです!)

壁|><)(あれ? そう言えば2人がこっちに来てます……)

放送室の壁|><;)(あれ!? やっべ、このままじゃ確実に見つかります!! なんでなんです!?)

放送室の壁|><;)(いや、元々接触はしたかったけど、今の高岡さんには話しかけづらいんです!)

≡≡≡≡从 ;∀从「よっしゃ放送室はすぐそこです、やっちゃいましょう馬鹿野郎ぉぉぉぉっ!!」

≡≡≡(;´ー`)「とりあえず落ち着け! 誰を貶してんだお前は!」

放送室の壁|><;)(うっひゃあぁぁぁぁ、見つかるぅぅぅぅっ!!)

放送室の壁|><)ー`)「おやおや、先生と高岡じゃないか」

(;><)「!?」

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/03/29(火) 21:53:40.45 ID:mnFk9MKEO [18/51]
(;´ー`)「!!」

从;゚∀从「あっ、お前は……!!」

爪'ー`)「ようお二人さん、楽しんでるかい?」

(;´ー`)「フォックス!」

从#゚∀从「てめぇ、俺と先生の愛の巣になる予定の放送室に何の用だよ!」

(;´ー`)「えっ、その予定初耳! 予定は未定でお願いしまーす!」

爪'ー`)「ははっ、ちょっと見ない間にだいぶ可愛くなったじゃんか高岡。乙女なお前も悪くねぇな」

从#゚∀从「お前に言われても嬉しくねぇんだよ! という訳で先生お願いします!」

(;´ー`)「どういう訳!? 何をすりゃいいの俺!?」


壁|><;)(なんか知らんけど見つからなかったんです!)

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/03/29(火) 21:56:59.85 ID:mnFk9MKEO [19/51]
 狐ヶ崎フォックス。彼の性質を表すとすれば、「マセガキ」が一番適しているだろう。
 大半の厨二達は二次元のヒーローに憧れるが、彼が憧れるのは「ハードボイルド」。
 裏の世界に生きる影を持った男、それを見様見真似でコピーするのがフォックスの「厨二病」だ。

爪'ー`)y‐「俺は結構楽しんでるぜ? 普段澄まし顔の奴らがみんなイカレたように走り回ってんだから」

 そう言ってフォックスはタバコチョコを渋くくわえた。懐かしいわ、どこに売ってんだそれ。
 ちなみに、フォックスの身長は男子ではビロードの次に小さく、声変わりもまだ。ぶっちゃけ全く似合っていない。
 風の噂では毎日牛乳飲んで夜9時には寝ているらしい。ハードボイルドの裏には意外と努力があるようだ。
 あと補足情報として、フォックスはかなりのおばあちゃん子である。

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/03/29(火) 22:00:02.30 ID:mnFk9MKEO [20/51]
爪'ー`)y‐「んで、お二人さんは何しに放送室に来たんだい? 出来れば俺が使いたいんだが」

从#゚∀从「こっちが先に聞いただろうが! 何だお前、タバコチョコ1本よこせ!」

爪'ー`)y‐「いいよ。あ、先生も要るかい?」

(;´ー`)「あ、いや、俺は自前のタバコあるし……」

爪'ー`)y‐「ヒュー、渋いねー」

从 ゚∀从y‐ムシャムシャ

 何これ。何この和やかな感じ。ハインは何嬉しそうにチョコ食ってんの、甘いの好きなの?

爪'ー`)y‐「あぁそうだ、俺が放送室に来た理由だったな。簡単さ、コイツを学校中に響かせたくてな」

 そう言って、フォックスは自分の肩に掛けていた「それ」を俺達に見せた。

(;´ー`)「……ギター?」

爪'ー`)y‐「そ。俺の相棒。」ジャラーン

 とっておきのな、と付け加えて、フォックスはわりと使い古した感のあるギターを一鳴らしした。

57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/03/29(火) 22:03:53.44 ID:mnFk9MKEO [21/51]
爪'ー`)y‐「せっかく神とやらが不思議な力をくれたんだ。
      俺は無神論者だが、出来るというならやりたくなるもんだからね」

(;´ー`)「じゃあ、お前の力はそのギターに因んだ物ってことか……」

爪'ー`)y‐「まぁね。もっと詳細に言えば俺の『歌』だね。俺は『歌の力(ミュージックパワー)と呼んでる』」

 フォックスは軽音部に属している。
 「言葉よりも、音楽は世界を揺さぶれるんだぜ?」という何かイラッとする持論からだが、現にフォックスの歌唱力は大した物だ。
 能力は憧れ、好きな物から派生する。
 フォックスが音楽に対して理想を抱いていたなら、歌の能力があってもおかしくないか。

从 ゚∀从「てめぇ、まさか歌を聴かせた奴を操ったり、殺したりする能力とかじゃねぇだろうな!?」

(;´ー`)「何!?」

 もしそうなら、絶対に放送室を使わせるわけにはいかない。奴が歌った瞬間、校舎は奴の支配下になるのだから。

 だが、当の本人は構える俺達に対し、アメリカ人のように両手を挙げて「やれやれ」を表した。

┓爪'ー`)┏「はぁ、野蛮だねぇ……音楽は兵器じゃねぇんだ、そんなこと考えもしなかったよ」

从#゚∀从「じゃあお前の能力ってなんだよ!」

59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/03/29(火) 22:07:13.68 ID:mnFk9MKEO [22/51]
爪'ー`)y‐「俺はね、音楽ほど人の心に響く文化は無いと思ってる。
      ただ、聞き手の考え方によって音楽の捉え方は変わるからな。
      そんな誤解が無ければいいな、とずっと考えてきたわけよ。それが『歌の力』さ」

从#゚∀从「わかりづらいわ、要するになんだよ」

爪'ー`)y‐「せっかちだねぇ、つまりな」



爪'ー`)y‐「『歌詞を確実に聞き手の心に響かせる』……ってとこかな」



( ´ー`)

从 ゚∀从

壁|><)





65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/03/29(火) 22:10:51.65 ID:mnFk9MKEO [23/51]





( ´ー`)「……え、じゃあ聴いた奴を操ったりってのは」

爪'ー`)y‐「無い」

从 ゚∀从「ましてや殺すなんてのは」

爪'ー`)y‐「無い」

( ´ー`)「つまりお前に戦闘能力は」

爪'ー`)y‐「あるわけが無い」

( ´ー`)

从 ゚∀从

爪'ー`)y‐



(;´ー`)「ええええぇぇぇぇぇぇぇぇっ!!?」从∀゚;从

壁|><;)(ええええぇぇぇぇぇぇぇぇっ!!?)

68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/03/29(火) 22:14:07.68 ID:mnFk9MKEO [24/51]
 びっくりした、マジびっくりした。
 まさかこの戦いに戦闘能力が全く無い奴がいるなんて思わなかった。え、じゃあコイツ圧倒的弱者じゃん。

(;´ー`)「え!? お前戦う術を何一つ持ってないってこと!? 何それ、何で!?」

爪'ー`)y‐「おいおい、俺にしてみりゃ人と人とが争うってこと自体が何でだぜ?」

(;´ー`)「何でそんなに余裕なの!? お前、ライオンの群れに兎が飛び込むみたいなもんだぜ!?」

爪'ー`)y‐「いや、言うなれば俺は群れの上を飛び回るカナリアだね」

(;´ー`)「あぁぁぁぁぁっ、どうしよう、会話になんねぇ!!」

从;゚∀从「てことは、お前単に歌を聴いて欲しかっただけ!? そのためだけに来たの!?」

爪'ー`)y‐「まぁね、俺の歌なら殺し合いが止められる……って思ってね」

 奇しくも俺達と同じ目的だけど、何かが明らかに間違っている!

72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/03/29(火) 22:17:47.47 ID:mnFk9MKEO [25/51]
爪'ー`)y‐「じゃ、俺は言ったから次はそっちの番だよ。理由次第で譲るか決めるから」

 何なの? 君のその落ち着きは何なの? こちらのハインさんは君を2秒でぶっ潰せるんだよ?

从;゚∀从「こちらの先生はな、生徒に説教することで能力を消せるんだよ!
     それで戦いを止めようってことだよ!」

爪'ー`)y‐「ほう、いなせだねぇ」

 お前中尾彬みたいになってんぞ。

从;゚∀从「ていうかお前どっかに隠れてろ! 無力なんだからどっかに引きこもってろ!」

爪'ー`)y‐「ハッ、カナリアを鳥籠に閉じ込めておけると思ったら大間違いだぜ?」

(;´ー`)「話聞いてくれぇぇぇぇっ!!」



壁|><;)(……)

壁|><;)(結構近くにいるのに全く気づかれてないんです)

74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/03/29(火) 22:21:31.45 ID:mnFk9MKEO [26/51]
壁|><;)(とりあえずフォックス君がヘッポコだってことはわかったんです)

壁|><;) )(しかしもう完全にタイミングを逸したんです)

壁|><;)゚ )(もう今言ってもフォックス君のペースだし……)

壁|><)∈゚ )(……)

( ><)  (゚∈゚ )


( ><)  (゚∈゚ )


( >< )  ( ゚8゚ )


( ><)  (゚∈゚ )






80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/03/29(火) 22:25:56.76 ID:mnFk9MKEO [27/51]
(;><)「ほぎゃあぁぁぁぁぁっ!!!」

(;´ー`)「!? な、なんだヨ!?」

 絶叫と共に、どこにいたのかビロードが転がってきた。命を狙われたトラウマから、ちょっと距離を置いてしまう。

从#゚∀从「あ、てめぇビロード!! お前よくも先生殺そうとしてやがったな、総画数四画のくせに!!」

(;><)「きゃぁぁぁぁっ、こっちにも命の危機があぁぁぁぁぁっ!!」

(;´ー`)「落ち着けハイン、俺は五画だから人のこと言えネーヨ!!」

爪'ー`)y‐「今はそれどころじゃねぇぜ、奴さんは穏やかじゃないみたいだ」

 そう言われ、俺達はビロードが転がってきた方向に一斉に向いた。

( ゚∋゚)

(;´ー`)「……誰やねん!?」

 そこには、見たことのないデカい人がパンイチで俺達を見下ろしていた。
 ほぼ全裸で筋骨隆々のデカい人が、無表情にこっちを見下ろしていた。怖っ。

81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/03/29(火) 22:28:59.74 ID:mnFk9MKEO [28/51]
(;><)「ぼ、僕いきなりこの人に蹴られたんです! 挨拶代わりに蹴られたんです!」

爪'ー`)y‐「顔見知りにこんな大男はいないねぇ……どういうことかな?」

从;゚∀从「多分能力だ、コイツを作った奴がどっかにいるはずだ!」

(;´ー`)「なるほど、エクストの時みたいな感じか……」

( ゚∋゚)つ スッ

 俺達が考察していると、デカい人がなんか差し出してきた。
 え、何これ、怖いよ爆弾かなんかじゃねぇだろーな。

(;´ー`)「これは……生徒手帳……?」

 それは間違いなく生徒手帳だった。何の仕掛けも無い、学校指定の青い生徒手帳。
 一体何の意図があって生徒手帳なんて渡してきたんだ。ていうかこれ誰の生徒手帳なんだろう……。

83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/03/29(火) 22:31:59.14 ID:mnFk9MKEO [29/51]



【( 、'∋`)】 小鳥遊クックル

( ´ー`)

( ゚∋゚)ムキムキムッキーン

( ´ー`)「……クックルの能力で出来たのが君ってこと……?」

(´゚∋゚)(違うよ、といいたげな雰囲気)

( ´ー`)「……じゃあ、クックルが君ってこと……?」

(*゚∋゚)(そうだよ、といいたげな雰囲気)

 よっしゃー、正解だー。1ポイントゲットだー。

( ´ー`)「って」

(;´ー`)从;゚∀从「ええええぇぇぇぇぇぇぇぇっ!!?」(><;)

爪'ー`)y‐「ほう……」

87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/03/29(火) 22:34:50.30 ID:mnFk9MKEO [30/51]
(;´ー`)「え、どゆことどゆこと!? クックルってあれだよね、もっと痩せてたよね!?」

从;゚∀从「そっすよ、生徒間では『歩くマッチ棒』の異名を持つガリガリガリクソンですよ!」

(;><)「『クックルはスペランカーより脆い』という都市伝説も流れるほどのウィークネスなんです!」

(;´ー`)「うん、とりあえず2人ともその噂流した生徒教えて!? とっちめてやる!」

从#゚∀从「そんでてめぇは何ナチュラルに溶け込んでやがんだ?」

(;><)「ひえぇぇぇぇっ!!」

(;´ー`)「ああもう、落ち着けお前ら!」

爪'ー`)y‐「なるほど、弱い自分が嫌で、強い自分を妄想した結果こうなったってわけか……健気だねぇ」

(;´ー`)「お前は落ち着きすぎだけどな!?」

( ゚∋゚)つ

(;´ー`)「あ、ごめん、生徒手帳返すわ……」



91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/03/29(火) 22:38:09.50 ID:mnFk9MKEO [31/51]
从;゚∀从「ハッ、先生! アイツの右腕を見てください!」

(;´ー`)「右腕……? ……あっ!!」

 ハインに言われて見つめた先にあったのは、山脈のような巨腕に歪に浮かぶ「洗脳中」の文字。
 従って、クックルはちんぽっぽの駒。そして今確認したところ、ビロードとフォックスの腕に文字は無い。
 つまり、アイツにとって俺達は全員捕らえるべき獲物だということだ。

( ゚∋゚)グッ

 奴が身構えた、仕掛けるつもりだ。見る限り奴は間違いなくパワータイプ。一撃の破壊力が凄まじいことは一目瞭然。
 一方、こっちは女子1人、ショタが2人、おっさんが1人。体格差は歴然だ。
 つまり一撃でも食らった時点で、そいつはもう戦闘不能で間違いない。

从 ゚∀从「先生、下がっててください。コイツは俺が倒します」

(;´ー`)「ハイン……だが……」

从 ゚∀从「先生が奴に説教するには俺が動きを止めなきゃいけない。
     ビロードは信用出来ないし、フォックスは戦闘能力無し。俺に任せてください」

(;><)「……」

爪'ー`)y‐「ふっ、じゃじゃ馬のお手並み拝見といくか」

(;´ー`)「ねぇ、君はホントなんでそんな余裕綽々なの!? 教えて!?」

94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/03/29(火) 22:42:17.23 ID:mnFk9MKEO [32/51]
( ゚∋゚)(行くぞ、といいたげな雰囲気)

从 ゚∀从「こちとら一発も攻撃食らうわけにゃいかねぇからな……」

从#゚∀从「先手必勝! 『重力±』!!」ブオン

( ゚∋゚)(ぬおう!? みたいな感じの表情)ビタン

 ハインが手を下げたことで、クックルの巨体が勢い良く地面に叩きつけられた。
 その体重と重力負荷により、クックルの真下の床はミシミシと悲鳴を上げている。

从;゚∀从「く……やっぱりデカいと重力かけんのも疲れんな……先生、今のうちに説教を!」

(;´ー`)「よ、よし! クックルお前、今時ゴリマッチョて……」

( ゚∋゚)(……しゃらくさいわ!! 的な眼光)グググググ

从;゚∀从「な!?」

 クックルの体は、強大な重力過負荷を受けながらも少しずつ抗っていた。
 両手を床に押しつけ、ゆっくりと上体を持ち上げていく。

95 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/03/29(火) 22:46:20.73 ID:mnFk9MKEO [33/51]
( ゚∋゚)(俺の能力《瞬間巨人-インスタントジャイアント-》の真骨頂はその肉体に非ず)

( ゚∋゚)(如何なる相手の攻撃も体自体が学習し、それを上回るレベルに瞬時に成長することこそが能力の真骨頂なのだ)

( ゚∋゚)(この重力は確かに厄介だが、あと数分もあれば体が適応し、普通に動けるようになるだろう)

( ゚∋゚)(……と思ってそうなドヤ顔)

(;´ー`)「何も喋ってないはずなのに状況がなんとなくわかる! 不思議!」

爪'ー`)y‐「要は宇宙船の中で界王拳の修行する悟空みたいなことだな」

从;゚∀从「てめぇこっちは必死なんだから黙ってろ!!」

98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/03/29(火) 22:50:15.18 ID:mnFk9MKEO [34/51]
( ゚∋゚)(待っていろ高岡、すぐに貴様の体を握りつぶしてやろう、な感じの空気感)

从;゚∀从「ぐっ……さっきから重力は強くしてんのに、起き上がってんなやぁぁぁっ!!」

 既にクックルの上半身は起き上がり、現在は片膝をついた状態だ。
 このままだと重力に慣れたクックルは平然と二足で歩き、ハインに攻撃する。そうなればおしまいだ。
 一方ハインは体中から脂汗を流し、神経の全てを《重力±》に送り込んでいた。だが、まだ足りない。

从;゚∀从「くそ……倒れろよ、来るんじゃねぇ、先生に近寄るんじゃねぇ!」

( ゚∋゚)(そら、今いくぞ、と言っているかのようなたたずまい)

(;´ー`)「ハイン、無理するな、解除して逃げよう!! このままじゃ真っ先にお前がやられる!!」

从;゚∀从「かと言って逃げたら真っ先に狙われるのは能力を消せる先生です! 俺が引くわけには!!」

( ゚∋゚)(殊勝なことだな、だがムダな足掻きよ。さぁ、今立ち上がるぞ、と言ってもおかしくない状況)

(;´ー`)「逃げろ、逃げてくれハイン!!」

从;゚∀从「ちくしょうがぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ!!! デカブツゥゥゥゥゥゥゥゥッ!!」





『無敵重装・蒸気王!!!』

103 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/03/29(火) 22:54:27.57 ID:mnFk9MKEO [35/51]
(;´ー`)「!?」

从;゚∀从「なっ……!!」
 突如、背後から甲高い叫び声が轟いた。しかし、正面を向く俺達は振り向くことは出来なかった。

(; ∋ )(ぐっ、ぬぅぅぅぅっ!? 的な苦悶の表情)

 立ち上がりかけたクックルが、突然爆風に吹き飛ばされたからだ。
 そのまま背後の教室に轟音を立てて突っ込むクックル。そこで初めて、俺とハインは爆風の正体を知った。

(;><)/◎ ) =| )「ハァハァ……すいません高岡さん、勝手に加勢してしまいました」

 そこには、巨大で複雑な兵器を担いで立っているビロードがいたのだ。
 先ほど蹴られたのがまだ効いているのか、苦々しい表情で脇腹を押さえている。

爪'ー`)y‐「俺もいるよ」

 ごめんフォックス、君はマジで帰ってくれ

108 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/03/29(火) 22:58:04.94 ID:mnFk9MKEO [36/51]
(;´ー`)「ビロード、それは……」

(;><)/◎ ) =| )「高熱の爆風をぶつける重装、蒸気王なんです。
  僕の能力『無敵重装(ムテキウェポンズ)』は沢山の兵器を召喚し、軽々扱うことが出来るんです」

从;゚∀从「そうじゃなくて! お前先生殺そうとしたくせに、今度は何で俺を助けてんだよ! どういうつもりだよ!」

( ><)「……どうしても、許してもらいたかったから……」

(;´ー`)「ビロード……」

( ><)「虫が良すぎると思ってます、簡単に許してもらえるとは思ってません。
      だけど、僕はどうしても許してほしいんです、協力してほしいんです」

(。><)「ちんぽっぽちゃんを……元に戻したいんです……」

(;´ー`)「ビロード……」

 あの時、確かに俺はビロードに殺されかけた。それは間違いない。
 しかし、あの時のビロードと今のビロードは表情が全く違う。あの時は完全に瞳が狂気に取り憑かれていた。
 今はその狂気が全く見えない。罪悪感と、絶望感と、使命感。さっきの俺と似た物をビロードから感じていた。
 ビロードとちんぽっぽは幼少からの幼なじみらしい。そんな無二の親友が、良からぬ方向へ向かっている。
 俺は生徒全員助けると決めた、ならば俺を殺しかけたビロードも、そしてちんぽっぽ助けなければ。

111 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/03/29(火) 23:01:54.14 ID:mnFk9MKEO [37/51]
(; ∋ )ガラガラ

(;´ー`)「!?」

从;゚∀从「ちっ、アイツ気絶してりゃ良かったのに!!」

 崩壊した部屋から、巨大な影がゆっくりと這い出してきた。
 しかし全身に火傷を負い、傷を纏っているその姿から憔悴していることは明らかだ。

(;゚∋ )(くっ、許さんぞ貴様ら、一人残らずすり潰してやる!! といいたげな憤怒の形相)

从;゚∀从「ちぃ、どんだけタフなんだアイツはよ!」

(;><)「みんな下がっててください、もう一発蒸気王を……!!」

 2人が構える。情けないが説教しか出来ない以上、俺は2人を信じることしか出来ない。
 くそ、だが2人、特にハインは限界だ。せめてもう1人戦力があれば……。

爪'ー`)y‐「いや、下がってるのはお前達の方だ」

(;´ー`)「……は?」

115 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/03/29(火) 23:05:36.76 ID:mnFk9MKEO [38/51]
 その言葉に耳を疑ったのはハインとビロードも同じだろう。いや、何言ってんの? 君、戦えないんでしょ?

爪'ー`)y‐「高岡も若内も充分頑張った。そんで先生は最後に必要なんだろ?」

 なのに、何故からはさっきから君は動揺を一切見せないのだろうか。
 虚勢や見栄では無い、心からの余裕は何故なのだろうか。

爪'ー`)y‐「だったら、俺がやることやらないのは野暮ってなもんだよな」

 今、校内にいる中で最も無力なはずのその男は、「相棒」と呼ぶギターをしっかりと携え、前へと歩み出た。

爪'ー`)y‐「さぁ、小鳥遊よ。満身創痍のとこ悪いが、俺の歌を聞いてもらうぜ」ジャカジャン

 再弱の歌い手、狐ヶ崎フォックスはタバコチョコをカッコよく噛み砕き、決めゼリフらしく言葉を吐いた。
 うん、色々総合した結果、やっぱり全体的に信用出来ない。

118 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/03/29(火) 23:10:46.33 ID:mnFk9MKEO [39/51]
从;゚∀从「いやいやいやいやいやいやいやおいおいおいおいいおいおいおいおいおい!!
     え、やる気なの!? お前歌うことしか出来ないのにやる気なの!?」

爪'ー`)y‐「歌うことしか出来ないからこそ、歌わなきゃなんねえのさ。わかるな? 若内よ」

(;><)「わかんないんです! 僕に話題を振る意味もわかんないんです!」

爪'ー`)y‐「あ、先生はちゃんと見せ場の準備をしておけよな。お膳立ては任せとけ」

(;´ー`)「すげぇグイグイ話進めるよコイツ! カッコいいけどカッコわりぃよ!」

 ホントなんなんだろこの子。よし、通知表には「人の話を聞きません」って書いとこう。親と要相談だ。

(;゚∋ )(ぐっ……遊んでる暇があるなら行かせてもらうぞ! みたいな突進)

 グダグダな展開に業を煮やしたのだろう、クックルは力任せの突進を仕掛けてきた。こちらとしてもなんかゴメン。

爪'ー`)y‐「高岡、少しでいいから足止めしてくれ。大丈夫、上手くやるさ」

从;゚∀从「えー……もうわかった、好きにやれ馬鹿!! 《重力±》!」ブォン

122 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/03/29(火) 23:14:03.16 ID:mnFk9MKEO [40/51]
(;゚∋ )(ぐっ……またこれか、しつこい! と言わんばかりの抵抗)ビタン

 ハインが押さえてくれているが、さっき覚えられただけにあまり長くは持たないだろう。
 そんな中、あのバカハードボイルドに何が出来るというのか。何をするつもりなのか。
 ギターのチューニングを終えたフォックスは、必死で重力に抗うクックルのすぐそばまで進んだ。

(;´ー`)「ちょ、そんなに近いと危ネーヨ……」

爪'ー`)y‐「音楽ってのは、聴かせたい奴に直に聴かせないと意味ねえんだ……知ってるだろ?」

 シラネーヨ。意味もわかんネーヨ。

爪'ー`)y‐「さぁ、小鳥遊。暴れんのもここまでだ、『歌の力』に酔いしれな」

 もう好きなようにやっちゃってください。そして満足したらどっか行ってください。

爪'ー`)y‐「曲目は沢田知加子で『会いたい』。」ジャカジャーン

 なんでだぁぁぁぁぁぁぁぁっ!! なんでその選曲なんだぁぁぁぁぁっ!!!

126 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/03/29(火) 23:18:17.14 ID:mnFk9MKEO [41/51]
爪'ー`)「ビルが見える教室で~♪ 2人、机を並べて~♪」ジャカジャジャン

(;゚∋ )「……!?」

 クックルさん困惑中。だよね、マジバトルの佳境でまさかの沢田知加子だもんね。
 でもね、一番困惑してんのは俺達だよ? だってマジで普通に上手い歌なんだもん。
 特殊能力とか無い、普通に上手いギターアレンジ聴かされてんだもん。さっきのビロードの決意とかなんだったんだよ。

爪'ー`)「半分笑~って~、半分~真顔で~♪ 抱~き~寄~せ~た~♪」ジャンジャンジャンジャンジャン

( ´ー`)

从 ゚∀从

( ><)

 うん、呆れて真顔にもなるわな。全部真顔にもなるわな。
 やっべ、これ歌い終わったらハインがフォックスぺちゃんこにすんじゃね? どうしよう、多分止めない。

爪'ー`)「あなた~♪ 夢~の~よ~うに~♪ 死んでしまったの~♪」ジャッジャッジャッジャッジャッジャッジャッ

( ゚∋ )

 ほらほら、クックルさんも重力に抗うのやめて真顔になっちゃったよ……。

( ;∋ )

 ん!?

131 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/03/29(火) 23:22:37.05 ID:mnFk9MKEO [42/51]
爪'ー`)「今年も~♪ 海~へ行くって~♪」

( ;∋;)(行きたいって言ってただろ! あの海の家のカスカスな焼きそば食おうって言ってただろ! と物語る大粒の涙)

爪'ー`)「いっぱい~♪ 映画も見るって~♪」

( ;∋;)(見たいよ、またお前と『ターミナル』みたいよ! なぁ! と訴える号泣)

爪'ー`)「約束したじゃない♪ あなた~約束したじゃない~♪」

( ;∋;)(なんで死んじまったんだよ、なんで死ぬ間際あんなに笑顔だったんだよ!
      お前以上の女なんて見つけらんねえよ、なぁ、帰ってきてくれよ! と感じさせる嗚咽)

爪'ー`)「会い~たい~♪」

( ;∋;)(うわぁぁぁぁぁっぁぁぁぁぁっぁぁぁぁぁっ!!! 会いてぇよぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉっ!!!
      帰ってきてくれよぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉっ!!! と言った感じのむせび泣き)



( ´ー`)

从 ゚∀从

( ><)

135 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/03/29(火) 23:26:58.74 ID:mnFk9MKEO [43/51]
( ;∋;)

 その巨躯を震わせて号泣するゴリマッチョ。

爪'ー`)

 猛烈なしたり顔で「会いたい」のアウトロを弾くナルシスト。

( ´ー`)

从 ゚∀从

( ><)

 その様子を冷めた表情で見つめるオッサンとヤンキーとショタ。何これ、新手のワンダーランド?

爪'ー`)y‐「さぁ先生、今だ。奴は今戦いどころじゃねぇ、なんかやるなら今のうちだぜ?」

(;´ー`)「あ……うん……」

 いや、待ってよ、意味を教えろ意味を。どーゆーこっちゃねん、なんでアイツ泣いてんねん。
 何これ、モヤモヤするわー。どうしよ、このモヤモヤどうしよー。よーし、決めたー。

( #´ー`)「とりあえずこの心のモヤモヤも含めてお前に言いたいことがあるぞクックルゥゥゥッ!!」

(;゚∋;)「!?」


138 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/03/29(火) 23:31:26.64 ID:mnFk9MKEO [44/51]
 えー、その前に先生皆さんに反省がありまーす!
 先生、内藤と鬱田に説教する時、だいぶ容姿攻撃に重点置いちゃいました!すいませんでした!
 ということで今回は怒りに任せつつ、ちゃんとした生徒指導を心掛けたいと思います!よろしくお願いしまーす!

( #´ー`)「まず第一に、なんで裸なんだお前!! 筋肉ひけらかしたいならジムに行け!!
      学校で上半身裸になっていいのは水泳時と文化祭でテンション上がった時だけじゃぁぁぁぁぁっ!!」

(;゚∋゚)(い、いやでもデカくなったから服が破れちゃって……、といいたげなうろたえ)

( #´ー`)「ていうか喋れやぁぁぁぁぁっ!! 何だいいたげとか雰囲気とか!
      言いたいことがあるなら口で言え! 喋ることが出来るんだから!」

(;゚∋゚)(で、でもキャラとかあるし……、と伝えたい素振り)

( #´ー`)「わからんわからん、何も言わないからわからん!!
      大体お前その風貌で充分キャラ強いんだよ、マッチョでクチバシキャラが無口まで欲張るな!!」

(;゚∋゚)「す、すいません……」

从;゚∀从「喋った!! 普通に喋った!!」

143 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/03/29(火) 23:35:48.15 ID:mnFk9MKEO [45/51]
( #´ー`)「つーかお前、強くなりたいのはいいよ!? でもそれを女子やショタにぶつけんじゃネーヨ!!
      男なら気は優しくて力持ちを目指せ! ドカベンになれドカベンに!」

(;゚∋゚)「いや……でも僕虚弱体質だったから……こうやってパワフルに暴れたくて……」

( #´ー`)「だからやるなら弱きを助け強きをくじけや!
      知ってるか!? やたらデカいパワーキャラは得てして主人公にはなれねぇんだヨ!!」

(;゚∋゚)「そんな!?」

( #´ー`)「大抵が自分より小さい相手にナメてかかってぶっ飛ばされんだヨ!!
      デカくて強面なら子供に優しいとかギャップがあって初めてカッコいいんだヨ!
      今のお前は力に酔ってるだけ! カッコ悪い!! 北斗の拳のザコキャラみたい!!」

(;゚∋゚)「や、やめろ! 僕は強くなったんだ、何もかもねじ伏せるパワーを……」

( #´ー`)「だからぁぁぁぁぁっ!!! 強くなりたいなら能力とかじゃなく、鍛えろ!! 成長期なんだから!!
      そんでその力はひけらかすんじゃなく、何か護るために使え!!
      そんなザンギエフみたいな風貌で強くなったと思ってんなら大間違いじゃぁぁぁぁぁっ!!!」

(; ∋ )「ぬがぁぁぁっ!! くっ……まだだ、まだ心折れんぞ……!!」

(;´ー`)「くっ、しぶといな……仕方ない、これは教師として言いたくなかったが……」

(; ∋゚)「な、なんだ! 何を言われても負けないぞ……!!」

144 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/03/29(火) 23:39:43.39 ID:mnFk9MKEO [46/51]




(;´ー`)「いや……お前がパンイチだから気づいたんだけど……」




( ´ー`)「お前股間に関しては元のサイズのままなのな」




( ゚∋゚)




( ∋ )ブバシャァァァ






151 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/03/29(火) 23:42:31.40 ID:mnFk9MKEO [47/51]
(、 ∋ )

 黒い煙を出して倒れた後、クックルの体は元のガリガリに戻った。ごめんなさい、本当にごめんなさい。

从*゚∀从「うわwwwwwホントだwwwwwちっせwwwちょっとパンツ下ろすわwwwww」

 ハインさん、笑いすぎ。乙女が股間指差して笑ってはいけません。
 ほら、そのパンツから手を下ろして。クックルの最後の尊厳は守って。
 俺がハインを止めようと悪戦苦闘していると、後ろからビロードが自信なさげに話しかけてきた。

(;><)「先生……あの……」

( ´ー`)「ちんぽっぽを止めるために協力してほしい、って感じか?」

(;><)「!! そ、そうです、殺しかけて何を今更かもしれませんが……」

( ´ー`)「安心しろ、最初からちんぽっぽは止めるつもりだヨ」
      それに、今回はお前がいなかったらやられてたわけだし」

(;><)「先生、それじゃ……」

( ´ー`)「……ハインと仲良くしろよ?」

( ><)「あ、ありがとうございます! 頑張るんです!」

155 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/03/29(火) 23:44:58.39 ID:mnFk9MKEO [48/51]
从#゚∀从「俺は反対っすよ! だってこいつ真っ先に先生を……」

( ´ー`)「仲良くしないと怒るぞ?」

从 ゚∀从「ビロード君、先生のために一生懸命頑張りましょうね?」

(;><)「なんか振り幅がデカいんです!」

 ビロードは不器用だ、騙して近寄るなんてことは出来ないだろう。つまり奴は本心で俺に助けを求めた。
 先生ってのは憎まれ商売だ、1回や2回反抗されたからってヘコんでいられない。
 ビロードは信頼出来る。この戦いを止めるための頼もしい仲間が、また増えた。

爪'ー`)y‐「フッ、これで万事一件落着だな……」

 ハインとビロードがわざとらしい和解を繰り広げていると、フォックスはくるりと後ろを向いて歩き出した。

(;´ー`)「あっ、待てフォックス、お前の能力って……」

爪'ー`)y‐「言ったろ? 『歌詞を100%聴き手に伝える』って」

159 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/03/29(火) 23:46:48.18 ID:mnFk9MKEO [49/51]
 ようやく意味が分かった。フォックスの能力は無力なんかじゃない。
 フォックスの歌声は狙った相手の心に直接響く。そして相手を歌詞の世界に引きずり込む。
 悲しい歌なら悲しい気分に、楽しい歌なら楽しい気分に。そして、争いを嫌う歌を歌えば、争いを止められる。

(;´ー`)「フォックス、お前も……」

爪'ー`)y‐「悪ぃな、俺はカナリアだから群れは苦手なんだ。」

(;´ー`)「ちょっと待て、確かにお前は戦いを止められるかもだが、戦闘能力無いことには変わりないだろ!?」

爪'ー`)y‐「安心しろ、そう簡単にはやられねぇよ。俺なりにやらせてもらうさ」

 じゃあな、と片手を挙げ、フォックスは去っていった。相棒のギターをご機嫌に慣らしながら。

 (;´ー`)「フォッ……」

从;゚∀从「あぁぁぁぁぁぁーーーーーっ!!!」

 俺の呼び止める声はハインの突然の絶叫に掻き消された。ちょっと待て、カッコよく締めさせてよ。

162 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/03/29(火) 23:48:11.18 ID:mnFk9MKEO [50/51]
(;´ー`)「!? ど、どうしたんだヨ!? 敵襲!? 空襲!?」

从;゚∀从「放送室!!」

 放送室? そう言えば俺達は放送室に用があったんだった。
 放送室はそこだよね、ほらクックルの後ろの、今ガレキの山になってる……。

(;´ー`)「あっれぇぇぇぇっ!? ガレキの山だぁぁぁぁぁっ!!」

(;><)「あ、やっべ僕が蒸気王でクックル君ぶち込んじまったんです!!」

从#゚∀从「よーしビロード顔貸せお前。大丈夫、ちょっと内臓取り出すだけだから」

(;><)「何一つ大丈夫じゃないんです! 大惨事なんです!!」

从#゚∀从「うるせぇぇぇぇっ!! よくも俺達の愛の巣をぉぉぉぉっ!!」

(;><)「キャァァァァッ!!」

(;´ー`)「なーかーよーくーしろってぇぇぇぇぇぇぇぇっ!!」

164 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/03/29(火) 23:50:01.99 ID:mnFk9MKEO [51/51]












(; ω )(; A )←ずっと放置されてる人達




第三話 END





( ´ー`)先生の戦う生徒指導のようです 第四話
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://eksr.blog115.fc2.com/tb.php/229-353d6a2e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。