スポンサーサイト --年--月--日 スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

( ^ω^)ハイスクール・ワンダーランドのようです ☆5(最終話) 2011年03月30日 ( ^ω^)ハイスクール・ワンダーランドのようです トラックバック:0コメント:0


4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/30(水) 19:46:06.66 ID:ACtHkVt30 [3/27]
―――テスト勉強は一人でやる派? みんなでやる派?

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/30(水) 19:47:27.32 ID:ACtHkVt30 [4/27]
☆放課後


( ^Д^)「さーて、勝負としゃれ込もうぜwww」

(´<_` )「後悔するなよ。泣いたって知らんぞ」

ζ(゚ー゚*ζ「ふふん。みんな自信家なんだから」

('A`)「豚共のニヤケ面も、あと五秒で歪むわけだ。ククッ」

川;゚ -゚)「くっ、これほどの覇気とは……」

ξ;゚⊿゚)ξ「……」

(#´_ゝ`)「行くぞ!!」

( ^ω^)「いっせーのーせ!」


6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/30(水) 19:49:43.84 ID:ACtHkVt30 [5/27]

いつの時代でも学生を悩ませるもの。それは、なんといっても試験である。
歓喜の声をあげるもの、絶望の悲鳴をあげるもの、反応はそれぞれだ。



( ^Д^)「やったああああああああああ! ブーンに勝ったぁぁぁぁぁぁ! プリン奢れよこの野郎wwwwwwww」

( ;ω;)「おおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお! 痛い出費だおおおおおおおお!」

( ^Д^)「ざまぁwwwwwwwww」

ξ゚⊿゚)ξ「へぇー、デレってばいつの間に勉強してたの。数学90点とか、私の倍はあるわよ」

ζ(゚ー゚*ζ「あはは。ボクだってやれば出来るんだから」

(´<_` )「ドクオは現文や古典が凄いな。ほぼ100点か」

('A`)「本の虫だからね。本領発揮さ。……ちょっと韻踏んだの分かった?」

( ^Д^)「俺が言おうとしてたのにwwww」

( ´_ゝ`)「クーにゃんはどうだった?」

川 ゚ -゚)「む……思ったより良くなかったな。勉強はきっちりやったつもりだったんだが」

( ´_ゝ`)「あー、そういうこともあるよな。次はちゃんと結果が出るといいね」

川;゚ -゚)「(セクハラ発言が無いだと……)」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/30(水) 19:53:27.54 ID:ACtHkVt30 [6/27]

ξ゚⊿゚)ξ「いやー、それにしてもみんな大したものね」

ξ;゚⊿゚)ξ「キャー! ブーンまでこんな点を取ってるなんて!」

ξ*゚⊿゚)ξ「プギャー君は社会が出来るんだ……意外だなぁ」

( ^Д^)「顔をころころと……アシュラマンかよwwww」

川 ゚ -゚)「うむ、まるで百面相だな」

( ^ω^)「そういえば、ツンはどうだったんだお」

ξ゚⊿゚)ξ「私? はい、これ結果だから見れば?」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/30(水) 19:55:45.89 ID:ACtHkVt30 [7/27]

( ^ω^)「どれどれ……」ペラペラ←ツンのテストを見ていく音

(;^ω^)「みんな、ちょっと見てくれお……」

川 ゚ -゚)「ん?」

(;'A`)「これは……」

ζ(゚、゚;ζ「うわぁ、×まみれ」

( ^Д^)「ネガティブハートにロックオンwwwwwwwww」

(*´_ゝ`)「オープンハートwwwwwwwwwww」

ξ*゚⊿゚)ξ「どーしたのよ、みんな! ほら、テストおわったし遊びに行くわよ!」

(´<_`;)「……うーん」

川;゚ -゚)「……とても言い難いことだがな、ツン、この点数だと……ダブるぞ」



ξ;゚⊿゚)ξ「な、な、なんですって――――――――ッ!」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/30(水) 19:58:03.34 ID:ACtHkVt30 [8/27]





◆ ◇ ◆ ◇ ◆  ( ^ω^) ハイスクール・ワンダーランドのようです  ◆ ◇ ◆ ◇ ◆













12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/30(水) 19:59:25.09 ID:ACtHkVt30 [9/27]

(;´_ゝ`)「英語28点、数学31点、政経7点……俺より惨たらしい」

(;^Д^)「『言葉が分からない絶望』『計算できない絶望』『暗記できない絶望』……わ、3つの絶望だぁ」

ξ゚⊿゚)ξ

ξ;゚⊿゚)ξ

ξ;^p^)ξ「あうあうあー4年目れしゅー」

(゚A゚)「うわあああああああ! ツンが壊れたあああああああ!」

(;゚ω゚)「ツン! 元に戻るんだお! こっちに帰ってくるお!」

ξ(゚p゚(☆⊂ζ(゚、゚*ζ「しっかりして!」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/30(水) 20:00:32.05 ID:ACtHkVt30 [10/27]

Σξ;゚⊿゚)ξ「ハッ……私ったら何を」

ζ(゚、゚;ζ「ほっ、気がついた」

(´<_`;)「ツンさん、まだ大丈夫だ。追試が残っている。そこできっちり高得点をたたき出せば赤点は消えるシステムだ」

( ^ω^)「やったお! これでかつる!」

('A`)「とはいえ、追試は明後日だからな。あまり時間が無い。とりあえずオレの家で勉強会だ」

( ^Д^)「いえーい! ゲームやろうぜwwww」

川;゚ -゚)「遊びに行くんじゃないんだぞ」

ξ;゚⊿゚)ξ「わ、私は用事があるからこのへんで帰るわ……」

ζ(゚ー゚*ζ「はーいダメダメー」

ζ(゚ー゚*ζつξ;゚⊿゚)ξズルズル「ちょ、デレ、引っ張らないでー!」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/30(水) 20:01:58.50 ID:ACtHkVt30 [11/27]
==ドクオ家==


('A`)「まず、状況を整理しよう。ツンの赤点は3つ。政経、数学、英語」

ξ;゚⊿゚)ξ「きゃああああああ! 赤点って嫌な響きぃぃぃぃぃ!」

ζ(゚ー゚;ζ「取ったのは姉さんじゃないか」

( ^Д^)「政経なら俺が教えてやるよ。98点の力を見せてやるぜ」

(´<_` )「英語は俺が微力ながら力を貸そう」

ζ(゚ー゚*ζ「数学は兄者君とボク、点数は同じくらいだったけど……」

(*´_ゝ`)「おっほっほっほっほ~wwwwwww」

(´<_` )「ダメだこりゃ。デレさんが教えた方がいい。このバカは勉強にかこつけてボディタッチとか平気でやらかすから」

(*´_ゝ`)「や、やるわけないじゃん。職務はきっちり遂行するぞ!」

ζ(゚、゚;ζ「顔に説得力が無い。しょうがないから、ボクが姉さんに教える事にするよ」

('A`)「さて、教授陣は決まった。……俺たちは何をしようか」

川 ゚ -゚)「お茶淹れて来ようか?」

('A`)「あっ、お願いしていいかな。こんなときに限ってカーチャンが居ないのは痛い」

( ´ω`)「ケーキ食べたかったお」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/30(水) 20:04:30.34 ID:ACtHkVt30 [12/27]

ξ;゚⊿゚)ξΦ,,「……」バリバリ

(´<_` )「とりあえず12ページまで。分かんない所があったら、いつでも聞いてくれ」

ξ゚⊿゚)ξΦ,,「うん」

・・・・・

・・・・・

川 ゚ -゚)「紅茶淹れてきたぞ」

(*´_ゝ`)「お茶菓子はフィナンシェがいいのだわ」

('A`)「家においてねーよ」

ξ*゚⊿゚)ξ「お茶が入ったことだし、休憩だー!」

ζ(゚、゚#ζ「ダメーッ! せめて弟者君に言われたページだけはやってから!」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/30(水) 20:06:11.64 ID:ACtHkVt30 [13/27]

ξ*゚⊿゚)ξ「休憩したら本気出すから」

ζ(゚ー゚*ζ「だめ。さもないと……兄者君お手製のクスリを飲ませるよ」

『媚薬』⊂( ´_ゝ`)つ『劇薬』

(;^ω^)「まさかのPOISON!」

(;'A`)「どう転んでも地獄!」

ζ(゚ー゚*ζ「どうするかい?」

ξ;゚⊿゚)ξ「はい……頑張ります」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/30(水) 20:07:19.16 ID:ACtHkVt30 [14/27]

( ^Д^)「ドクオー! ゲームやっていい?」

('A`)「ツンが勉強してるから、あんまりうるさくしないでね」

( ^Д^)「うっす。マリオやろーっと」

( ^ω^)「スーファミのやつか。僕は見てることにするお」

ポイーン ギョッギュ!! ペロン
ヒュウウウウウ

(#^Д^)「死んだああああああああああああああああああああああああ!!」

(#゚ω゚)「うわあああああああああああああああああああああああ!!」

(#゚A゚)「うるせええええええええええええええ!」

・・・・・

(#^Д^)「青ヨッシーがあああああああああああああああああああああああああああ!!」

(#゚ω゚)「NOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOO!!」

(´<_`#)「……静かにしろっつってんだろ」

(;^Д^)「……」

(;^ω^)「ごめんだお……」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/30(水) 20:09:13.71 ID:ACtHkVt30 [15/27]

ξ*゚ー゚)ξ「おわったー!」

(´<_` )「おっ、おっ、よし、殆どマルだ。英語はこれで大丈夫だな」

川 ゚ -゚)「これならいけそうだ。やったな、ツン」

ξ*゚⊿゚)ξ「ありがと! さ、休憩休憩。紅茶でも飲もうかしら」

ζ(゚ー゚*ζ「はい、姉さん。熱いから気をつけてね」

ξ*゚ー゚)ξ「……うーん、おいし。いい葉っぱ使ってるわぁ」

('A`)「オレ、何か甘いもの探してくるよ。クッキー缶があった気が……」

(´<_` )「いいっていいって、そんな気遣うな」

('A`)「せっかくみんないるんだ、食べてくれよ」

(*^ω^)「まったくー、しょうがないおねー、それなら貰ってあげるお」

(´<_` )「急に生き生きすんな」


21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/30(水) 20:12:10.83 ID:ACtHkVt30 [16/27]

ξ*゚⊿゚)ξ「エネルギー充填完了! 気合入れていくわよー!」

ζ(゚ー゚*ζ「ずいぶんやる気が出てるなぁ。今のうちにやっちゃおっか」

ξ*゚⊿゚)ξ「望む所よ!」

□⊂ζ(゚ー゚*ζ「じゃ、今回の試験範囲のプリント」ドサササッ

ξ;゚⊿゚)ξ「山積みとか、やっぱ帰る」

川;゚ -゚)「やる気無くなるの早い!」

ζ(゚ー゚*ζ「兄者くーん。もし数学のプリントが終らなかったら、姉さんの事、好きにしていいからね」

Σ(*´_ゝ`)ξ;゚⊿゚)ξ「嘘ォ!?」

ξ;゚⊿゚)ξΦ,,,,,「……」カリカリカリカリ

川;゚ -゚)「デレは強かだな」

ζ(゚ー゚*ζ「えー? ボクぜんぜんそんなじゃないよー」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/30(水) 20:14:14.51 ID:ACtHkVt30 [17/27]

('A`)「クッキーだよー。美味しい美味しいチョコクッキーだよー」

(*^ω^)「待ってましたおー!」

(#^Д^)「アブねーから飛び跳ねんな――――ッ!」

ξ;゚⊿゚)ξΦ,,,,,バリバリバリバリ

('A`)「あれ、ツンが飛びついてこない。チョコ嫌いだったっけ?」

ζ(゚ー゚*ζ「いや、そういうわけじゃなくて」

(´<_` )「プリント終わらなかったら、兄者に好き放題されるからな。そりゃ必死にもなる」

('A`)「……なるほど、それは、うん」

(;´_ゝ`)「そんなに嫌なの!?」

('A`)「ゴキブリが敷き詰められたゴキブリホイホイ並みに嫌だ」

Σ(;´_ゝ`)「なにそのランク!?」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/30(水) 20:15:25.99 ID:ACtHkVt30 [18/27]

ξ;゚⊿゚)ξ「デレー、この問題がわからないわ」

ζ(゚ー゚*ζ「んー、ここはね、こっちのXを代入するんだ。するとYの答えが出るから……」

ξ;゚⊿゚)ξ「つまりこういうこと?」

ζ(゚ー゚*ζ「せいかーい。よく出来ました」

ξ*゚⊿゚)ξ「えへへへ」

川 ゚ -゚)「これで数学も終わりか。あと一息だな」

( ^Д^)「やっと俺の出番か」

ξ;゚⊿゚)ξ「プギャー君、お願いします」

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/30(水) 20:16:45.30 ID:ACtHkVt30 [19/27]

・・・・・

・・・・・

ξ;゚⊿゚)ξ「……」ハラハラ

( ^Д^)「こんだけ出来りゃ上等だろ」

ξ゚⊿゚)ξ「と、いうことは……終わり!?」

( ^Д^)「運送屋がいいました『うん、そうや!』」

川 ゚ -゚)つ[七味]「な、な……なんで運送屋やねーん」

(; Д )「ぐわあああああああああああああ!! 目が、目がああああああああああああああああああ!」ゴロゴロゴロ

(;'A`)「え、えっ!?」

(´<_`;)「眼球に唐辛子はキツイな……」

(;´_ゝ`)「どうして七味がこんなところに……」

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/30(水) 20:20:15.77 ID:ACtHkVt30 [20/27]

(; Д )「ぎゃあああああああああああああああああ!」

川;゚ -゚)「初めてのツッコミに挑戦してみたが……どうか?」

(;^ω^)「な、なかなかいいんじゃないかお?」

(; Д )「しぬうううううううううううううううう!」

川*゚ -゚)「そうか。猛勉強した甲斐があった」

(; Д )「うわああああああああああああああああああああああ!」

ζ(゚、゚;ζ「七味なんてどうしたの?」

川*゚ -゚)「こんなこともあろうかと、常に携行していた」

(´<_`;)「用意周到だな」

(; Д )「眼球が火箸で抉られたみたいに熱いいいいいいいいいひひひひひひひwwwwwww」

(;'A`)「例えがグロい!」

(;´_ゝ`)「とうとう笑い出しちゃったよ……」

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/30(水) 20:22:10.37 ID:ACtHkVt30 [21/27]

(´<_` )「なんにせよ、これで終わりだな」

ξ*゚⊿゚)ξ「やったああああああああ!」

( ^ω^)「良かったおね。これで追試も安泰だお」

ξ*゚⊿゚)ξ「今日はみんなありがとう!」

川 ゚ -゚)「礼を言うのはまだ早い。追試に通ってからだな」

ξ*゚⊿゚)ξ「うん! 絶対合格するから!」

(´<_` )「帰るか」

('A`)「もう夜も遅いから、気をつけてね」

ズルズル(-p- )⊂( ´_ゝ`)「おらー、帰るぞプギャー」
     
ζ(゚ー゚;ζ「こら! 引きずらないの!」

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/30(水) 20:24:36.11 ID:ACtHkVt30 [22/27]
☆追試当日


ξ;゚⊿゚)ξ「ツン二等兵! 逝って来ます!」

ζ(゚ー゚*ζ「頑張って!」

(´<_` )「実力を出し切って来いよ」

川 ゚ -゚)「難しいかもしれないが、気負うな」

ξ*゚⊿゚)ξ「うん!」

( ^ω^)「無事終わったらラウンドワンでも行くかお?」

( ^Д^)「いいねいいねー。バスケでもやる?」

( ´_ゝ`)「俺バスケ苦手。別のやろう」

( ^ω^)「じゃあボーリングかお? これなら兄者でも出来るお!」

( ´_ゝ`)「ボーリングか。俺の実力を見せてやる」

( ^Д^)「ドーピングは無しなwww」

(;´_ゝ`)「えっ!?」

(;^ω^)「……えっ!?」

('A`)「……お前らはツンを応援しろよ」

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/30(水) 20:26:36.58 ID:ACtHkVt30 [23/27]
  _
( ゚∀゚)「はい、試験スタートー」

ξ;゚⊿゚)ξΦ,,,,「(うわー、やっぱり難しいわね)」

ξ;゚⊿゚)ξΦ,,,,「(でも、デレやクー、プギャー君たちみんなが協力してくれたもん、負けるわけにはいかないわ!)」

ξ;゚⊿゚)ξ「(あーうー……数学ムズイ……)」

ξ*゚⊿゚)ξ「(あっ、ここ教えてもらった所だ)」

ξ*゚⊿゚)ξ「(この問題も、あの問題も……!!)」

・・・・・

・・・・・
  _
( ゚∀゚)「試験エンドだー。おらー集めろー」

ξ;゚⊿゚)ξ「(終わったわ……)」

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/30(水) 20:27:20.10 ID:ACtHkVt30 [24/27]

ξ゚⊿゚)ξつガラガラ

ζ(゚ー゚*ζ「姉さん、追試はどうだった?」 

ξ゚ー゚)ξ「きっと大丈夫よ! みんなありがと!」

( ^Д^)「どーいたしましてえええええええ!」

(´<_` )「合格できてたらいいな」

( ^ω^)「よーし! ぜんぶ終わったことだし、ラウンドワンにレッツゴー!」

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/30(水) 20:30:46.08 ID:ACtHkVt30 [25/27]

⊂二( ^ω^)二⊃「フォオオオオオホホホホホホホ、ブ―――――ン!」

≡ξ゚⊿゚)ξ「わぁ―――!」

≡( ^Д^)「なろー! 俺も負けないぜー!」

≡( ´_ゝ`)「ノリと勢いで俺も走ります」

≡川 ゚ -゚)「スピードで私に勝てると思ったか、愚民共」

(´<_`;)「廊下は走るな。……ったく」

ζ(゚ー゚*ζ「ボクたちは、歩いていこっか」

('A`)「そうだな。着く前に疲れちゃうよ」

(´<_` )「ま、なんにせよ終わって良かった良かった」



その後、正式に合格を貰い、ツンは赤点を帳消しに。
ツンはみんなにお手製のマドレーヌを振舞ったようです。

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/03/30(水) 20:33:51.24 ID:ACtHkVt30 [26/27]
この話をもって、自分の処女作である、この作品は終了です
お目汚し失礼致しました

( ^Д^)「俺たちの学園生活はこれからだ!」
という事にして下さい


しばらくは短編を書いて力を付けて行こうと思います。短い間ですが、お付き合い頂きありがとうございました





スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://eksr.blog115.fc2.com/tb.php/231-ddc5545b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。