スポンサーサイト --年--月--日 スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(ヽ゚ω゚)ブーンが精神病になったようです 第六部 第三十九話 2011年04月04日 ( ^ω^)ブーンが精神病になったようです(ヽ゚ω゚) トラックバック:0コメント:0


490 : ◆OwJQwsENTI :2006/02/25(土) 21:52:00.24 ID:/T+FM2NU0
J( 'ー`)し(ここなんかよさそうね・・・)

母は超自動後退という大型ショップに入った

J( 'ー`)し(車のパーツとかっていっぱいあるのね)

母は広大な店内に並ぶ様々な種類の車用品を眺めながら、カウンターを探した

J( 'ー`)し(あ、あそこかしら)

J( 'ー`)し「すいません」

店員「はい、いらっしゃいませ!」

496 : ◆OwJQwsENTI :2006/02/25(土) 21:54:33.24 ID:/T+FM2NU0
J( 'ー`)し「車の査定をお願いしたいんですけど」

店員「かしこまりました
    本日、お乗りになられている車でよろしいでしょうか?」

J( 'ー`)し「いえ、私は免許持ってないので・・・」

店員「そうですか
    では、車はご自宅の方にありますか?」

J( 'ー`)し「はい」

店員「では、出張査定という形でお受けしたいと思いますが、いかがでしょうか?」

J( 'ー`)し「それでお願いします」

499 : ◆OwJQwsENTI :2006/02/25(土) 22:00:37.03 ID:/T+FM2NU0
店員「かしこまりました
    それではご連絡先をご記入して下さい」

店員が記入用紙をカウンターにだした

J( 'ー`)し「はい」

母は用紙に記入した

店員「ありがとうございます
    それでは、後日伺わせて頂きます」

J( 'ー`)し「お願いします」

504 : ◆OwJQwsENTI :2006/02/25(土) 22:08:10.67 ID:/T+FM2NU0
母は家に戻った
日は少し傾き始めていた

J( 'ー`)し「ふう・・・」

母は椅子に座って休む

J( 'ー`)し(疲れたわ・・・)

母はしばらくボーっとしていたが、ふと昨日のニュースのことを思い出した

J( 'ー`)し(そういえば事故の相手はまだ生きてるのかしら?)

もし死んでしまった場合、相手に損害賠償などを請求できるのかと心配になった



546 : ◆OwJQwsENTI :2006/02/25(土) 23:19:10.23 ID:/T+FM2NU0
J( 'ー`)し(そうだわ、仕事を探さないと・・・)

母は帰りに駅前の本屋で買った求人誌を開いた

J( 'ー`)し(学のない私にできる仕事といえば、何があるかしら?)

母は実に約20年ぶりに仕事に就くことになるのだ

なかなか条件にかなった求人情報は見つけられなかった

J( 'ー`)し(やっぱり、体力的に楽な仕事は経験者の募集ばかりね・・・
      事務といってもパソコンとかができるのが必須条件だし・・・
      年齢的に無理なものも多いわ・・・)

548 : ◆OwJQwsENTI :2006/02/25(土) 23:25:06.61 ID:/T+FM2NU0
雑誌を読んでいるうちに、いつの間にか日が暮れていた

ガチャッ!

玄関の開く音がした

( ^ω^)「ただいまだお!」

ブーンが学校から帰ってきたのだった

J( 'ー`)し「おかえり」

( ^ω^)「今日もクラブの練習でどろどろだお」

J( 'ー`)し「あ、ごめんなさい
      今日、お風呂沸いてないの・・・
      悪いけど、シャワーで我慢してくれる?」

( ^ω^)「わかったお」

ブーンは2階に上がっていった

549 : ◆OwJQwsENTI :2006/02/25(土) 23:28:39.72 ID:/T+FM2NU0
J( 'ー`)し(もうこんな時間・・・
      晩御飯をつくらなきゃ)

母はここ数日の忙しさに少し体が疲れている感じがした

J( 'ー`)し(あまり食欲がないわね・・・)

母はブーンの料理だけ作り、自分はインスタントラーメンで軽く済ませた

( ^ω^)「あれ?
      一人分しかご飯ないお」

J( 'ー`)し「ああ、私はもう頂いたから、ブーンのぶんだけよ
      冷めないうちに食べなさいね」

( ^ω^)「分かったお」

554 : ◆OwJQwsENTI :2006/02/25(土) 23:34:52.71 ID:/T+FM2NU0
母とブーンはテーブルに座って話した

J( 'ー`)し「ブーン、学校はどう?」

( ^ω^)「3年生になったら、受験勉強しないといけないお
      クラブも来年の夏までだお」

J( 'ー`)し「そっかー
      もうすぐ冬だもんね」

( ^ω^)「中学では夏までだけど、サッカーはこの先ずっと大学まで続けるつもりだお」

J( 'ー`)し「フフ
      ブーンはサッカー小僧だもんね」

( ^ω^)「サッカー楽しいお!」

556 : ◆OwJQwsENTI :2006/02/25(土) 23:39:13.88 ID:/T+FM2NU0
J( 'ー`)し「大学までだとあと10年以上サッカーできるわねー」

( ^ω^)「社会人になったら、仕事頑張ってカーチャンを楽させるお」

J( 'ー`)し「それは楽しみねー」

( ^ω^)「天国のトーチャンの為にも、勉強頑張って公認会計士になるお!」

ブーンは席を立ち、2階へあがっていった

しばらくして、ダイニングに戻ってきたブーンの手には高校受験の本があった

( ^ω^)「学校でもらったお
      公認会計士になるには、大学は商学系の学部に進むのがいいらしいお」

562 : ◆OwJQwsENTI :2006/02/25(土) 23:42:41.39 ID:/T+FM2NU0
J( 'ー`)し「そうなのー
      私は大学にいってないからよく分からないのよ」

( ^ω^)「何か経済とか勉強するのがいいらしいお」

J( 'ー`)し「経済かー
      難しいそうね
      カーチャンにはよく分からないわ」

( ^ω^)「僕jも分からないお」

J( 'ー`)し「フフ
      大学でいっぱい勉強しないとダメねー」

( ^ω^)「大学に行く為にも、いい高校にいけるように勉強するお」

J( 'ー`)し「そうだね
      頑張りなさい」

564 : ◆OwJQwsENTI :2006/02/25(土) 23:46:37.71 ID:/T+FM2NU0
J( 'ー`)し「その冊子には受験料や学費のことは書いているの?」

( ^ω^)「よく分からないからカーチャン読んでお」

ブーンは母に冊子を渡した

J( 'ー`)し「どれどれ」

母は冊子を受け取り、パラパラとめくった

J( 'ー`)し「お、書いてあるわね」

565 : ◆OwJQwsENTI :2006/02/25(土) 23:50:05.91 ID:/T+FM2NU0
母が内容を読むと、大学卒業までに学費は一人当たり約1000万円かかると書いてあった

J( 'ー`)し(こ、こんなにかかるの・・・)

母は金額の大きさに驚いた

( ^ω^)「ぬ?
      何か変なことでも書いてあるのかお?」

J( 'ー`)し「え?
      いえ、そんなことないよ」

J( 'ー`)し(困ったわ・・・
      これから先、こんなに沢山のお金を用意できるかしら・・・)

母は悩んだ

570 : ◆OwJQwsENTI :2006/02/26(日) 00:02:23.31 ID:qn6p16TR0
J( 'ー`)し(これだと、仮に主人の死亡保険を全く使わずに置いておいてトントンだわ
      生活費には全く回せないことになってしまう・・・)

母は二人の生活費は全て自分の働きで稼がねばならないことを悟った

J( 'ー`)し(今の生活を維持する為には、少なく見積もっても月30万円はかかることになってしまう・・・
      ローンや光熱費、税金などはできる限り切り詰めないと、とてもやっていけない・・・)

母は一日も早く身辺の整理を完了させて、自分も働き始める必要があることを痛感した

J( 'ー`)し(・・・のんびりしていられない)

その晩、母は深夜遅くまで求人誌や保険関係の本、ローン返済の方法が書かれた本などを読んだ

572 : ◆OwJQwsENTI :2006/02/26(日) 00:09:30.99 ID:qn6p16TR0
翌朝、母はブーンを学校に送り出した後、掃除や洗濯を済ませ、近所の本屋に向かった

J( 'ー`)し(いろいろと勉強しないと・・・)

母は生活費を切り詰める知恵や方法、賢く生活する為の知識を身につける必要があると思ったのだ

J( 'ー`)し(弁護士も探さないといけないし・・・)

事故の後処理も全然終わっていない

母はあまりのやることの多さに目を回した

本屋から戻ってくると、チャイムがなった

母が出ると、超自動後退から車の査定にやってきた者だった

店員「おはようございます
    それでは、さっそくお車を拝見させて頂きます!
    車検証などの書類を見せて頂けますか?」

J( 'ー`)し「よくわかりませんが、車の関係書類は全部このファイルに閉まってあります」

母は生前、父がまとめていた車関連の書類が詰まったファイルを店員に渡した

575 : ◆OwJQwsENTI :2006/02/26(日) 00:13:14.77 ID:qn6p16TR0
店員「わかりました
    それでは拝見致します」

店員は書類の中から車検証や自賠責保険証、任意保険証などを取り出し、じっと見つめた

J( 'ー`)し「どうでしょうか?」

店員「はい
    割と年式は新しいですね
    また、次の車検まで、まだ沢山残っています
    この分だと、割とよい査定価格が出せると思いますよ」

J( 'ー`)し「そうですか、よかった」

店員「それでは、お車の状態を見させて頂きますので、ガレージのほうに失礼します」

J( 'ー`)し「わかりました」

581 : ◆OwJQwsENTI :2006/02/26(日) 00:18:09.87 ID:qn6p16TR0
母は店員にガレージのほうを案内した

店員「きれいなお宅ですねー
    高かったんじゃないですか?」

店員は内藤家を眺めながら感心したように言う

J( 'ー`)し「ええ、まあ・・・
      こちらになります」

店員「ああ、このお車ですね
    では、少し調べさせて頂きます」

店員はボンネットを開け、中を覗いたり、タイヤハウスの奥をペンライトで覗いたりしながら、
ドアを開け、ダッシュボードやスイッチ類、ステアリングの状態、内装の状態などを確認していった

J( 'ー`)し(車の裏まで見るのね・・・)

母はしゃがんで車の底をペンライトで見ている店員を見ながら、そう思った

584 : ◆OwJQwsENTI :2006/02/26(日) 00:22:49.48 ID:qn6p16TR0
しばらくして、点検が終わったのか、店員は立ち上がり母の方に向かった

店員「状態は悪くないですね
    ご主人が丁寧にお手入れをされていたようです
    これだと、だいたい査定価格は約90万円ほどになります」

J( 'ー`)し「そうですか
      もうすこし上乗せして頂く事はできますか?」

母は少しでも沢山の金が欲しかった

店員「そうですねー
    では、一度お預かりして、もっと詳しく調べてみます
    うまくいけば100万ほどになると思いますよ」

店員は笑顔でそう言った

J( 'ー`)し「わかりました
      宜しくお願いします」

店員「了解しました
    では、車と書類をお預かりしますね」

店員はそういって、運転席に乗り、エンジンをかけ、車と共に内藤家を去っていった

592 : ◆OwJQwsENTI :2006/02/26(日) 00:26:38.51 ID:qn6p16TR0
J( 'ー`)し(これで、車のローンはなんとか完済できるわね)

母は月々の負担が少し減ることにほっと胸をなでおろした

J( 'ー`)し(でも、家のローンの方がはるかに大きいわ・・・)

家のローンはまだ数千万円残っていた

J( 'ー`)し(この家と土地を売ることになるかもしれない・・・)

母は贅沢な新しい一戸建てを捨て、近い将来、もっと安い住居に移ることになるかもしれないと考えた

597 : ◆OwJQwsENTI :2006/02/26(日) 00:31:05.65 ID:qn6p16TR0
時計を見ると時刻は午後の1時を回っていた

J( 'ー`)し(そういえば朝から何も食べていないわ・・・)

母はインスタントラーメンを作り、軽い食事を済ませた

J( 'ー`)し(今後は食費も切り詰めないと・・・)

ブーンは育ち盛りで、どうしても沢山の食事が必要になる
削れるのは自分の食事代だけなのだ

J( 'ー`)し(もっと安いスーパーを探さないといけないわ)

母は便利なので近所の大型スーパーを主に利用していたが、もっと安い所を探そうと決めた

J( 'ー`)し(少し疲れたわね)

母はそのままの格好でリビングのソファに横になった

J( 'ー`)し「ふう・・・」

母はいつしか眠っていた

602 : ◆OwJQwsENTI :2006/02/26(日) 00:36:12.83 ID:qn6p16TR0
ジリリリリン!

母は電話の呼び出し音で目が覚めた

J( 'ー`)し(いけない
      寝てしまったわ)

母は目ぼけた眼をこすり、電話に出た

J( 'ー`)し「もしもし?」

電話「内藤さんでしょうか?
    私、帝都会場のあさぴーですが」

電話の相手は先日、家に来た保険会社の主席アジャスターと名乗った男だった

J( 'ー`)し「ああ、先日はどうも
      何か?」

612 : ◆OwJQwsENTI :2006/02/26(日) 00:44:04.77 ID:qn6p16TR0
電話「実はですね、DQNさんが本日の昼頃に事故で亡くなりまして・・・」

J( 'ー`)し「え!?」

電話「事故はDQNさんの飲酒運転によるものと警察が発表しました
    DQNさんは死亡しましたが、業務上過失致死の容疑で今日書類送検されました
    で、当社とDQNさんの契約で、ご本人の重過失で死亡した場合は当社との契約が
    無効になるんですね」

J( 'ー`)し「それはどういうことですか!?」

電話「ですので、規則で当社からDQNさんの代わりに保険金をお出しすることができなくなるのです」

J( 'ー`)し「そんな!」

電話「これは契約上取り決められたことですので、その点をお伝えする為にご連絡を差し上げました」

J( 'ー`)し「じゃあ、主人の損害賠償などは誰に請求したらいいんですか!?」

電話「こういった場合ですとDQNさんのご遺族の方に請求して頂く事になります
    今から、DQNさんのご連絡先等を記載した書類を送りますので、そちらを参照して下さい」

J( 'ー`)し「そうですか・・・」

電話「それでは失礼致します」

そう言って、電話はきれた

622 : ◆OwJQwsENTI :2006/02/26(日) 00:53:22.33 ID:qn6p16TR0
母はテレビで流れたニュースを思い出した

J( 'ー`)し(確か相手は孤児で身内がいないと言っていたような気がするわ・・・
      となると、請求先がなくなったことになるのでは・・・)

母はこの時点で父の事故の損害賠償は事実上請求できなくなったことを悟った

J( 'ー`)し(アナタ・・・
      アナタの仇が取れなくて無念です・・・)

母は父の顔を思い浮かべて、目に涙を浮かべた

J( 'ー`)し(現実とは何て非常で残酷なんだろう・・・)

627 : ◆OwJQwsENTI :2006/02/26(日) 00:56:46.38 ID:qn6p16TR0
母は精神的なショックでしばらくソファーに座ったまま動けなかった

ガチャッ!

ブーンが帰ってきた

( ^ω^)「ただいまだお」

J( 'ー`)し「・・・ああ、おかえり」

( ^ω^)「お?
      カーチャンしんどそうだお
      大丈夫かお?」

J( 'ー`)し「いえ、大丈夫だよ」

( ^ω^)「そうかお・・・」

636 : ◆OwJQwsENTI :2006/02/26(日) 01:10:09.88 ID:qn6p16TR0
J( 'ー`)し「ごめんなさい
      今日もお風呂沸かしてないの・・・」

( ^ω^)「わかったお
     別にお風呂入らなくても平気だお」

ブーンはいつものように2階へ上がっていった

ブーンの後姿を見ながら、母はつぶやいた

J( 'ー`)し「アナタ・・・
      どうか私達を守って下さい」





(ヽ゚ω゚)ブーンが精神病になったようです 第六部 第四十話
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://eksr.blog115.fc2.com/tb.php/253-3b011bf8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。