スポンサーサイト --年--月--日 スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

( ´ー`)先生の戦う生徒指導のようです 第五話 2011年04月05日 ( ´ー`)先生の戦う生徒指導のようです トラックバック:0コメント:0


5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/04/04(月) 20:32:09.63 ID:lyCRkv7xO [1/57]
>>1
ありがとうございます!

この作品は厨二バトルの皮を被った説教ギャグなのですが、
今回はハインがメインのため説教はありません

ゆっくりまったり投下していきます

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/04/04(月) 20:35:05.93 ID:lyCRkv7xO [2/57]
( ><)<あらすじ&人物紹介

ざっくりあらすじ:厨二病患者達が能力ゲットしてのてんやわんやを先生が説教で止めるのさ。

( ´ー`):先生。説教で厨二への依存を断ち切ると能力を消せる。嫁が美人。

从 ゚∀从:前世ヤンキー。重力を強めたり弱めたり出来る。仲間。熱血純情。

( ><):草食系ショタ。色んな兵器を自由に操れる。仲間。絵がうまい。

爪'ー`)y‐:ハードボイルドショタ。歌で人の心を揺さぶれる。単独行動。

(*‘ω‘ *):迫力の無いボスキャラ。人を洗脳出来る。敵。みかん大好き。

('、`*川(-_-)|゚ノ ^∀^)ミ,,゚Д゚彡(゚、゚トソン<ヽ`∀´>( ・∀・)lw´‐ _‐ノv:その他めぼしい皆様

作者:最近経済アナリストの金子さんの物真似を覚えた。
   ずっと「購買部」って書いてたけど中学校は給食なんじゃねえかと今更気付いた。
   そういう学校ということで勘弁してください。

( ><)「知らないんです!」

ありがたきまとめ様方

http://boonsoldier.web.fc2.com/sidou.htm

http://eksr.blog115.fc2.com/blog-entry-215.html

http://xn--hckwcp3c2c5ce5k.com/%e3%80%80%c2%b4%e3%83%bc%ef%bd%80%e5%85%88%e7%94%9f%e3%81%ae%e6%88%a6%e3%81%86%e7%94%9f%e5%be%92%e6%8c%87%e5%b0%8e%e3%81%ae%e3%82%88%e3%81%86%e3%81%a7%e3%81%99

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/04/04(月) 20:38:49.19 ID:lyCRkv7xO [3/57]

-何か暗い感じの部屋-

(-_-)「……ペニサスさん、遅いですね……」

ミ,,゚Д゚彡「買い出しにどんだけ掛かってんだアイツ」

|゚ノ ^∀^)「もしかして、交戦でもしていらっしゃるのでしょうか」

(-_-)「かもしれませんね……僕が見に行きましょうか?」

ミ,,゚Д゚彡「要らねえよ、お前はその心配性を治せ」

(-_-)「しかし……」

「問題ない……交戦していたとして、ペニサスが負けるわけないのだからな……」

|゚ノ ^∀^)「あっ、《指揮帝》!」

「ペニサスの心配すること自体が野暮というものだ……何故ならペニサスは……」

(*‘ω‘ *)「四天王最強だからっぽ!!」

(;-_-)(……何なんだこのボスは……)

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/04/04(月) 20:42:00.90 ID:lyCRkv7xO [4/57]





( ´ー`)先生の戦う生徒指導のようです



第五話  「女子暴走症候群」







12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/04/04(月) 20:45:50.51 ID:lyCRkv7xO [5/57]

-保健室-

从 ゚∀从「はい先生、沁みますけど我慢して下さいねー」チョン

(;´ー`)「ぬぉう!! 畜生、真の敵は消毒液だったのか!!」

(;><)「やだこれ見てるだけで痛々しいんです!!」

 あの4バカとの戦いのあと、俺達は先生の傷の治療のために保健室に来ていた。
 あ、ちなみに今回の地の文は俺ことハインちゃんな!
 先生から直々に戴いたメイン回だ! 俺がヒロインだ! ガンダムじゃねぇぞ、ヒロインだ!!

从 ゚∀从(それにしても、先生の上半身裸を見れるなんて……)

从*゚∀从ジュルリ

(;´ー`)「うおっ!? 何か垂れたぞ、消毒液とは違う質感の何かが垂れたぞ!?」

从;゚∀从「え、あ、特効薬です!! 愛の! 俺産の愛の特効薬です!!」

(;><)(全て見ていたけどここで僕は空気を読むんです!!)

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/04/04(月) 20:49:03.82 ID:lyCRkv7xO [6/57]
从#゚∀从(それにしても、モララーの野郎……!!)

 今思い出しても腹が立つ。あのナル野郎、先生に不意打ちして地味顔呼ばわりした挙げ句傷までつけやがって。
 先生は地味なんじゃねぇよ、自己主張の少ない奥ゆかしい顔面なんだよ!

( ´ー`)「あれ? なんか褒められてるようで褒められてない気がしたんだけど?」

从 ゚∀从「気のせいっす」

 まぁ、とにもかくにもモララーにはムカつく。だが、それ以上にムカつく物が1つ。

从 ゚∀从(俺がもっと強ければ……先生に傷なんて付けさせなかったのに……)

 あの戦いで、俺は何も出来なかった。
 正確には俺が何をしても、ニダーは何もなかったように俺の前に立ちふさがった。「嘘」みたいに。
 なんだアイツ、カマセの代名詞みたいな顔してるくせに。なんで地味に強いんだアイツ。

从 ゚∀从「先生……俺、強くなりたいっす。モララーからもニダーからも、誰からも先生を守れるように。」

( ´ー`)「……ハイン……」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/04/04(月) 20:52:57.36 ID:lyCRkv7xO [7/57]



「力が欲しいか?」

从;゚∀从「!?」

「力が欲しいなら……」



「くれてやる!!」










( ><)「あ、一度言ってみたかっただけなんです」

从 ゚∀从「よし、それじゃお返しにお前に正拳一発くれてやる」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/04/04(月) 20:56:30.66 ID:lyCRkv7xO [8/57]
(#);><)「うぅ……ちょっとしたお茶目心の代償として鼻血垂れ流すことになろうとは思わなかったんです」

从#゚∀从「鼻骨持ってかなかった分有り難いと思えやこんにゃろう」

(;´ー`)「とりあえず負傷者を増やすな!!」

 畜生、一瞬覚醒イベントかと思ったじゃねぇか。ビロード貴様調子こいてきやがったな。
 鼻血で済むなら安いだろうが、ていうかお前鼻どこにあるんだ。

(;´ー`)「ま、まぁ、そんなに気に病むことはネーヨ?
      今回は俺が好きでやったことだし、お前達には充分助けて貰ってるヨ」

从 ゚∀从「先生……」

 先生は優しい。でも、俺はそれじゃ満足出来ないんだ。
 あの時もそうだ、俺がまだ男装の騎士ジェノスで先生がベルモット様だった時代。
 俺が桃園で大臣の刺客の不意打ちに気付いていれば薔薇園でベルモット様を護りきれないなんてことは……。

从 ;∀从「うわぁぁぁぁぁっ!! 申し訳ございませんベルモット様ぁぁぁぁぁっ!!」

(;´ー`)「!? 誰!? 例の前世とやらの話!?」

从 ;∀从「俺が悪徳大臣プニャピッピの企みに気付いていれば、
     ベルモット様は死ぬことなく妹様の結婚式に参加出来たのにぃぃぃぃぃ!!!」

(;´ー`)「どんなストーリーなんだヨ!? てか悪徳大臣の名前可愛いな!?」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/04/04(月) 21:00:10.94 ID:lyCRkv7xO [9/57]
从;゚∀从「ふぅ、すいません……ちょくちょく前世が溢れ出してしまう……」

(;´ー`)「うん、頼むから沈めといてくれヨ前世」

(;><)(悪徳大臣プニャピッピにだいぶ興味が湧くんです)

 しまったしまった、油断してるとつい前世の記憶が滲み出てしまう。発作みたいなもんだなこりゃ。

 それはそれとして強くなりたいということは事実だ。俺はまだまだ弱い。
 何より、技のバリエーションが少ない。重力を下げて跳ぶか、重力を上げて敵やその攻撃を潰す。その2パターンのみ。
 俺はバカだから技を考えるのには向いていない。
 でも、編み出さなければならない。この戦いを勝ち抜き、先生を守るための新しい《重力±》を。

从 ゚∀从(そのためにはまず……)

从 ゚∀从(……)

从 ゚∀从「ビロード、パン買ってこいや」

(;><)「何故!?」

 うん、何故って腹減ったからだよ。世界一シンプルな欲望だよ。

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/04/04(月) 21:04:06.49 ID:lyCRkv7xO [10/57]
(;´ー`)「いやハイン、この状況下で食事って……」

从 ゚∀从「でも先生、もう昼っすよ? これからずっと空腹で戦うのはキツいでしょう」

(;´ー`)「うーん……」

从 ゚∀从「食事は大切なんすよ。そう、領内で飢饉が起き、沢山の民が空腹で苦しんだ時のように……」

(;´ー`)「また前世!? 前世エンカウント率高ーヨ!」

从 ;∀从「その時先生は、ベルモット様は自分の数少ない食糧も民に与えて……。
     ああぁぁぁぁぁ何か食べてくださいベルモット様ぁぁぁぁぁっ!!」

(;´ー`)「怖いよ怖いよー!! わかったから、食事するから!」

从 ゚∀从「という訳でビロード、俺には焼きそばパンな。レーズンパン買ってきたら恥骨折るから」

(;><)「落ち着くスピードが格段に上がっているんです!!」

从 ゚∀从+「どうだ、これが進化する女、ハインリッヒ高岡の真骨頂だ!」

(;´ー`)「ていうかまず取り乱さないで欲しいんだけど!?」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/04/04(月) 21:08:01.38 ID:lyCRkv7xO [11/57]
(;><)「うぅ……でも僕がパシリというのは嫌なんです!! 高岡さん、じゃんけんで勝負なんです!」

从 ゚∀从「なんだと? 貴様、まさか革命を起こす気か」ユラァリ

( ><)「傲った貴族が怒れる農民の鉄槌を食らう時が来たんです!!」シャキーン

(;´ー`)「なんでビロードも乗ってんだヨ!? あ、そういやこの子も厨二だった!」

 ふっ、ビロード如きがこの俺に『じゃんけん(トリプルウェポンズコロシアム)』で挑もうとは笑わせるわ。
 俺には『腕をクロスさせて手の間から覗き込むヤツ(イノセントギャンブル)』があるんだ、貴様に負ける道理は無い!!

从#゚∀从「行くぜ!! 最初は……」

从#゚∀从「グゥゥゥゥゥゥッ!!!」(><# )ドゴッシャァァァァァ

(;´ー`)「何なんだこの無駄な熱さは!?」

从#゚∀从「じゃぁぁぁぁぁんけぇぇぇぇぇん……!!」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/04/04(月) 21:13:07.21 ID:lyCRkv7xO [12/57]









从#゚∀从⊃「ぽぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉん!!!!」ドグワッシャァァァァァァァァァァ⊂(>< #)

(;´ー`)「じゃんけんだよね!?
      この一連のムダに迫力のあるやりとりただのじゃんけんだよねぇぇぇぇぇっ!?」










22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/04/04(月) 21:17:07.51 ID:lyCRkv7xO [13/57]





(;´ー`)「お、俺はなんでもいいから……」

( ><)「僕はレーズンパンなんです!! 敗者はさっさとよろしくなんです!」

从#゚∀从「くっ、まさか俺がレーズンパン信者に敗北を喫するとは……!!
     ブドウを干すなんて禁忌に手を出した輩なんぞに……!!」

 いや、ホントなんでレーズンなんて作るの?
 ブドウはブドウでいいじゃん。それをなんで干すかね。意味がわからん。マジで。

( ><)「炭水化物に炭水化物を挟むなんていう邪教徒に負けるわけが無いんです!!」

从#゚∀从「あ? てめぇ焼きそばパンさんディスってんのか?」

(;´ー`)「だからよくわかんない喧嘩をすんなヨ!! 何この確執!」

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/04/04(月) 21:21:17.67 ID:lyCRkv7xO [14/57]
(;´ー`)「あ、あとハイン、ムリはするなヨ?
      ただでさえ四天王の1人が彷徨いてるかもしれないんだから」

 あぁ、自分も傷を負っているというのになんとお優しい……。
 おっといけねぇ、また愛の特効薬が溢れ出ちまう。

( ><)「先生は僕がちゃんと守るんです!! 安心してパシってくるがいいです!!」

 てめぇホント調子に乗り出したな。

从 ゚∀从「大丈夫、すぐに戻りますから先生は安静にして傷を治してください。
     ビロードてめぇ、帰ってきたら腹に穴空けるからな」

(;><)「ばぬぅ!」

从 ゚∀从「……あと……」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/04/04(月) 21:25:48.93 ID:lyCRkv7xO [15/57]
从 ゚∀从「……先生を、頼むぞ」

( ><)「!! は、はいなんです!!」

 正直まだ俺はコイツを許してはいない。
 ただ、今のコイツが『仲間』だということはわかる。
 そして、『仲間』ならば信頼すべきだということもわかる。俺はバカだが、無駄に意地を張り続けるほどバカじゃない。
 先生を守るのは俺の指定席だが、今だけは貸しといてやるよ。高くつくがな!

≡≡≡≡≡从#゚∀从「そうと決まれば行ってきまぁぁぁぁぁす!!」

(;><)「何か良からぬ原動力がありそうなほど異常に速いんです!!」

(;´ー`)「い、行ってらっしゃーい!!」

(;><)「うーん……でも本当に1人で行かせて大丈夫なんでしょうか」

(;´ー`)「ま、まぁ大丈夫だろ……」

( ´ー`)「俺は、アイツを信じてる」

(;><)(さてはこの人天然タラシなんです)

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/04/04(月) 21:30:00.17 ID:lyCRkv7xO [16/57]
 保健室から食堂まではそこそこ距離がある。とはいえ、俺の足なら往復で5分もかからない。

(・∀ ・)「あ、高岡! お前未洗脳者だな、止まれ!! 今すぐ俺の『念動力(サイコキネシス)』で……!!」

 だが、勿論その距離の間には敵が現れたりする。
 だが、俺にこんな絶妙なアンバランスフェイスに構ってる時間はない。

 と、言うわけでして。

从#゚∀从「《重力±》、ハイジャンプ!!」ピョーン

(・∀ ・)

≡≡≡≡从#゚∀从「お前みたいなもん飛び越えた方が速ぇんだよぉぉぉぉぉっ!!」

(・∀ ・)

(・∀ ・)「あれれ~? まさかまさかのスルーだよぉ~?」

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/04/04(月) 21:33:41.42 ID:lyCRkv7xO [17/57]
≡≡≡≡从#゚∀从「うおぉぉぉぉぉっ、目指すは食堂のみぃぃぃぃぃっ!!」

(・∀ ・)

(・∀ ・)「やっべ、追いつけねえや」

(・∀ ・)

(・∀ ・)

(・∀ ・)「ザコなのは自覚してたけどせめて構ってほしかったぜ!!」

(・∀ ・)「そして俺の顔はこれで正面だから表現しづらすぎるぜ!!」

(・∀ ・)「あ、どうも斉藤またんきと言います」

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/04/04(月) 21:36:56.69 ID:lyCRkv7xO [18/57]
-食堂-

从;゚∀从「ハァ、ハァ……着いた……」

 とりあえず全力でダッシュした結果2分も立たずに到着することが出来た。
 だがペース配分間違えた。超しんどい。ハインリッヒ高岡の正直しんどい。
 もしも今ちんぽっぽの駒、あるいは四天王が来でもしたら逃げ切れないし、戦っても長くは保たない。

从;゚∀从「ヤベェなぁ……とりあえずちんぽっぽに洗脳された奴が来なけりゃいいが……」

('、`*川「私洗脳されてるけど呼んだ?」

从 ゚∀从  ('、`*川

从 ゚∀从  ('、`*川

从゚∀ノ从  川*'・`*川

从 ゚∀从  ('、`*川

('、`*川「ちょっと待て、私の正面のクオリティが酷すぎね?」

从;゚∀从「知らねーよ!!」

-保健室-

(;´ー`) ビクッ

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/04/04(月) 21:40:38.43 ID:lyCRkv7xO [19/57]
('、`*川「しばらくぶりね猿女、生憎バナナは食堂では取り扱ってないわよ?」

从#゚∀从「余計なお世話な牛女!
     てめぇこそそのムダな胸肉、食用に買い取ってもらいにでも来たか!?」

 ペニサス伊藤。正直言って、俺はコイツが大嫌いだ。
 何かにつけて大人の女ぶって、俺のことを猿女だなんだとつっかかってくる。
 そのくせ自分も厨二のくせに他人の厨二妄想は「ガキねぇ」とあしらいやがる。
 お前同い年だろうが、てかお前3月29日生まれだからクラスで一番ガキだろうが。

 なのに、なんで13歳のくせに身長170センチ越えで、
 んでもってなんであんなに胸デケェんだよ!! お前マジで中2か!?
 フェロモンバランスどうなってんだよ、そんなダイナマイトバディで厨二設定ノートに書き殴んなよ!!
 え、俺? 俺は年相応だよ、普通普通。何だお前ら何ニヤニヤしてんだ喉仏ちぎるぞ。

 だから俺はアイツが嫌いだ。一言喋ると喧嘩になるし、アイツと並ぶと俺が必要以上に貧乳に見える。
 いや、だから俺は普通だって言ってんだろ。一般的な中2の胸だよ、おいお前ら殴るからこっち来い。

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/04/04(月) 21:43:48.31 ID:lyCRkv7xO [20/57]
 でも、それらは全て要素の1つだ。
 俺が何よりも気に入らないことは、どうしようもないところにある。

('、`*川「全く……アンタはガキの頃から全く変わってないわねぇ……いや、最近電波に目覚めたか」

从#゚∀从「電波じゃねぇよ、記憶が蘇ったんだよ!! そこ重要だかんな!?」

 コイツと俺が、物心付いた時からの幼なじみだということだ。

 家も歩いて13歩のド近所、通ってた幼稚園、小学校、そして中学も同じ。
 まさしく完全な腐れ縁だ。納豆以上の腐りようだ。ゾンビ縁と名付けよう。

 まだガキの頃はお互い近所のよしみで一緒に遊んだりしたが、小学校に入ったあたりで完全に性格の不一致が判明した。
 急に身長とかグーンと伸びたからコイツの周りの時空だけ歪んでんじゃねぇかとか思ったりした。

 しかも幼なじみという要らぬ関係性のせいで俺はやたらコイツの比べられる。
 やれペニサスちゃんみたいに大人になれだの、やれペニサスちゃんみたいに勉強しろだの。
 コイツと一緒にいると、俺は劣等感しか覚えない。

 だから俺はコイツが大嫌いだ、ガチで大嫌いだ。

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/04/04(月) 21:46:44.79 ID:lyCRkv7xO [21/57]
从;゚∀从「それより伊藤、お前洗脳されてるって……」

('、`*川「あぁ、そうよ? ほらこれ」

 そう言いながら伊藤はそのやたら長い腕に刻まれた「洗脳中」の文字を見せた。
 うわ、マジだよ。ていうか洗脳されてるのにノリ軽いな、そういうもんなん?

('、`*川「ウチの『指揮帝』もセンス無いわよねぇ、まぁ逆らえないから別にいいけど」

从 ゚∀从「なるほどな……どうする? 俺を捕まえるか?」

 だったら願ったり叶ったりだと内心呟きながら、俺は構えた。
 疲れてるとはいえ、コイツとガチでやり合えるいい機会だ。
 だが俺の挑発に対して、伊藤はフゥと溜め息を吐いた。ちぃ、大人っぽい。

('、`*川「ハァ、アンタその喧嘩っ早い性格直しなさいよ。
     私はじゃんけんに負けて買い出しに来ただけなんだから」

 うわやだ、なんか被ってる。

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/04/04(月) 21:50:33.43 ID:lyCRkv7xO [22/57]
从 ゚∀从「は? いいのかよ、未洗脳者は捕まえろって『四天王』とやらに言われてんじゃねぇの?」

('、`*川「いや、私四天王だし」

从 ゚∀从「はっ、だから何だよ、お前が四天王だからって俺を逃がしたら四天王に……」



从;゚∀从「って、えぇぇぇぇぇぇーーーーーっ!!?」

('、`*川「そんでもって四天王最強だし」




从;゚∀从「ぬぶぇろふみぇぇぇぇぇぇぇぇーーーーーーーーーーっ!!!??」

('、`*川「何そのリアクション、何がどうなってその発音が出てきたの」





46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/04/04(月) 21:53:52.11 ID:lyCRkv7xO [23/57]
 えーとえーと、してんのーなんですって。しかもさいきょーなんですって。なにそれ、つおい?

('、`*川「つおいよ。超つおいよ」

从;゚∀从「地の文を読むなぁぁぁぁぁっ!! え、マジで!?
     嘘だろ、ひょっとこ四天王かなんかの間違いだろ!?」

('、`;川「何その組織……嘘じゃないわよ、ここで嘘吐く意味が無いもの」

从;゚∀从「いや、仮に四天王だとしてもいきなり最強ってオイ!!
     普通ここは最弱が出て来て俺がギリギリで勝って、
     『フフ、奴は四天王の中でも最弱……』って黒幕が微笑むパターンだろオイ!!」

('、`;川「そんなこと言われても……仕方ないじゃない、事実は小説よりも奇なりよ」

从;゚∀从「うわぁぁぁぁぁっ、何か致命的な矛盾を感じるぅぅぅぅぅっ!!」

 ちょっと待て、この性悪ホルスタインが四天王最強? 嘘だろ、嘘はあの斜線キムチで充分なんだよ。
 そうだよ嘘だよ、証拠が無いもん。証拠が無い限り信じねぇよ……。

(・∀ ・)「あっ、四天王最強のペニサス様! お疲れ様です!!」

 畜生ぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉっ、何だお前その顔ぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉっ!!!

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/04/04(月) 21:57:05.40 ID:lyCRkv7xO [24/57]
('、`*川「お疲れまたんきー。ここは私が受け持つからアンタは別の方行ってていーよー」

(・∀ ・)「はっ!! 我等が心はゼウスのままに!!」

从;゚∀从「いやちょっと待て、何だその気持ち悪い挨拶!!
     おい斎藤、マジで!? マジでコイツ最強なの!?」

(・∀ ・)「……」ツーン

从;゚∀从「話聞けよ、何澄まし顔してんだよオイ!!オイこら珍名!!
     我関せずみたいなシュールな表情してんじゃねぇよ、何無視してんだ斉藤この野郎!」

(#・∀ ・)「うっせぇぇぇぇぇっ!! 先にシカトしたのはお前の方だろうがぁぁぁぁぁっ!!」

从;゚∀从「ぐっ、正論すぎて何も言えない!」

('、`*川「さてと……これで信じた?」

从;゚∀从「ちぃぃぃ……」

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/04/04(月) 22:00:53.25 ID:lyCRkv7xO [25/57]
 悔しいが、認めざるを得ない。コイツは四天王最強、俺の手に余るほどの強敵だ。

 だが、それがどうした。

从#゚∀从「逆についてるぜ、てめぇを倒して先生への手土産にしてやんよ……!!」

 コイツは四天王、つまり間違いなく重大な情報を知っている。
 今コイツを倒せば情報は勿論、相手の戦力を大幅に減らせる。
 そして何より、四天王最強のコイツを倒せば俺は強さに自信を持てる。
 伊藤にやる気がないんだから本当は退くべきなのかも知れねえけど仕方ねえだろ? 俺はバカだし!

从#゚∀从「さぁ、やってやんぞ『最強』さんよ、四天王最初の脱落者はてめぇだ!!」

('、`*川「……」

从#゚∀从「どうした、来いよ! お前らん中では最強ってのは一番のヘタレのことなのか!?」

 認めたくないが俺は誰よりも伊藤のことを知っている。
 クールぶってるがコイツは意外と負けず嫌いだとも知っている。
 挑発し続けていればコイツは必ず乗ってくる、その時が勝負だ。

52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/04/04(月) 22:04:17.14 ID:lyCRkv7xO [26/57]
('、`*川「……高岡、アンタ本当に先生のこと好きなんだ……」

从#゚∀从「は? 何の話だよ、当たり前だろうが。俺は前世から先生に仕えることが決まってんだから」

('、`*川「……そっか……」

从 ゚∀从「……?」

 何かがおかしい。俺の知ってる伊藤ならとっくに何か言い返してきていいはず。
 なのに、なんだ? あの表情は。言い返すというより、まるで涙目のような……。

(;、`*川 ポロリ

从;゚∀从「おぉっ!?」

 あれ、泣いた!? ちょっと待て、14年間一緒にいてコイツの涙見るの初めてだぞ!?
 ツチノコレベルだぞ、都市伝説だぞ!?

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/04/04(月) 22:08:14.83 ID:lyCRkv7xO [27/57]
从;゚∀从「え、ちょ、何を泣いてんの!? 何なの、目腐ったの!?」

(つ、`;川「あっ、しまった……アンタの前では絶対泣かないって決めてたのに……」

从;゚∀从「いや、そういうのいいから何で泣いてるのか教えて!? 何これ世紀末!?」

('、`*川「いや……アンタが本当に先生のこと好きなんだと思ってさ……」

从;゚∀从「はぁ!?」

 全く意味がわからない。何で俺が先生のことが好きだったらお前が泣くんだよ、何だその因果関係。

从;゚∀从(……はっ、まさかコイツ、先生のことが……!!)

 そうだ、間違いない。このタイミングで怒るってことは、コイツ確実に恋敵だ。
 畜生この野郎、どこまで俺の邪魔をすれば気が済むんだ。絶対コイツレーズンパン派だ。

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/04/04(月) 22:12:08.40 ID:lyCRkv7xO [28/57]
从;゚∀从「お前、まさか……」

('、`*川「……そうね、もう隠し通せないから言うわ……」

从;゚∀从「やっぱり……好きなんだな……?」

('、`*川「ええ……初めて会った時から、ずっと……」

 初めて!? 何だコイツ、全然そんな素振り見せてなかったくせに。
 だが残念だったな、俺は生まれる前から先生と繋がってたんだぜ?
 スパンで言っちゃこっちのボロ勝ちだぜ? ハハン!

('、`*川「アンタも気付いてるみたいだし……はっきり言うわ」

从 ゚∀从「おぉよ言ってみやがれ、言われた方がスッキリするってもんだ」

59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/04/04(月) 22:15:43.20 ID:lyCRkv7xO [29/57]
('、`*川「じゃあ言うわね……察しの通り、好きなの……」

从 ゚∀从「やっぱりか……やっぱり」



从 ゚∀从「先生のこt」

('、`*川「高岡のことが好きなの!!」



从 ゚∀从

(/、//川 カーッ

从 ゚∀从

从 ゚∀从

从 ゚∀从

(/、//川「は、初めて会った時から……物心付いた時から、アンタのことが……」

从;゚∀从「待て待て待て待て待て待て待て待て待て待て待て待てうぉぉぉーーーーーいぃぃっ!!!!」

壁|∀ ・;)(マジかよ……)

64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/04/04(月) 22:19:15.25 ID:lyCRkv7xO [30/57]
 あれあれあれーっ!? 何かとんでもないことぶっちゃけられた気がするぞーっ!?
 ていうか今日俺驚きすぎじゃね!? 喉枯れちゃうよ!?
 うん、聞き間違いだよね! そうだよそうだよ、至急耳掃除しなきゃ……。

('、`*川「ずっと、ずっとあなたが好きだったの……。
     でも素直になれなくて、猿女だとか酷いこといっぱい言っちゃって……」

 あっちゃー、なんか独白してらー。何この子。何でモジモジしてんの?

('、`*川「本当は憧れだったの……あんたのストレートに感情を表すところも、それでいてロマンチストなところも……」

 おい、なんだその目は。その愛欲にとろけきった目は。

('、`*川「でも、もう我慢出来ないよ……自分に嘘は吐けないよ……
     あんたと喧嘩するたびに胸が傷むの、この辺。ほら、触ってみて?
     ハァハァ、ねぇ触って? ハァハァ、ジュルリ……」

((从;゚∀从))「怖いよぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉっ!!!」

-保健室-

(;´ー`)(なんか「お前も人のこと言えネーヨ!?」ってツッコむタイミングな気がする……)

(;><)(やだ、先生までちょっと電波入ったんです)

68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/04/04(月) 22:21:57.42 ID:lyCRkv7xO [31/57]
从;゚∀从「いや、ちょっと待って!? お前先生好きなんじゃないの!? 俺なの!?」

('、`*川「先生なんて何とも思っちゃいないわよ。むしろあんたを奪った時点で憎しみの対象よ」

从;゚∀从「まさかの真逆の感情!? いやいや、大前提として、俺は女だぜ!?」

('、`*川「だからいいんじゃないの! 男にはないたおやかさ、線の細さに惹かれるんじゃないの!」

从;゚∀从「共感出来ねぇよ! 何一つ納得出来ねぇよ!」

('、`*川「ぶっちゃけね、私わざと洗脳されたから。
     強さには自信あったから、洗脳されればずっと『指揮帝』といれるから」

从;゚∀从「マジで!? そんな私欲のために敵増やされるこっちの身にもなれよ!!」

('、`*川「あとね、四天王にはレモナもいるのね、あのお嬢様。
     もう本当ウチの組織はレベル高くて役得ですなぁグェッヘッヘ……」

从;゚∀从「変態だぁぁぁぁぁっ!! この幼なじみは変態だぁぁぁぁぁっ!!」

('、`;川「あ、でも勘違いしないでね!? 本命はあんただから!
     女の子は全体的に好きだけど、あんたはその中でも特別……」

从;゚∀从「嬉しくねぇぇぇぇぇっ!! その弁解全く嬉しくねぇぇぇぇぇっ!!」

70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/04/04(月) 22:24:58.98 ID:lyCRkv7xO [32/57]

壁|∀ ・;)(……)

壁|∀ ・;)(すげぇもん見ちゃってるよ俺……)

壁|∀ ・;) (どうしよっかなぁ……完全にどっか行くタイミング逃したなぁ……)

壁|∀ ・;) (母ちゃん……俺は今、男が決して見てはいけない世界を見てるよ……!!)

壁|∀ ・;) (父ちゃん……何で俺にこんな名前付けたんだ、グレるぞ……!!)

壁|∀ ・;) (よっしゃ、俺は最後までこの『乙女の花園(ガールズガーデン)』を覗き続けてやる!
       やったるでぇぇぇぇぇっ! またんきはやったるでぇぇぇぇぇっ!!」

壁|∀ ・) )「フッ、覗き見とは、四天王も下世話な駒を持った物だな」

(・∀ ・;)「!?」

72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/04/04(月) 22:28:06.18 ID:lyCRkv7xO [33/57]
( ∀  ;)「ぐああぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ!!」

从;゚∀从「!?」

('、`*川「あらあら……」

 何故かまだいた斎藤の断末魔により、俺と伊藤は同時に声のする方へと振り向いた。
 正直このまま話してたら服を脱がされそうだったから助かった。
 ありがとう斎藤。親は何を考えてるんだ斎藤。

( ∀ ::・サラサラサラ

从;゚∀从「斎藤……!!」

('、`*川「あらまぁ……またんきは末端だけど弱くは無いはずなんだけどねぇ……」

 消えていく斎藤の後ろに、1つの人影が見えた。考えるまでもなく、斎藤を殺した人間の影が。

「フフフ……僥倖だな、2つの優勝候補グループの中核を、1人ずつ始末出来るのだから……」

「ハインリッヒ高岡、ペニサス伊藤。貴様等の命、私の『雷電指弾(フィンガーボルト)』で貫かせてもらう……」

*(‘‘)*「この、ヘリカル沢近によって!!」

('、`*川 ジュルリ

从;゚∀从「逃げろぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉっ!! 沢近逃げろぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉっ!!」

77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/04/04(月) 22:33:57.10 ID:lyCRkv7xO [34/57]
 ヘリカル沢近。彼女はクラスの女子の中で一番デカい伊藤とは逆に、一番背が低い。
 正直ぱっと見小学校中学年くらいにしか見えない。ひらがなだけで喋りそうにしか見えない。
 なのに例に漏れず、重度の厨二病というアンバランスぶりだ。

*(‘‘)*「フッ、何だその涎は、駒が1人死んだだけで動揺か?
     四天王の底が知れるといったものだな」

 違うよ沢近、コイツは最初から斎藤通り越して君だけを見ているんだよ。
 あと何なんだその口調。舌っ足らずが似合いそうなベイビーフェイスのくせに。

('、`*川「大人ぶりたがる幼児体型の女子……そそるわぁ……」

 ほらこんなこと言ってるよ!? 早く逃げろ沢近、違う世界を見せられるぞ沢近!?

从;゚∀从「沢近……悪いことは言わんから早く逃げろ。お前大切な何かを失うぞ?」

*(‘‘)*「フッ、そのようなあからさまな戯言に誰が騙されるか、見苦しいぞ高岡!」

 お前のキャラは一体なんなんだよ。お前見た目幼女で何をくっちゃべってんだよ。

81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/04/04(月) 22:37:56.22 ID:lyCRkv7xO [35/57]
('、`*川「さぁて、どうしよっかなー……。
     私は買い出しのつもりだったんだけど、目の前で駒が消されて黙ってはいらんないのよねー……」

从 ゚∀从「……伊藤、ここは俺にやらせろ。最初から戦う気はねぇんだろ?」

 そう言って俺は伊藤を抑え、沢近の方へ歩み出た。疲れはだいぶ癒えた、戦える。

*(‘‘)*「フッ、私は別にどちらが先でも構わんぞ? 貴様等に待ち受けている運命は同じなのだから」

 お前とりあえず自分の顔に釣り合う喋り方心掛けろよ。違和感しかねぇよ。

('、`*川「いいの? 私が戦って疲れたあんた達2人を襲う可能性もあるんだよ?」

从 ゚∀从「問題ねぇよ。そうなったら返り討ちにするだけだし、それに……」

从 ゚∀从「……お前は、そんなことしねぇ」

('、`*川「……!!」

 俺はコイツのことを一番知っている。だからこの性悪が、変なところで律儀だということも知っている。
 それに、どっちにしろ俺は戦うつもりだったんだ。ここで先生を守るための自信を取り戻す。

('、`*川「……わかったわよ、私は高みの見物でも決めさせてもらうわ」

('、`*川(あぁあぁぁぁぁぁ、高岡に信頼されちゃったぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁん!! 幸せ幸せ幸せぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇっ!!
      きゃわいいよぉ、たかおか超きゃわいいよぉぉぉぉぉぉっ!! ペロペロペロペロペロペロペロ)

83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/04/04(月) 22:41:58.69 ID:lyCRkv7xO [36/57]
*(‘‘)*「フッ、話は終わったか? 行くぞ?」

从 ゚∀从「来いよガキンチョ、ビビってオムツ濡らしても知らねえぜ?」

*(‘‘)*γ「そんな減らず口を叩けるのも今だけだ……後悔するなよ?」

 沢近は左手の親指と人差し指を立て、俺の方へと向けた。
 何だ何だ、カンチョー? あと斬新だなその指の表現。

*(‘‘)*γ「『雷電指弾(フィンガーボルト)』!!」バリバリバリ

从;゚∀从「うおっ!?」

 不意に沢近の指先から、なんか電流みたいなのが飛んできた。
 おいお前そんなタイプかよ、ぬいぐるみを動かすとかそんなんじゃねえのかよ。

('、`*川(あぁあぁ、不意を疲れた高岡も可ぁ愛ぃいぃなぁぁぁぁぁっ!! ビクッとして! ビクッと!
     あぁもうあのサラサラの髪の毛にモフモフしたい! モフモフしたいお!!)

87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/04/04(月) 22:45:12.60 ID:lyCRkv7xO [37/57]
从;゚∀从(それよりやべえな……電流じゃ《重力±》が効かない)

 《重力±》が効くのはあくまで実体を持っている物であり、実体を持っていない物には効かない。
 つまり沢近の攻撃手段が電流である以上、俺はヤツの攻撃を避けるしか出来ない。
 そして一瞬の隙を見つけ次第、沢近自体に……。

从#゚∀从「《重力±》!!」ブォン

*(;‘‘)*「ぬぉう!!」ビタン

 よし、押さえつけちまえばこっちのもんだ。てか乙女がぬぉうとか言うなや。

从;゚∀从「よっしゃ、こうしちまえばもう何も……」

*(;‘‘)*「出来ない、そう思ったのならば……」

*(‘‘)*γ「大間違いだ!!」バン

从;゚∀从「ぬぉう!?」バッ

 やべ、ぬぉうって言っちゃった。そして驚きついでに《重力±》解除してもうた。
 ていうかコイツ、押さえつけられながら撃ってきやがった。しかも。

从;゚∀从「電撃が跳ねて、腹狙ってきやがった……!!」

*(‘‘)*「電撃が一直線にしか伸びないなど……誰が言った?」

('、`*川(あっひゃぁぁぁぁぁ戦う高岡かっこウィィィィィッ!!! 撫でたい舐めたいしゃぶりたい!!
     あぁでも大人ぶる沢近も可愛いにゃあ、でも一番はたかおかー!! たかおかにゃあぁぁぁぁぁん!!!)

90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/04/04(月) 22:49:18.42 ID:lyCRkv7xO [38/57]
γ*(‘‘)*γ「どうした高岡さっきの威勢は、避けているだけじゃ勝てんぞ!!」バンバンバン

从;゚∀从「うるせぇよ、見た目ただのゲッツにしか見えねえんだよぉぉぉぉぉっ!!」

γ*(‘‘)*γ「フフフ、私は宇宙銃士(スペースガンナー)ヘリカル沢近!!
       この必殺の雷電指弾により、貴様の命は銀河に瞬く星になる!!」

从;゚∀从「なんだ、宇宙なんとかって流行ってんのか!? なぁ!!」

 右手も立てて二丁拳銃で乱れ撃ち。ぅゎ、ょぅι゛ょっょい。
 畜生、ある程度曲げられるなんて聞いてなかったぞ。責任者呼べ責任者。
 考えろ考えろ、押さえつける以外に何か攻撃手段があるはずだ。
 考えろ、理科24点の俺でも考えれば何とかなるはず……!!
 畜生、なんか悲しくなってきたぁぁぁぁぁぁっ!!!

92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/04/04(月) 22:53:26.36 ID:lyCRkv7xO [39/57]
从;゚∀从(考えろ考えろ考えろ、編み出せ生み出せ降りてこい!!)

从;゚∀从(沢近は完全に遠距離タイプだ、接近戦には絶対弱いはず!!)

从;゚∀从(一発ボディ殴ればそれで気絶はさせられるんだ、なんか三原じゅん子みたいで気が引けるけど!)

从;゚∀从(でもどうやって近付く!? 跳んだりしたら狙い撃ちだ、かと言ってこの距離はアイツの十八番!)

从;゚∀从(どうする、どうする!? せめて隙を作れたら……)

从 ゚∀从(……隙?)

93 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/04/04(月) 22:58:07.77 ID:lyCRkv7xO [40/57]

从;゚∀从(……試す価値は、あるな……)

 電撃を避け、タイミングを待つ。さっきだって出来たんだ、《重力±》をかける隙はある。
 だが、押さえつけてもさっきのようにヤツは電撃を飛ばしてくるだろう。

γ*(‘‘)*γ「ハハハ、どうした!? さっきのように押さえつけても構わないのだぞ!?」

 余裕だなオイ。まぁこっちが防戦一方だから仕方ないか。

从;゚∀从「ハッ、効かねえ攻撃を闇雲にやり続けるほどバカじゃねぇよ……」

*(‘‘)*γ「ならどうする!? どうやって私を止める!? 止められないよなぁ!?」

从;゚∀从「ほざけ、じゃあ逆に質問なんだけどよ……」

从 ゚∀从「無重力を経験したこと、あるかい?」クゥン

*(;‘‘)*「!?」フワッ



98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/04/04(月) 23:02:17.24 ID:lyCRkv7xO [41/57]

 地に足が着いてない、って上手い表現だよな。
 重力ってのはある程度安心感を与えてくれてんだよ。立つ地面があるってのは心強いもんだ。

 そんな重力を、心の準備も無しに取り上げられたらどうなるか。

*(;‘‘)*「キャッ、やだ!! 降ろしてよぉ!」バンバンバン

 オイオイ、キャラが崩れてるぜおチビちゃん。お前も厨二ならやり切れよ。
 少しずつ近付く俺に対して無茶苦茶に電撃を放ってるが、狙いは定まらない。

从 ゚∀从「そんなに降ろして欲しいなら、降ろしてやるぜ?」フッ

*(;‘‘)*「え? イヤっ!!」ヒューン

100 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/04/04(月) 23:06:54.13 ID:lyCRkv7xO [42/57]
 突如重力を取り戻し、自由落下の法則に従い落下する沢近。
 浮いても落ちてもイヤイヤ、ワガママちゃんだなお前は。
 そんなワガママロリっ娘には、落下速度+通常より割増の重力で……。

从#゚∀从「(死なない程度に)お仕置きじゃぁい!!」ブォン

*(;  )*「ふっ……あぁぁぁっ!!!」ズドォォン

 倍の重力で叩きつけられた沢近は、そのまま気を失った。

 先生に見せらんないのが残念だが、文句は言わせねぇ。間違いなく、俺の勝ちだ。

('、`*川「やぁぁぁぁぁぁったぁぁぁぁぁぁっ!!! 強いよ高岡凄いよ高岡バンジャーーーーーーイ!!!
     あぁもう辛かったね怖かったねでも頑張ったね格好良かったよ高岡高岡高岡高岡高岡ぁっ!!
     あんあんあんあん高岡高岡高岡高岡ペロペロペロペロニャァァァァァァァァァァッ!!!!」

从;゚∀从「!?」ビクッ

 畜生、勝利の余韻に浸れねえ。

102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/04/04(月) 23:10:51.82 ID:lyCRkv7xO [43/57]
从;゚∀从「い、伊藤!? いや、伊藤かお前!? 伊藤ってこんなんだったっけ!?」

('、`*川「あぁもう伊藤って呼ばないで、ペニサス、いやペニーって呼んで!! 子供の時みたいに!!
     私もハインって呼ぶから! ハインハイン嗚呼ハイン、ハインちゅぁぁぁぁぁぁん!!!」

从;゚∀从「落ち着けぇぇぇぇぇっ!!! 気持ち悪いよぉぉぉぉぉっ!!!」

 なんだコイツ、せっかくのバトルパートの決め所で何を発狂してんだ! 一番カッコいいとこ台無しじゃん!
 あとお前せめて表情変えろ、ずっとその澄まし顔で言われると怖ぇわ!

('、`*川「うわぁぁぁもう限界!! お願い、お金払うから! 色んな秘密喋るから!!
     ペロペロさせて! 1回だけペロペロさせて、ねぇ!! なぁ、スケベしようや!!」

从;゚∀从「助けてくれぇぇぇぇぇっ!!!」

*(; )*(……)

*(;  )*(ギリギリ意識残ったけど、状況が全くわかんない……)

106 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/04/04(月) 23:13:52.56 ID:lyCRkv7xO [44/57]
*(;  )*(くっ、高岡、強い……流石は優勝候補の一角と言ったところか……)

*(;  )*(私の負けだ……完敗だ……!!)


*(;  )*(だが、これで終わるなんてプライドが許さない……せめて、せめて……)

*(; ‘)*γ(せめて一矢報いさせてもらうぞ……っ!!)バン

从;゚∀从「!!」

 俺が変態と押し問答を繰り広げていると、不意に電撃が背後から飛んできた。
 しまった、沢近のヤツまだ意識があったのか。意外とタフだなおい。
 ヤバい、この距離なら、避けられない。
 しかも沢近の電撃は、斎藤を一撃で倒すだけの威力がある。
 跳ねた電撃が、俺の眼前に迫る……!!





107 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/04/04(月) 23:17:16.12 ID:lyCRkv7xO [45/57]





从;゚∀从「……」

 結論から言うと、俺は電撃を避けられなかった。
 斎藤を一撃で倒した威力の電撃だ、女の俺には致命傷にならないわけがない。

*(;‘‘)*「……な、何故だ……どういうことだ……」

 だけど、俺は無傷で。

('、`*川「全く……沢近、可愛い顔してあんたもしつこいわねぇ……」

 伊藤の周りに、巨大なディスプレイとキーボードが浮かんでいて。

('、`*川「せっかくのペロペロ時間を邪魔する子は、ちょっとイタズラしちゃうわよ?」

 沢近にいろんな意味で危機が迫っていた。


111 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/04/04(月) 23:21:44.93 ID:lyCRkv7xO [46/57]
从;゚∀从「い、伊藤、今のは……」

('、`*川「ゴメンねハイン、あとで説明するから、今はちょっと待ってて?」

 そう告げると伊藤は静かに沢近に近付いていった。その豊満な肉体をひけらかすように。

*(;‘‘)*「や、やめろ、来るな、来るな!!」

('、`*川「あーもう可愛いなオイ、だけど1回負けたら認めなきゃダメよ?」チョン

 そう言って、伊藤は沢近の額にチョンと触れた。一瞬人差し指で触れる、それだけ。

 本当にそれだけ、なのに。

*(;  )*「ひぃ、いぎぃ、やぁあぁぁぁっ、ぎゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ!!!!」ゴロンゴロン

 沢近は額を押さえ、涙をやら鼻水やら流してのた打ち回った。
 まるで、そこに銃弾でも撃ち込まれたかのように。

从;゚∀从「何だこれ、どういうことだよ!」

('、`*川「ハイン、ディスプレイ見てみ?」

112 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/04/04(月) 23:25:32.69 ID:lyCRkv7xO [47/57]
从;゚∀从「ディスプレイ?」

 伊藤に促され天を仰いだ瞬間、俺にはそのカラクリがわかった。
 宙に浮かぶディスプレイには沢近の顔写真と、とある一文が添えられていた。



【「*(‘‘)*」痛覚×70】



('、`*川「私の『人間計算機-モンスター・カリキュレーター-』は、人間のありとあらゆる要素を数値化してMAX100まで操れる」

('、`*川「さっきはハインの電気に対する耐性を×100したの」

('、`*川「流石に痛覚を×100したらショックで死んじゃうからね。殺す気は無いから」

('、`*川「ディスプレイ1つにつき1人の数値を操れ、ディスプレイは最高で一度に3つまで出せる」

('、`*川「この能力を自分に使えば私は核兵器でも死なないし、逆にベロで人を殺したり出来る」

('、`*川「まぁ……可愛くないからそんなことやんないけどねー……」

从;゚∀从「……」

 とんでもねえ。こいつ洗脳されてなかったら普通に優勝候補じゃねえか。
 だが、いずれこいつとも戦わなきゃならない。そうなった時に、俺は勝てるだろうか。
 いや、勝たなくてもいい、先生を守れればいい。先生を守れば、先生が戦いを終わらせてくれるから。

114 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/04/04(月) 23:29:04.56 ID:lyCRkv7xO [48/57]
('、`*川「ちなみにねー、こういうことも出来たりするよ」

 そう言いながら、伊藤は手元のキーボードを軽く叩いた。それに伴い、ディスプレイに文字が追加される。



【「*(‘‘)*」百合っ気×100】



 オイ。伊藤オイ。

*(////)*「あぁん……ペニサスお姉様ぁ……」

 オォォォォォイ!? 沢近オォォォォォイ!?

('、`*川「フフ……悪い子猫ちゃんにはお仕置きが必要ね……」

*(////)*「はぁい……悪いヘリカルを、可愛がってくださぁい……!!」

≡≡≡从;゚∀从「お疲れっしたぁぁぁぁぁぁっ!!」

 アカンアカンアカン、こんな世界を一度見たら人間ダメになる。
 あ、やべ、そういやパン持ってかないと。畜生こんなとこでもたついてる場合じゃねぇんだよ……。

('、`*川「待ちなさい、ハイン」

从;゚∀从「ヒィィィッ!?」

118 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[>116頑張ります!] 投稿日:2011/04/04(月) 23:33:04.45 ID:lyCRkv7xO [49/57]
('、`*川「さっきも言ったけど、私はあんたが好き。だから、あんたを独占してる先生が許せない」

从 ゚∀从「……」

('、`*川「だから、もしも先生と会ったら、全力で潰す。そして、あんたを手に入れる。
     そうなった時にあんたが先生を守るなら、あんたとも全力で戦う。いいわね?」

从 ゚∀从「……ああ」

从 ゚∀从「こっちは絶対に先生守ってやっからな、かかってきやがれ!!」

('ー`*川「……ふふ、やっぱりあんたは変わってないわね」

 そう言って、ペニサスは微笑んだ。大人っぽい見た目とはギャップのある、子供みたいな笑顔。
 こいつも昔と変わらない。ガキの頃から、全く。

('、`*川「はぁい、それじゃヘリカルちゃん、続きといきましょうか」

*(////)*「お姉様ぁ、早くぅ……」

≡≡≡≡从;゚∀从「失礼しましたぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ!!!」

 うん、やっぱりだいぶ変わっていた。というより変だった。

121 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/04/04(月) 23:36:27.61 ID:lyCRkv7xO [50/57]
('、`*川(ハァ……ついに言っちゃったなぁ……隠し通すつもりだったのに)ナデナデ

('、`*川(まぁいいや……逆にスッキリしたし……)モミモミ

('、`*川(待ってなさいよ先生……力尽くでハインを手に入れてやるから……)サワサワ

('、`*川(でもフられたのはキツいなぁ……とりあえずヘリカルにぶつけて、あとはどうしよう……)スリスリ

('、`*川(レモナでも弄ってストレス発散するか……)モフモフ

-なんか暗い部屋-

|゚ノ;^∀^)ゾクゾク

(-_-)「どうしました? レモナさん」

|゚ノ;^∀^)「いや……何か寒気、というより怖気が……」

125 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/04/04(月) 23:40:00.76 ID:lyCRkv7xO [51/57]

-保健室-

(;´ー`)「ハイン遅いな……ちょっと見に行ってみるか……」

(;><)「あ、もうちょっと待っててください! まだ包帯巻き終わってないんです!」

(;´ー`)「あ、ああすまん……でも……」

( ><)「痛みがひいたとは言っても傷が塞がったわけじゃないんです! ムリは禁物なんです!!」

(;´ー`)「……ビロード……」

( ><)「それに……」

( ><)「高岡さんなら、きっと大丈夫なんです」

( ´ー`)「……そうだな、俺達が信じるって決めたもんな」

( ><)「ハイなんです!!」

ガラガラガラ

( ><)「あ、ほら帰ってきたんです!!」

( ´ー`)「おぉ、ハイン……」

127 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/04/04(月) 23:43:30.93 ID:lyCRkv7xO [52/57]





川 ゚ -゚)



( ´ー`)

( ><)

( ´ー`)←上半身裸の教師

( ><)←それに包帯を巻くショタ

川 ゚ -゚)







129 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/04/04(月) 23:46:27.10 ID:lyCRkv7xO [53/57]










川 ゚ -゚)「お邪魔しましたー」ガラガラピシャリ

(;´ー`)「違ぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁうっ!!!」(><;)





第五話  END





( ´ー`)先生の戦う生徒指導のようです 第六話
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://eksr.blog115.fc2.com/tb.php/261-016e73ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。