スポンサーサイト --年--月--日 スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

( ・∀・)と六つの銃弾のようです 第五話 2011年01月09日 ( ・∀・)と六つの銃弾のようです トラックバック:0コメント:0


91 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/01/09(日) 20:50:21 ID:DP6b4WdYO

ありがたいまとめ様
http://eksr.blog115.fc2.com/blog-category-3.html?cr=5745e65bacedd43688fc12dd511ae650


( ・∀・)と六つの銃弾のようです


第五話
:宣言


92 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/01/09(日) 20:50:47 ID:DP6b4WdYO

一の弾
???
モデル:?
能力:?
兵装:?

二の弾
ζ(V)゚ ゚(V)
モデル:蠍
能力:???
兵装:アスモ・チェーン

三の弾
( Φ ..Φ)
モデル:蛇
能力:エネルギー操作
兵装:レヴィアタン・スタッフ

93 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/01/09(日) 20:51:12 ID:DP6b4WdYO

四の弾
???
モデル:?
能力:?
兵装:?

五の弾
???
モデル:?
能力:?
兵装:?

六の弾
???
モデル:?
能力:?
兵装:?

94 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/01/09(日) 20:53:02 ID:DP6b4WdYO

('A`)「アイツ…運よすぎねぇか…?」

土埃のまだ残る展望台から、ドクオは庭園を見下ろしていた。

蠍の仮面を付けたモララーが、庭園南側の落葉樹の上に立つ。
その意識は城の四階バルコニーに佇むダイオードに向けられていた。

ダイオードがしばらくは洗脳能力を使わないであろうと判断し、ドクオは耳栓を外した。

96 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/01/09(日) 20:54:38 ID:DP6b4WdYO

/ ゚、。 /「…。」

ダイオードは今の状況を考える。

敵は一人。
退避の際に城南側まで下がった。

敵の能力はわからない。武器はあの鎖と考えて良いだろう。
もし遠距離での攻撃が可能ならば、あちらから牽制があるだろう。

/ ゚、。 /(だが、それがない…。)

反逆者はどう考えてもこちらの攻撃を待っている。

98 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/01/09(日) 20:56:51 ID:DP6b4WdYO

先程から彼の言葉は挑発的だった。
その事がダイオードの冷静さを取り戻させた。

「誘いすぎている」、と。

また、特殊能力についても判断材料はある。

/ ゚、。 /(さっきの樹の動きが不自然すぎる。)

囲まれた状況から回避する時、まるで樹が彼を引っ張り上げた

まだ情報が少ないが、兵をぶつければ何か解るだろう。

99 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/01/09(日) 20:59:17 ID:DP6b4WdYO

もう一つ確かめたい事がある。

もし彼の言葉が嘘であれば、勝負は一瞬で決まる。
本当であっても彼の不利に働く部分が多すぎる。

それを確かめるため、彼は動いた。
片手をあげ、声を張り上げる。

ζ(V)゚ ゚(V)「!」

発光するダイオードにモララーは身構える。

100 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/01/09(日) 21:02:05 ID:DP6b4WdYO

/ ゚、。 /「南門弓兵よ!
      敵左肘を狙え!」

モララーはダイオードに向けて構えるだけで、飛来する矢を避ける素振りを見せない。
矢は容易に左肘に突き刺さり、モララーは木から落ちた。

/ ゚、。 /(全く、音が聞こえていないのか。)

これで、一つ情報が手に入った。

彼には私の能力が効かない。
そのかわり、兵の動きを悟られることは無い上、戦闘で重要な聴力を自ら封じている。

101 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/01/09(日) 21:04:07 ID:DP6b4WdYO

落下に合わせ、兵を突撃させる。

モララーは落下しながら鎖を走らせ、器用に周囲を一掃する。

突撃した兵を下げ、牽制攻撃を行う。
ただの時間稼ぎだ。
この隙に、攻撃を受けた兵から伝言で報告させる。

/ ゚、。 /「…身体に異常は?」

( ∵)「全く無いそうです。」

/ ゚、。 /「…?」

102 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/01/09(日) 21:06:15 ID:DP6b4WdYO

突撃する兵に、「攻撃直前の身体状況と、被弾後のわずかな変化を報告するように」、と命令しておいた。

/ ゚、。 /(特に能力は無いのか…?)

いや、そんなはずは無いだろう。
何かが…

その時、痺れを切らしたモララーが動いた。

104 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/01/09(日) 21:07:10 ID:DP6b4WdYO

木の根元へ移動し、強く幹を叩いた。

直後、しゃがんだモララーの真上を木の幹が通り過ぎ、枝葉で兵をなぎ倒した。

/ ゚、。 /(…。)

再び、ダイオードの心の奥底がチリチリと音を立て始めた。

効果の無い鎖で、兵を叩き続けている惨めな男を見下す。

105 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/01/09(日) 21:07:56 ID:DP6b4WdYO

彼は先程なんと言ったか?

「天罰を下してやる」だったか?

木を操る能力で?

この程度の能力で?

この私に対して?




…私をナメているのか

106 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/01/09(日) 21:09:27 ID:DP6b4WdYO

/ 、 /「聞け天使達よ…
     貴様らは完璧な戦士だ。
     殴られようと止まるな。痛みに怯むな。
     命令を成し遂げるまで倒れるな。」

息を吸い込み、命令を下した。

/ ゚、。 /「…命令だ。
      反逆者の手足の腱を切り、木に縫い付けろ。」

107 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/01/09(日) 21:11:26 ID:DP6b4WdYO



ζ(V);゚ ゚(V)「…きた…!」



ダイオードが改まって何かを高らかに宣言してから、能天使達の猛攻が始まった。

108 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/01/09(日) 21:12:22 ID:DP6b4WdYO

周囲の敵を一度薙ぎ払う。

鎖に怯まず距離を詰めてくる。

東側の木へ鎖を伸ばし、距離をとる。

近くにいた兵が襲いかかる。鎖を振り回し弾き飛ばす。

数人の骨を折った感触があったが、怯まず剣を振るってくる。

西側へ退避するがかわしきれず左手首を切られる。

109 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/01/09(日) 21:15:36 ID:DP6b4WdYO

ζ(V);゚ ゚(V)「ぅ…ああ゙っ!」

止まるな。止まればやられる。

兵を払い、使えない左手を盾に突き進む。

西側の木に着いた時には左手はズタボロになった。

また鎖で周囲にスペースをこじ開ける。

兵が来る前に、木をしならせた反動で北側の木へ飛ぶ。

北側へ逃れたが、木の幹がダイオードとの死角を作る。

110 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/01/09(日) 21:16:38 ID:DP6b4WdYO

ダイオードの見える位置へ振り返ろうとするが、右足が引っ掛かる。

右太股が熱い。

剣が右脚を木に縫い付けた。

ζ(V);゚ ゚(V)「ああああああ゙あ゙あ゙あ゙あ゙!」

鎖で近くの数人を叩く。

腰が使えないため上手く威力が伝わらない。

切っ先が数本モララーへ襲いかかる。

111 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/01/09(日) 21:18:24 ID:DP6b4WdYO

/ ゚、。 /「よく逃げたものだ…フフ。
      お疲れ様。」

ガス、ガスと剣が突き刺さる音を聞きながら、ダイオードは嘲笑した。

何本もの剣が木に突き刺さる。
後は兵を待機させ、私が直々に辱めてやろう。

その前に被害を確認しようと、庭園全体に目を走らせる。

/ ゚、。 /「……?」

奇妙な事に気が付く。

112 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/01/09(日) 21:20:25 ID:DP6b4WdYO

/ ゚、。 /「兵が…減ってる?」

背後の扉が勢いよく開いた。

(;∵)「……」

兵が十数人、バルコニーへ入ってきた。

/ ゚、。 /「異常の報告があるのか?
      もう良い。戻って庭園で待機だ。」

(;∵)「いえ……ちが…」

先頭の兵が答える。
その後ろにいた数人の兵が、バルコニーにいた兵を斬る。

113 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/01/09(日) 21:22:21 ID:DP6b4WdYO

/ ゚、。 /「……………え」

手足に同時に痛みが走る。
そこには剣が生えていた。

(((;∵)))「ダイお……さま……タス…け」

気が付けばバルコニーに入ってきた兵が全員痙攣しながら倒れている。

なぜか庭園からは音が消え去っていた。

/ ゚、。;/「クソッ…何が起こった…?」

床を這いずり、庭園が見える場所まで移動する。
庭園には痙攣する兵と斬り殺された兵が転がっていた。

114 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/01/09(日) 21:24:02 ID:DP6b4WdYO

/ ゚、。;/「!」

気配を感じ、後ろを振り向いた。
扉がゆっくりと開く。

ζ(V);゚ ゚(V)「芋虫みたいに転がっちゃって。
       お似合いだよ。
       その惨めな姿…イイね。」

左手、右足から血を流したモララーが、兵に支えられながらバルコニーに降り立つ。

115 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/01/09(日) 21:25:57 ID:DP6b4WdYO

ζ(V)゚ ゚(V)「責められるのは好きじゃないけどね。
       全員支配しときたくてさ。
       絶望させれるかと思うとゾクゾクして我慢出来たよ。
       左手なんて安いもんさ。」

/ ゚、。;/「貴様!何をした!
      木を操る能力では無いのか!?」

後退りしながら、モララーに問いかける。

ζ(V)゚ ゚(V)「あんたが勘違いしただけじゃん。
       自分でルール決めて、木しか操らなかっただけ。」

兵と共にダイオードに近付く。

116 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/01/09(日) 21:27:03 ID:DP6b4WdYO

ダイオードがモララーの手足を見た。
ケガがあるのは左手全体と右太股のみ。

死角に入った後に増えた傷は見当たらない。

ζ(V)゚ ゚(V)「あ、気づいた?刺される『フリ』させただけ。時間稼ぎに、ね。
       アスモ・チェーンの能力は、有機物を操る。
       もちろん人もね。」

操られた兵が椅子を運ぶ。

117 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/01/09(日) 21:28:40 ID:DP6b4WdYO

モララーがダイオードの前にドッカリと座ると、それを合図に兵が倒れた。

/ ゚、。;/「私の洗脳が…負けたのか…?
      バカな…!」

ζ(V)゚ ゚(V)「そりゃ相性の問題だよ。
       アンタが操るのは脳。僕が操るのは体。
       脳に命令下そうが、体が聞かないからね。」

言葉を切り、ダイオードを見下したまま告げた。

118 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/01/09(日) 21:29:47 ID:DP6b4WdYO

ζ(V)゚ ゚(V)「さて。僕はアナタを殺さなきゃならない。
       殺し方としては鎖で絞め殺すか、剣で首落とすかどっちかだね。
       けど今イイ気分だからさ、僕の手を汚したく無いんだ。」

その言葉にダイオードの顔が少し明るくなる。

/ ゚、。;/「ほ…本当か!?
      見逃してくれるのか!?」

ダイオードが言い終わらない内に、目の前に足が差し出された。

ζ(V)゚ ゚(V)「おねだりの仕方くらい、解るよね。」

120 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/01/09(日) 21:32:49 ID:DP6b4WdYO
一瞬で顔が赤くなったが、躊躇いもせずダイオードは靴を舐め始めた。

/ ゚、。;/「うぅ…お願いです…ペロ…
      ペロ…命だけは…」

ダイオードは全てを捨てた。
尊厳も、プライドも、何もかも。

死に神の前では、そんなもの何の役に立たない。

ζ(V)*゚ ゚(V)「あぁ!イイよ!上手上手!
       よし!おねだり上手なワンちゃんには御褒美をあげないと!」

鼻息を荒くしながら、モララーは軽く鎖を振るった。

121 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/01/09(日) 21:34:36 ID:DP6b4WdYO

鎖が当たったダイオードは、手足を引きずり、手すりへ向かう。

/ ゚、。;/「な…止めろ!止めてくれ!」

ダイオードの言葉虚しく、体はバルコニーの外を目指す。

ζ(V)*゚ ゚(V)「ホントに偉いワンちゃんだ!
       御主人様の手を汚さないために自分で死んでくれるなんて!」

/ ゚、。;/「あぁ…クソッ!クソッ!」

122 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/01/09(日) 21:35:58 ID:DP6b4WdYO

体が手すりを乗り越え、重心が外側へ移動する。そして



ζ(V)*゚ ゚(V)「バイバーイ。」



/ ゚、。#/「ちくしょおおぉぉぉぉっ!」


ダイオードはバルコニーから落下した。
グシャ。と潰れる音と同時に、仮面と鎖が砕け拳銃に戻る。

(;・∀・)「もう!靴ベチャベチャだよ!
      何が嬉しいんだよ!
      二の弾、性格悪いから嫌いだ!」

123 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/01/09(日) 21:37:13 ID:DP6b4WdYO
グチグチ呟きつつ、次の行動に移る。

ブーンの行動は時間稼ぎに過ぎない。
ロマネスクが戻る前に済まさなければ。

モララーがマイクの前に立つ。

( ・∀・)「ラウンジに住む皆さん。聞いて下さい。
      僕達は神に仇なす者達です。
      たった今、ダイオードは死にました。」



同時刻ラウンジから南、遠く離れた海上。
水で出来た球が弾けた。

(;ФωФ)「クソッ!やっと出れたである!」

ブーンが注いだ魔力が切れ、ロマネスクは自由の身となった。

124 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/01/09(日) 21:38:40 ID:DP6b4WdYO

耳栓を外しながら続ける。

( ・∀・)「彼は言葉で貴方達を洗脳して来ました。
      神は絶対であると。」



ロマネスクは一度上空へ上がり、方角を確かめる。

(;ФωФ)「あっちか!こんなに飛ばされたであるか!」

陸地は遠くに見えた。
今は上空約百メートル。計算上だいたい四十五キロほど離れている。

125 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/01/09(日) 21:40:33 ID:DP6b4WdYO

モララーの言葉が街中に響き渡る。

( ・∀・)「洗脳者が死んだ今、一度考えて下さい。
      貴方は本当に幸せですか?」



ラウンジの位置を確認し、目を閉じる。

( +ω+)「…ふぅ。」

呼吸を整え、制限していた魔力を解放する。
足元から光が広がって行く。

126 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/01/09(日) 21:41:38 ID:DP6b4WdYO

( ・∀・)「それは神が勝手に決めつけた幸せかも知れません。
      本当の幸せ、知りたくないですか?」




ロマネスクの足元から登ってくる光が集まり、鎧に変わっていく。

|::━ω+)「…。」

光は彼の顔を覆い始める。

127 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/01/09(日) 21:43:40 ID:DP6b4WdYO

( ・∀・)「我々の目的は、神を倒す事です。
      もし本当の幸せを知りたければ、私達に力を貸して下さい。」




光が完全に全身を覆った時、そこには黄金に輝く光の騎士がいた。

|::━◎┥

光の騎士は一際大きな光を放つ。

128 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/01/09(日) 21:45:40 ID:DP6b4WdYO

( ・∀・)「力を貸してくれるなら、VIPに来て下さい。
      貴方自身の手で、幸せを掴みましょう。」
|::━◎┥「神を信じるのが幸せの近道である。」


突然現れた光が、マイクを切り落とす。

129 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/01/09(日) 21:47:15 ID:DP6b4WdYO

(;・∀・)「あぁ!?」

南門の上に最強騎士が降り立った。

彼は四十五キロ離れた位置から、一瞬でサンダルフォン城まで移動した。


文字通り、光の速さで。


|::━◎┥「…ダイオード…。」

庭園には倒れた兵と、わずかな死体が転がっている。

バルコニーの真下。そこには七大天使の一角が、手足をめちゃくちゃな方向に曲げて横たわっていた。

130 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/01/09(日) 21:48:11 ID:DP6b4WdYO

|::━◎┥「今すぐ増援を呼べ。」

近くにいた弓兵に言った。
弓兵はすぐさま行動に移し、走り去っていく。

|::━◎┥「よくもここまでやってくれたな。
     神への反逆の代償、覚悟してるであるな?」

( ・∀・)「出来てるよ。十年前から。
      どんな犠牲を払おうとも、僕は神を殺す。
      アンタは出来てるか?
      復讐者に殺される覚悟が。」

ロマネスクはそれに答えるように剣を構え直す。

131 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/01/09(日) 21:49:57 ID:DP6b4WdYO

(;・∀・)(どこまでやれるか…試してやる!)

モララーは拳銃をこめかみに当てた。モララーの能力は完全にランダムだ。

相手は最強と名高いロマネスク。

出目によっては戦況は大きく変わる。
もしかしたら全てが通用しないかもしれない。

( ・∀・)(…けど僕にはこれしかないから。)

残り二人となった召喚術士の生き残りの証。
復讐の原因になったこの力しか。

132 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/01/09(日) 21:51:39 ID:DP6b4WdYO

カチッとハンマーが空打ちされる音が響く。

五回、音が響き、六度目にして初めて破裂音が響く。

六連装リボルバー最後の一発。

モララーにとって最強の能力。

133 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/01/09(日) 21:53:32 ID:DP6b4WdYO

光始めたモララーを遠目に、ロマネスクが佇む。

吾が輩は、神に従わなければいけない。
従わなければならない理由がある。

そのために、吾が輩は血で汚れる事を厭わない。

|::━◎┥「『神の如き者、ミカエル』ロマネスク…吾が輩と剣を交えることを、後悔するがいい。」

134 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/01/09(日) 21:54:01 ID:DP6b4WdYO




モララーの最強と、大天使の最強が激突した。




続く





( ・∀・)と六つの銃弾のようです 第六話
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://eksr.blog115.fc2.com/tb.php/29-388aac0d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。