スポンサーサイト --年--月--日 スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

( ・∀・)の王国のようです 夢一話 2011年04月18日 ( ・∀・)の王国のようです トラックバック:0コメント:0


67 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/04/17(日) 20:05:16 ID:C66oNMnQO [2/61]


( ・∀・)の王国のようです


‐夢一話‐
ショボンの憂鬱


.

68 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/04/17(日) 20:09:30 ID:C66oNMnQO [3/61]






………ょう……




か…ちょう……


( ∵)「艦長!」

(´・ω・`)「む……。」

どうやら居眠りをしてしまったらしい。

69 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/04/17(日) 20:11:25 ID:C66oNMnQO [4/61]


(´・ω・`)「ビコーズか。どうした。」

私の艦、原子力潜水艦「VIP」は今、着々と目的地に向け進航している。

光も届かず音の存在しない深い深い深海。
余りある時間と、自慢の柔らかい革張りの椅子が私を眠りへと誘った。

( ∵)「目的地到着まで二時間を切りました。
   最終ブリーフィングが有りますので、三十分後第二艦橋会議室にお願いします。」

約二時間。
私は居眠りどころか、睡眠と言って良いほど眠っていたようだ。

70 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/04/17(日) 20:13:01 ID:C66oNMnQO [5/61]


安眠してしまった自分を恥ずべきか、艦を任せられるほどの部下に恵まれた事を誇るべきか。

( ∵)「考古学者からの説明があります。
   遅れることの無いようお願いします。」

完璧な敬礼をして、ビコーズは艦長室から立ち去った。


始まりは、一つの発見から始まった。


「現代文明最大の発見」の文字が各誌一面に躍り出てから一週間。
たったの一週間で調査隊が組まれ、私の艦は出発した。

この一週間は多忙を極め、ほとんど睡眠時間を取れなかった。

71 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/04/17(日) 20:16:05 ID:C66oNMnQO [6/61]


(´・ω・`)「……ふう。」

いつの間にか消えていた葉巻に火を着けて、一服。
ため息と共に紫煙は吐き出された。

思えば、こんなに落ち着くのは久し振りだな。
記者会見や書類に追われ、一服する時間も取れなかった。

たまったもんじゃない。
ワケのわからない発見より、キューバの空気に酔いしれる方が何倍も有意義だ。

72 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/04/17(日) 20:17:50 ID:C66oNMnQO [7/61]

何より腹立たしいのはあの考古学者だ。

なんでも、代々考古学者の家庭に産まれたただのボンボンだそうだ。
そして、今回の過密スケジュールを組んだ張本人。

アイツの無駄な張り切りで、ここまでストレスを溜め込むハメになった。
このプロジェクトに心血を注いでいるらしい。

20そこそこの若僧が、功を急いで成果が挙げられるものか。


時計にちらりと目をやると、頃合の時間になっていた。

(´・ω・`)「……またしばらく吸えなくなるな。」

名残惜しいが、ぎゅ。と力を込めて火種を潰し、部屋を後にした。

73 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/04/17(日) 20:19:59 ID:C66oNMnQO [8/61]

( ´_ゝ`)「ショボン艦長ぉ。」

(´・ω・`)「おお。流石か。」


廊下でばったり部下の流石と出会った。
私自慢の部下の一人だ。


(´・ω・`)「良い顔をしてるじゃないか。
     どうした?」

( ´_ゝ`)「ええ。調査団に弟が参加しているんです。
       兄貴として良い所を見せたくて。」

流石は普段からふざけた態度をとる男だ。
適当な態度とは裏腹に、やることはしっかりやる事から、信頼あるムードメーカーとして一躍かっている。

74 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/04/17(日) 20:22:09 ID:C66oNMnQO [9/61]

他愛もない会話をしていたお陰で、いつの間にか会議室へたどり着いていた。

ドアノブを掴み一息溜め息を吐いてから、扉を開き席に着く。

( ∵)「それでは、ブリーフィングを始めます。」

どうやら私達が最後だったらしく、早々に会議が始まった。

( ∵)「まず始めに、考古学者殿からお願いします。」

ビコーズの合図に合わせ、嫌みなほど高価そうなスーツを身に纏った若者が壇上に上がる。
分厚い資料を置き、爽やかな笑顔を振りまきながら話し始めた。

75 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/04/17(日) 20:22:42 ID:C66oNMnQO [10/61]

( ・∀・)「紹介いただいた考古学者班リーダー、モララーです。
      早速、『アトランティス文明調査作戦』の説明をはじめます。」


彼の笑顔でも、私の苛立ちは治まらなかった。


続く





( ・∀・)の王国のようです 第二話
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://eksr.blog115.fc2.com/tb.php/298-373ed7f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。