スポンサーサイト --年--月--日 スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

( ・∀・)の王国のようです 夢二話 2011年04月18日 ( ・∀・)の王国のようです トラックバック:0コメント:0


106 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/04/17(日) 21:56:34 ID:C66oNMnQO [38/61]


( ・∀・)の王国のようです


‐夢二話‐

ぁにじゃの!ぁとらんてぃす☆にっき



107 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/04/17(日) 21:57:34 ID:C66oNMnQO [39/61]


アトランティス大陸に到着ぅ(*≧∀・)V

ぁにじゃは今日から調査団護衛日記を付けることにしました☆

行く行くはインターネットに上げて、ブログ本化で出版。

ブログのファンの女の子と出会って、遊んでるうちに意気投合。

「君の体に、僕の記録を残したいんだ。」

そして二人は夜の街に……


なんつって!なんつって!!
やべ涎垂れてきた。

108 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/04/17(日) 21:58:34 ID:C66oNMnQO [40/61]

と言うわけでぇ……


早速1日目!!


ダイビングセットの準備を整ぇてぃた、ぁにじゃ達に考古学者サンが一言!

( ・∀・)「それ、いらないよ~。」

なんと!!
アトランティス大陸は空気のドームに包まれぃたのですΣ(oД0*)

現代文明を超ぇた魔法の力なんだって((;゚0゚;))

これからどんな発見がぁるんだろう!たのしみだなぁ(*^3^)pP

.

109 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/04/17(日) 22:00:08 ID:C66oNMnQO [41/61]


四日目


疲れてきたので文体を戻そうと思う。

なんなんだ「ぁにじゃ」って。どう発音するんだ。


初日から4日間、弟者とモララーで食事をとっている。

いけ好かない見た目に反して、モララーは良いヤツだった。
家系や才能を鼻に掛けず、フランクに話しかけてくる。

.

110 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/04/17(日) 22:02:05 ID:C66oNMnQO [42/61]


いいヤツを護衛するなら、やりがいがあるし何より楽しい。

今日いつも食後に飲む大量の薬について聞いてみた。


( ・∀・)「趣味だよ、趣味w」


モララーは変態だった。

.

111 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/04/17(日) 22:02:21 ID:C66oNMnQO [43/61]


いいヤツを護衛するなら、やりがいがあるし何より楽しい。

今日いつも食後に飲む大量の薬について聞いてみた。


( ・∀・)「趣味だよ、趣味w」


モララーは変態だった。

.

112 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/04/17(日) 22:05:07 ID:C66oNMnQO [44/61]


七日目


伝説の大陸は伊達じゃない。
たった一週間で「世紀の発見」が連続した。

あと数百年はこれを超える発見は無いだろう。

定期的に行うライブ中継では、記者が画面の向こうで鼻をフガフガ言わせながらインタビューしてくる。


うるせぇ。一回落ち着け。

.

113 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/04/17(日) 22:06:31 ID:C66oNMnQO [45/61]


ただ、モララーの表情は楽観的ではない。
どこか焦っているように見える。

彼自身が欲しがる物はまだ見つかっていないそうだ。

今度、なにが欲しいのか聞いてみよう。


早く見つかるといいな。モララー。

.

114 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/04/17(日) 22:08:22 ID:C66oNMnQO [46/61]


十五日目


モラの求める物が遂に見つかった。

「病を滅し、死を退ける魔法」だそうだ。

文書によれば、ほぼノーリスクで不死になれるらしい。

弟者には解らなかったらしいけど(笑)
だっせぇ(笑)


「これでクーが救える。」


モラが呟いたのは彼女の名前。
きっと、世界で一番幸せな女だ。

最高の彼氏がいてよかったな。

.

115 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/04/17(日) 22:10:25 ID:C66oNMnQO [47/61]


二十七日目


さて、アトランティス大陸を出発するまで残すこと三日。
短かったような長かったような。

三日坊主のオレの日記がここまで続いたんだ。

そりゃもう刺激的な毎日だった。

.

116 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/04/17(日) 22:11:47 ID:C66oNMnQO [48/61]


今回の数々の発見は、人類の大きな一歩となるだろう。

帰るのが楽しみなような、寂しいような。

とりあえず、日本に帰ったら飲みに行こう。


弟者と、モラと、クーさんで。

.

117 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/04/17(日) 22:12:17 ID:C66oNMnQO [49/61]




二十八日目




モラが大量の血を吐いて倒れた。




.

118 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/04/17(日) 22:13:34 ID:C66oNMnQO [50/61]


( ´_ゝ`)「……。」


パタンとノートパソコンを閉じる。

今は調査開始から二十九日目の夜。
帰還前夜だ。


モラは、昨日倒れた。

血が器官に詰まって窒素する直前に発見された。
今はどうにか容態が安定したらしい。

「どうにか。」だ。

弟者は研究室に籠もりっきりで、モラを救う方法が無いか探している。

.

119 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/04/17(日) 22:14:29 ID:C66oNMnQO [51/61]


夢のような技術が見つかった。
だが、夢を現実にするにはまだ時間が足りない。

不死の魔法もモラにすら難解なものらしく、成功の可能性も低いようだ。


なんだよ。

現代文明なんか屁でもない超文明なんじゃ無かったのかよ。

所詮思い上がった現代人には扱いきれない物なのか。
人類どころか、一人の人間も救えないのか。

.

120 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/04/17(日) 22:15:57 ID:C66oNMnQO [52/61]


下を向いていたオレの耳に、バタバタと足音が聞こえてきた。

スゥ。と鼻から息を吸い込み、零れかけた涙をムリヤリ押さえ込む。
こんな時に兄貴のオレがこんな顔してどうする。

(´<_`;)「ハァッ……ハァッ……ッ!」

弟者は初めて見る石板を抱えていた。

( ´_ゝ`)「どうした?モラを救う方法が見つかったのか?」

息も整わないうちに、弟者は続ける。

(´<_`;)「ハァッ……!
       それどころじゃ、ないんだ……!
       モラを、止めるんだ!!」

.

121 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/04/17(日) 22:17:26 ID:C66oNMnQO [53/61]


息も絶え絶えになった弟者から石板を預かり、不死の魔法を見つけた場所まで駆ける。


遠目からでも、遺跡から溢れ出す光見えた。


(´<_`;)「モラ!止めるんだ!」


魔法陣の中心に立つモラに向けて弟者が叫ぶ。
なんだ?ほぼノーリスクで使えるって言ってなかったか?

.

122 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/04/17(日) 22:18:40 ID:C66oNMnQO [54/61]


( ・∀・)「止められないんだ…ゴホッ
      発動したら、もう止まらない、みたいだ。」

(´<_`;)「違うんだ!モラ!
       オレ達は、騙されてたんだ!」

(;・∀・)「どういう……!?」


モラの胸に古文書が飲み込まれていく。

予想と違う現象が起こっているようだ。
完全に本が消え、魔法陣が一際明るく光っ










.

123 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/04/17(日) 22:19:21 ID:C66oNMnQO [55/61]




なん


ちからが




















.

124 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/04/17(日) 22:19:42 ID:C66oNMnQO [56/61]






続く






.

125 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/04/17(日) 22:21:00 ID:C66oNMnQO [57/61]



オマケ



NGカット


.

126 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/04/17(日) 22:21:57 ID:C66oNMnQO [58/61]

ブーンが掴む柱にヒビが入る。

連鎖するようにパキ。パキ。

柱から屋根にヒビが伝う。

そして、屋根が崩れる。

落下するブーンに降りかかる瓦礫と硝子。

しかしそれが当たる事は無く、ブーンを包む透明な球体が弾く。

王様がかざした右手から生み出された魔力が、防御壁を作ってブーンを守っていた。

127 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/04/17(日) 22:22:43 ID:C66oNMnQO [59/61]

更に王様の左手が魔力を湛える。

が、左手は落下した鉄板に切り落とされる。

衝撃に負けた天を仰ぐ。

眩しいほどの日射しが、瓦礫によって遮られる。

128 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/04/17(日) 22:26:27 ID:C66oNMnQO [60/61]


■■∀・)「ば……ばぬぅ」

(;^ω^)「ばぬぅって言ったお!
       突然顔が半分つぶれた人がばぬぅって言ったお!」

川;゚ -゚)「えー!?マジか、嘘だろ!?
     モララー、ぐああって言えよ!ばぬぅじゃなくて!」


つづかない

.



( ・∀・)の王国のようです 第三話
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://eksr.blog115.fc2.com/tb.php/300-4b8b5fe5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。