スポンサーサイト --年--月--日 スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しゅーきゅうっとそーん!のようです 第三話 後編 2011年04月21日 しゅーきゅうっとそーん!のようです トラックバック:0コメント:0


106 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします[] 投稿日:2011/02/07(月) 20:16:09 ID:Me6PeFHcO [2/25]

lw´‐ _‐ノv「……」

o川*゚ー゚)o「……」

lw´‐ _‐ノv「私、探してこようかな」

o川*゚ー゚)o「そうだよね、私も行くっ!」

lw´‐ _‐ノv「はい、うそでしたー。きゅーは捜してくるー」

o川;゚ー゚)o(えぇ……)

o川;゚ー゚)o「う、うん、行ってくるよ!」

lw´‐ _‐ノv「待て、私を一人にするんじゃない」

o川;゚ー゚)o(えぇ……)

107 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします[] 投稿日:2011/02/07(月) 20:17:54 ID:Me6PeFHcO [3/25]

o川*゚ー゚)o「でも心配だよ……」

lw´‐ _‐ノv「安心して」

lw´‐ _‐ノv「森に迷い込んで異世界に行ったりしてない」

o川;゚ー゚)o「そんな心配はしてないよ!」

lw´‐ _‐ノv「人間一人になりたいときもあるんだよ、キューよ」

o川*゚ー゚)o「説得力皆無だよ、シューちゃん……」

lw´‐ _‐ノv「……」

o川*゚ー゚)o「……」

lw´‐ _‐ノv「……ところで私が考えたアメリカンジョーク聞く?」

o川*゚ー゚)o「今はいいかな……」

108 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします[] 投稿日:2011/02/07(月) 20:19:04 ID:Me6PeFHcO [4/25]

しゅーきゅうっとそーん!のようです

第三話後編

109 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします[] 投稿日:2011/02/07(月) 20:21:21 ID:Me6PeFHcO [5/25]

o川*゚ー゚)o「1時間くらい経っても戻ってこなかったら」

o川*゚ー゚)o「一緒に探しに行こう、シューちゃん?」

lw´‐ _‐ノv「おーけー、わかった」

lw´‐ _‐ノv「私ナイフを研いどくから、きゅーは荷物準備してて」

o川;゚ー゚)o「そんな大冒険はしないよ! 一体何を探しにいくんだよ!」

lw´‐ _‐ノv「喜望峰を見つけに」

o川;゚ー゚)o「バルトロメウ=ディアスに任せとけよ……」

lw´‐ _‐ノv「あれ、コロンブスじゃなかった?」

o川*゚ー゚)o「コロンブスは新大陸の発見だよー」

lw´‐ _‐ノv(新大陸?)

lw´‐ _‐ノv(新大陸、世田谷……)

110 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします[] 投稿日:2011/02/07(月) 20:22:56 ID:Me6PeFHcO [6/25]

o川*゚ー゚)o「とにかく、そういうことだからね!」

lw´‐ _‐ノv「おーけー」

o川*゚ー゚)o「うん!」

o川*゚ー゚)o「……さてと、どうしよっか?」

lw´‐ _‐ノv「ポテチ」

o川*゚ー゚)o「うん?」

lw´‐ _‐ノv「まだトソしか食べてないよね」

o川*゚ー゚)o「そういえば……」

o川*゚ー゚)o「食べてみる?」

111 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします[] 投稿日:2011/02/07(月) 20:25:15 ID:Me6PeFHcO [7/25]


 ¨■■■¨
 └―――┘

lw´‐ _‐ノv「……」

o川*゚ー゚)o「……」

lw;´‐ _‐ノv「健康のために止しとく……」

o川;゚ー゚)o「地面に文字書けそうなほど真っ黒けだもんね……」

lw´‐ _‐ノv「というか電子レンジで調理ってことは」

lw´‐ _‐ノv「チンする時間まちがえただけだよね」

o川*゚ー゚)o(トソちゃんあのとき動揺してたからなあ……)

112 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします[] 投稿日:2011/02/07(月) 20:27:33 ID:Me6PeFHcO [8/25]

lw´‐ _‐ノv「リベンジする?」

o川*゚ー゚)o「う~ん、トソちゃん喜ぶかな?」

lw´‐ _‐ノv「たぶん……」

o川*゚ー゚)o「じゃあ、もいちど挑戦しよー!」

lw´‐ _‐ノv「おー」

o川*゚ー゚)o「トソちゃんの笑顔のために!」

lw´‐ _‐ノv「うむ」

lw´‐ _‐ノv「まずはどうすればいいの?」

o川*゚ー゚)o「先に水洗いして、それから皮をむくよー」

lw´‐ _‐ノv「じゃあ私は包丁研いどこう」

o川;゚ー゚)o「刃物そんなに研ぎたいの!? あと研ぐやつないよ?」

113 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします[] 投稿日:2011/02/07(月) 20:31:59 ID:Me6PeFHcO [9/25]

lw´‐ _‐ノv「ん? きゅーは知らない?」

o川*゚ー゚)o「え、なになに?」

lw´‐ _‐ノv「お茶碗の裏で、こうやって刃を当ててシュッとすると」

lw´‐ _‐ノv「あら不思議、包丁がよく切れるように」

o川*゚ー゚)o「そんな方法あるんだ、初めて知った~」

lw´‐ _‐ノv「あ、皮剥き手伝う」

o川*゚ー゚)o「ありがとう~」

lw´‐ _‐ノv「ところで何で前衛的なポテチ作りをしてたの?」

o川*゚ー゚)o「意外とポピュラーらしいよ、トソちゃんが言ってた」

lw´‐ _‐ノv「ふーん」

lw´‐ _‐ノv「ミュージシャンが自分マイナーですので、って言ってるのの反対?」

o川*゚ー゚)o「よく分かんないけど、違うんじゃないかな……」

114 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします[] 投稿日:2011/02/07(月) 20:35:02 ID:Me6PeFHcO [10/25]

lw´‐ _‐ノv「ジャガ皮剥けたよ」

o川*゚ー゚)o「次はこんな感じで薄く切ってくの、見てて~」

lw´‐ _‐ノv「うん」

o川*゚ー゚)o サクッ

lw´‐ _‐ノv「思ったんだけど……」

o川*゚ー゚)o「なになに~?」

lw´‐ _‐ノv「完成したポテチ見たらトソ、へこむかもしれないね」

o川;゚ー゚)o

o川;゚ー゚)o「おいいい! 一刀入れちゃったよ!」

o川;゚ー゚)o「ケーキ入刀後に新郎に」

o川;゚ー゚)o「やっぱり離婚しますって言われたような衝撃だよ!」

lw;´‐ _‐ノv(ハイセンス過ぎるだろ……)

lw;´‐ _‐ノv「えーと、すいません……」

115 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします[] 投稿日:2011/02/07(月) 20:36:54 ID:Me6PeFHcO [11/25]

o川;゚ー゚)o「ポテチは中止!」

lw´‐ _‐ノv「じゃあジャガイモフォンデュしようよ」

o川;゚ー゚)o「それソース、どっろどろのジャガイモ!?」

lw´‐ _‐ノv「トソも言ってるだろ、何事も挑戦だって」

o川*゚ー゚)o「真っ逆さまに下水道に流れるよ……」

lw´‐ _‐ノv「とりあえずジャガ刻むか」

lw´‐ _‐ノv「それから考えればいいし」

o川;゚ー゚)o「まるで良くないよ! 無計画は失敗への一歩だよ!」

116 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします[] 投稿日:2011/02/07(月) 20:38:40 ID:Me6PeFHcO [12/25]

lw´‐ _‐ノv サクッ

o川*゚ー゚)o「あー! 勝手に切り刻んでるし!」

lw´‐ _‐ノv サクッサクサクッ

o川;゚ー゚)o「しかも、やけに切るの早いな! ちょっとシューちゃん!?」

lw´‐ _‐ノv「え?」

lw´‐ _‐ノv「あ、ごめん、煩悩を捨てて夢中になってた」

o川*゚ー゚)o「料理中に無我の境地に達するなよ……」

117 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします[] 投稿日:2011/02/07(月) 20:40:47 ID:Me6PeFHcO [13/25]

lw´‐ _‐ノv「どうしよう、これ」

o川;゚ー゚)o「ほら~、何も考えないで始めるからだよー」

lw´‐ _‐ノv「先に言えよ……」

o川;゚ー゚)o「先に言ったよ! シューちゃんの中の時系列どうなってるの!?」

lw´‐ _‐ノv「きゅー……」

lw´‐ _‐ノv「ちょっと休憩しよう」

o川*゚ー゚)o「う、うん、ひとまずお茶でも飲もっか」

lw´‐ _‐ノv「おー、焙煎は私に任して」

o川;゚ー゚)o「そこからは始めないけど、お湯沸かすね……」

118 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします[] 投稿日:2011/02/07(月) 20:43:18 ID:Me6PeFHcO [14/25]

o川*゚ー゚)o「シューちゃんは最近何か料理作った?」

lw´‐ _‐ノv「ここのとこ、ずっとホットケーキ食べてる」

o川*゚ー゚)o「お~、私しばらく食べてないな~」

lw´‐ _‐ノv「まだ5、6枚くらいあるから持ってこようか?」

o川;゚ー゚)o「えぇ~、それ作り過ぎじゃない?」

lw´‐ _‐ノv「うち計りがなくて」

lw´‐ _‐ノv「もうちょっと足すか、って感覚でやってたら……」

o川*゚ー゚)o「それで増えてったんだ。よくあるよね~」

lw´‐ _‐ノv「気づいたらボウルから溢れてた……」

o川;゚ー゚)o「料理中に悟りを開こうとするの、やめた方がいいよ……」

119 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします[] 投稿日:2011/02/07(月) 20:49:11 ID:Me6PeFHcO [15/25]

o川*゚ー゚)o「それで、うまく焼けた~?」

lw´‐ _‐ノv「うん、美味しく出来た」

lw´‐ _‐ノv「だけど卵が3日くらい賞味期限切れてた……」

o川;゚ー゚)o「えぇ~、大丈夫だったの?」

lw´‐ _‐ノv「うん」

lw´‐ _‐ノv「飛行機が墜落しても生きてるくらい幸運だからね」

o川;゚ー゚)o「どこのギャング!? シューちゃんはそんな体験してないでしょ!?」

o川;゚ー゚)o「あと幸運は関係ないと思うよ……」

lw´‐ _‐ノv「じゃあ、不運?」

lw´‐ _‐ノv「だけど私は不幸ではないよ」

o川;゚ー゚)o「今のは不幸体質言いたかっただけでしょ!? お水飲んどけよ!」

120 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします[] 投稿日:2011/02/07(月) 20:51:04 ID:Me6PeFHcO [16/25]

ピンポーン

o川*゚ー゚)o「あっ! 戻ってきた!」

lw´‐ _‐ノv「お土産楽しみだね、きゅー」

o川;゚ー゚)o「期待してないよ! ふてぶてし過ぎるだろ!」

ピンポーン

o川;゚ー゚)o「ごめーん、今開けるねー」

ガチャン

(゚、゚トソン

o川*゚ー゚)o「トソちゃん!」

o川*゚ー゚)o「もー、どこに行ってたの?」

(゚、゚トソン「あ、あの」

121 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします[] 投稿日:2011/02/07(月) 20:53:37 ID:Me6PeFHcO [17/25]

(゚、゚;トソン「その……」

lw´‐ _‐ノv「おー、トソ。いい電子レンジ売ってた?」

o川;゚ー゚)o「レンジをふらっと求めに行ってたの!? そんな人1人しか知らないよ!」

o川*゚ー゚)o「ねー、トソちゃん?」

lw´‐ _‐ノv「だって、きゅーのレンジぼろじゃん」

o川*゚ー゚)o「それは関係ないでしょ!」

(゚、゚トソン「あの!」

lw´‐ _‐ノv「うん?」

(`、`トソン「突然いなくなって、すいません……」

lw´‐ _‐ノv「まあまあ」

o川*゚ー゚)o「とりあえず居間へ行こ~」

(`、`トソン「はい……」

122 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします[] 投稿日:2011/02/07(月) 20:55:30 ID:Me6PeFHcO [18/25]

o川*゚ー゚)o「何事もなくてよかったよ~」

lw´‐ _‐ノv「温かいお茶を淹れたる」

(`、`トソン「あ、すいません……」

(゚、゚トソン「私、上手く感情も表せられないし」

(゚、゚トソン「空気も読めないんですよね」

lw´‐ _‐ノv(私も私もー)

(゚、゚トソン「料理だけは……私の唯一のとりえだと思っていたんです」

(`、`トソン「それで、目の前が真っ暗になって……」

o川*゚ー゚)o「……」

123 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします[] 投稿日:2011/02/07(月) 20:57:38 ID:Me6PeFHcO [19/25]

o川*゚ー゚)o「トソちゃんはトソちゃんでいいんだよ!」

o川*゚ー゚)o「それに自分に誇らしげに生きた方が、きっと楽しいと思う!」

(゚、゚トソン「キュー……」

lw´‐ _‐ノv(……)

lw´‐ _‐ノv(私も何か言いたいけど、春の季語しか思いつかない……)

lw´‐ _‐ノv「にわとこの花……」

(゚、゚トソン「?」

o川*゚ー゚)o「?」

124 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします[] 投稿日:2011/02/07(月) 20:59:16 ID:Me6PeFHcO [20/25]

(゚、゚トソン「あの」

(゚、゚トソン「警察への捜索願は取り下げしておいてください」

o川;゚ー゚)o「出してないよ!」

o川;゚ー゚)o「料理に失敗して行方不明になってたら、警察もびっくりだよ!」

(゚、゚;トソン

(゚、゚トソン「……前々から言おうと思ってたんですけど」

(゚、゚トソン「キューはツッコミが過剰ですよ」

o川;゚ー゚)o「突っ込ませてるのは誰だよ……」

125 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします[] 投稿日:2011/02/07(月) 21:01:06 ID:Me6PeFHcO [21/25]

(゚、゚トソン「ふふ……」

o川*゚ー゚)o(……トソちゃんが珍しく笑ってる)

(゚、゚トソン「これからも」

(゚、゚トソン「よろしくお願いしますね」

o川*゚ー゚)o

o川*^ー^)o「うん、こちらこそ!」

lw´‐ _‐ノv(おいおい私空気かよ……)

126 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします[] 投稿日:2011/02/07(月) 21:04:37 ID:Me6PeFHcO [22/25]

(゚、゚トソン「ところで、入ってくるときに見えたんですが」

(゚、゚トソン「まな板の上にあった切り刻んだ物体はなんです?」

o川*゚ー゚)o「ああ、あれね~」

lw´‐ _‐ノv「それでトソを元気付けてあげようって、キューが」

o川;゚ー゚)o「やや語弊があるよ!」

o川;゚ー゚)o「切り刻んだジャガイモ見て元気になるって、どんな歪んだ人生を過ごしてきたんだよ!」

lw´‐ _‐ノv

(゚、゚;トソン(シューが目でよく分からない合図を送ってる……)

127 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします[] 投稿日:2011/02/07(月) 21:06:49 ID:Me6PeFHcO [23/25]

(゚、゚;トソン「う、うーん……な、何故だか力が湧いてきました!」

o川;゚ー゚)o「生い立ちを気安く尋ねられねえ……」

lw´‐ _‐ノv「私も明日への活力が湧いてきた」

o川;゚ー゚)o「私ん家はジャガイモを刻んで元気になる会でも開いてるのかよ……」

lw´‐ _‐ノv「トソ~」

(゚、゚トソン「はい、何でしょう?」

lw´‐ _‐ノv「空気読めてるよ、大丈夫」

(゚、゚トソン「シュー……」

128 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします[] 投稿日:2011/02/07(月) 21:09:58 ID:Me6PeFHcO [24/25]

o川*゚ー゚)o「あっ!」

o川;゚ー゚)o「すっかり忘れてたけどジャガイモどうしよう……」

(゚、゚トソン「……」

(゚、゚トソン「仕方がないですね」

lw´‐ _‐ノv「お?」

(゚、゚トソン「あり合わせのもので何か作りましょう」

o川*゚ー゚)o「トソちゃん……! ありがとう~!」

(゚、゚*トソン「いえいえ」

lw´‐ _‐ノv「時にトソ~、あのバッグファンシーで可愛いね」

o川;゚ー゚)o(あ……)

(゚、゚トソン「うっ……」

lw´‐ _‐ノv「へ?」



終わり






しゅーきゅうっとそーん!のようです 第四話 前編
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://eksr.blog115.fc2.com/tb.php/305-dba0ab84
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。