スポンサーサイト --年--月--日 スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しゅーきゅうっとそーん!のようです 第四話 前編 2011年04月21日 しゅーきゅうっとそーん!のようです トラックバック:0コメント:0


138 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします[] 投稿日:2011/02/25(金) 22:12:25 ID:D6b8LAvMO [2/16]

lw´‐ _‐ノv「……」

lw´‐ _‐ノv「始まりでもあり、終わりでもある生命の根源として」

lw´‐ _‐ノv「この星を出ることを決めました」

o川;゚ー゚)o「……」

(゚、゚トソン「……」

lw´‐ _‐ノv「……」

lw´‐ _‐ノv「……私は誰と話してんだよ」

o川;゚ー゚)o「知らないよ! ほんとに誰と話してたの!?」

(゚、゚トソン「キューに語りかけていたのでは?」

o川*゚ー゚)o「そんな難解なこと語り明かされても、返事に困るよ!」

(゚、゚トソン「へぇとか、そうですかとか言っとけばいいじゃないですか」

o川;゚ー゚)o「それは興味無さ過ぎだろ!」

139 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします[] 投稿日:2011/02/25(金) 22:15:17 ID:D6b8LAvMO [3/16]

o川;゚ー゚)o「私は、宇宙の真理について聞き返すべきか迷ってたのに!」

(゚、゚;トソン「その対応力はキューにしかありません」

(゚、゚トソン「それから、真理なんて誤謬なんですよ」

o川*゚ー゚)o「ニーチェみたいなこというなよ……」

lw´‐ _‐ノv「さっきのは独り言だよー」

o川*゚ー゚)o「シューちゃん……」

o川*゚ー゚)o「じゃあ誰とも話してなかったんだよ……」

lw´‐ _‐ノv「独り言は誰とお話ししてるのかなって」

(゚、゚トソン「哲学的ですね」

(゚、゚トソン「言わば自分との対話でしょうか」

o川*゚ー゚)o「だからそれは誰とも話してないんだよ……」

140 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします[] 投稿日:2011/02/25(金) 22:15:57 ID:D6b8LAvMO [4/16]


しゅーきゅうっとそーん!のようです

第四話前編

142 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします[] 投稿日:2011/02/25(金) 22:19:48 ID:D6b8LAvMO [5/16]

o川*゚ー゚)o「あのね、私思うんだけど」

(゚、゚トソン「何でしょう?」

o川*゚ー゚)o「いつも私のうちで飽きない?」

(゚、゚トソン「飽きない、と言えば嘘になりますね」

o川*゚ー゚)o「でしょ~?」

lw´‐ _‐ノv「お部屋の中、代わり映えしないしね」

o川;゚ー゚)o「来客の度に模様替えはしないよ……」

o川*゚ー゚)o「だけど飽き飽きするよね~」

o川*゚ー゚)o「だから、たまには2人のとこに行きたいな~って」

lw´‐ _‐ノv「……」

(゚、゚トソン「……」

o川*゚ー゚)o「……」

o川*゚ー゚)o「押し黙るなよ……」

143 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします[] 投稿日:2011/02/25(金) 22:23:17 ID:D6b8LAvMO [6/16]

(゚、゚トソン「えーと、私はその」

(゚、゚トソン「彼氏と同棲しているので」

lw´‐ _‐ノv「なん……だと」

o川*゚ー゚)o「えぇ~、彼氏がいるなんて聞いたことないよ」

o川*゚ー゚)o「それに前に一度行った時、彼氏の影もなかったじゃん」

(゚、゚;トソン「それはその、あれですよ」

(゚、゚;トソン「お、押し入れの中にいつもいるので」

o川;゚ー゚)o「えぇ……ずっと押し入れにいるの!?」

o川;゚ー゚)o「ドラえもんでも流石に部屋には出てくるよ!?」

lw´‐ _‐ノv「彼氏の待遇それで大丈夫なの?」

(゚、゚;トソン「も、問題ありません」

144 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします[] 投稿日:2011/02/25(金) 22:25:44 ID:D6b8LAvMO [7/16]

(゚、゚トソン「それよりシューの家はどうなんですか?」

lw´‐ _‐ノv「私の家?」

(゚、゚トソン「はい」

lw´‐ _‐ノv「みんなお金持ってないでしょ?」

o川;゚ー゚)o「金取るのかよ……遊園地にでも住んでるの?」

lw´‐ _‐ノv「千葉にある東京のテーマパークに」

o川*゚ー゚)o「夢の世界の住人なのかよ……」

(゚、゚トソン「言葉にするのも憚られるあそこですね」

o川;゚ー゚)o「いやいや、そんな恐れ多い場所じゃないでしょ!?」

o川*゚ー゚)o「ディズニーランド!」

lw´‐ _‐ノv「あーあ……」

(゚、゚トソン「……」

lw´‐ _‐ノv「……」

o川;゚ー゚)o「……」

o川*゚ー゚)o「押し黙るなよ……」

146 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします[] 投稿日:2011/02/25(金) 22:30:57 ID:D6b8LAvMO [8/16]

o川;゚ー゚)o「ミッキーを無断で使ったりすると怒られるだけで」

o川*゚ー゚)o「ディズニーランドは大丈夫だよ~」

lw´‐ _‐ノv「じゃあさ」

lw´‐ _‐ノv「ディズニーランド、ってキャラクター作っても大丈夫?」

o川;゚ー゚)o「分かんないけど、たぶん物凄い勢いで怒られると思う」

(゚、゚トソン「ちょっと名前を変えたら大丈夫ですよ」

lw´‐ _‐ノv「うーん」

lw´‐ _‐ノv「じゃあ、ブンダーランドってキャラクター作ろうかな?」

o川;゚ー゚)o「それはまた、別の人に怒られると思う……」

lw´‐ _‐ノv「ともかく」

147 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします[] 投稿日:2011/02/25(金) 22:33:54 ID:D6b8LAvMO [9/16]

lw´‐ _‐ノv「私の家もまた今度ね」

o川*゚ー゚)o「そっか~……残念だな~」

lw´‐ _‐ノv「今は居候がいるの」

(゚、゚トソン「それは初耳ですね」

lw´‐ _‐ノv「もさっとした人語を喋る生物が」

o川;゚ー゚)o「それはもっさりさんだと思うけど、シューちゃんじゃないでしょ!?」

o川;゚ー゚)o「ね?」

(゚、゚トソン「えっ」

(゚、゚;トソン「えぇ、私ですか」

(゚、゚;トソン「そんな貪欲にボケを求めないでくださいよ……」

o川;゚ー゚)o「え、あ、ごめんね! そんなつもりじゃなかったんだけど……」

148 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします[] 投稿日:2011/02/25(金) 22:36:18 ID:D6b8LAvMO [10/16]

o川;゚ー゚)o「あと一応言うと、今まで一度たりとも一切ボケを求めてないからね!」

lw´‐ _‐ノv「まあまあ」

(゚、゚トソン「はいはい、分かってますから」

o川*゚ー゚)o「なんでフリみたいになってるんだよ……」

(゚、゚トソン「そうだ」

(゚、゚トソン「シューの買ってきたケーキ食べましょうよ」

lw´‐ _‐ノv「食べよー」

o川*゚ー゚)o「う、うん、遊びに行く話しはうやむやになっちゃったけど」

o川*゚ー゚)o「いま、冷蔵庫からケーキとってくるね」

lw´‐ _‐ノv「わーい、シューちゃんありがとー」

o川*゚ー゚)o「シューちゃんは自分自身だよ、シューちゃん……」

150 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします[] 投稿日:2011/02/25(金) 22:39:16 ID:D6b8LAvMO [11/16]

(゚、゚トソン「どこのお店で買ったんですか?」

lw´‐ _‐ノv「喫茶ニュー速VIPだよ」

o川;゚ー゚)o「違う世界でケーキ買ってくるなよ……」

lw´‐ _‐ノv「うそうそ」

lw´‐ _‐ノv「ほんとは駅ナカのやつ」

o川*゚ー゚)o「わ~、駅あんまり使わないから初めて食べる!」

(゚、゚トソン「箱開けていいですか?」

lw´‐ _‐ノv「もち」

o川*゚ー゚)o「じゃじゃーん、っと」

(゚、゚トソン「ショートケーキにチーズケーキとチョコケーキ」

o川*゚ー゚)o「おお~! 美味しそう~」

151 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします[] 投稿日:2011/02/25(金) 22:44:08 ID:D6b8LAvMO [12/16]

(゚、゚トソン「ありがとうございます、シュー」

o川*゚ー゚)o「ありがと~」

lw´‐ _‐ノv「うむ。それより早く食べようよ」

o川*゚ー゚)o「みんなどれにする~?」

(゚、゚トソン「せーの、で食べたいのを言い合いましょう」

lw´‐ _‐ノv「おっけー」

o川*゚ー゚)o「うん!」

(゚、゚トソン「では、いきますよ」

(゚、゚トソン「せーの」


o川*゚ー゚)olw´‐ _‐ノv「ショートケーキ!」(゚、゚トソン

153 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします[] 投稿日:2011/02/25(金) 22:46:42 ID:D6b8LAvMO [13/16]

o川;゚ー゚)o「……」

lw´‐ _‐ノv「……」

(゚、゚トソン「……」

o川*゚ー゚)o「見事に揃ったね……」

(゚、゚;トソン「まさかショートケーキ好きが三人も集うとは……」

lw´‐ _‐ノv「どうする?」

o川*゚ー゚)o「シューちゃんが買ってきたんだし」

o川*゚ー゚)o「シューちゃんから選んでいいんじゃない?」

(゚、゚トソン「待って下さい」

o川*゚ー゚)o「え?」

(゚、゚トソン「ここはあえて、一人一人ショートケーキが食べたい思いを述べましょう」

154 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします[] 投稿日:2011/02/25(金) 22:51:02 ID:D6b8LAvMO [14/16]

(゚、゚トソン「一番熱い人が優勝です」

o川;゚ー゚)o「何の競技なのか分かんないけど、私はそれでいいよ」

(゚、゚トソン「シューはどうです?」

lw´‐ _‐ノv「いいよー」

lw´‐ _‐ノv「さっそく私から言う」

(゚、゚トソン「ええ、ではお願いします」

lw´‐ _‐ノv「……ゴホン!」

o川;゚ー゚)o(そんな改まるものなんだ……)

lw´‐ _‐ノv「ショートケーキが食べられないと……」

(゚、゚トソン「はい」

lw´‐ _‐ノv「人格変わるよ、私」

o川;゚ー゚)o「えぇ……」

155 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします[] 投稿日:2011/02/25(金) 22:55:41 ID:D6b8LAvMO [15/16]

(゚、゚トソン「……」

o川;゚ー゚)o「人格変わるほどショートケーキに飢えてるんだ……」

o川*゚ー゚)o「もうシューちゃん優勝でいいよ、なんかコワいし……」

lw´‐ _‐ノv「ショートケーキを食べられても」

lw´‐ _‐ノv「人格変わるよ」

o川;゚ー゚)o「どちらにせよ変わるの!? ショートケーキを前に居れないじゃん……」

(゚、゚トソン「オブラートを食べて性別が変わるようなかんじですね」

o川;゚ー゚)o「いったい何の箱を開けちゃったの!? それはケーキの箱じゃないよ!」

(゚、゚トソン「次はキューの番です」

o川;゚ー゚)o「ショートケーキにそんな思い入れないんだけど、どうしよう……」


続く





しゅーきゅうっとそーん!のようです 第四話 後編
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://eksr.blog115.fc2.com/tb.php/306-453d6644
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。