スポンサーサイト --年--月--日 スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しゅーきゅうっとそーん!のようです 第四話 後編 2011年04月21日 しゅーきゅうっとそーん!のようです トラックバック:0コメント:0


172 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします[] 投稿日:2011/03/30(水) 01:21:47 ID:O4csfOiYO [2/20]

o川;゚ー゚)o(どうしよう……)

o川;゚ー゚)o「う~ん……」

o川*゚ー゚)o「ちょっと考えてもいい?」

lw´‐ _‐ノv「考えずとも、頭の中にあることを言えばいいんだよ」

o川;゚ー゚)o「えぇ~、遠い星のきらめきとかしか思いつかないよ?」

(゚、゚;トソン「どんだけ宇宙好きなんですか……」

(゚、゚トソン「私が先に言いましょうか?」

o川*゚ー゚)o「あ、じゃあお願い~」

(゚、゚トソン「では……ゴホン」

o川*゚ー゚)o(やっぱり咳払いは必須なんだ……)

(゚、゚トソン「東に病気の子供あれば」

(゚、゚トソン「ショートケーキを黙って渡す」

(゚、゚トソン「そういうものに」

(゚、゚トソン「私はなりたい」

o川;゚ー゚)o「えぇ……」

173 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします[] 投稿日:2011/03/30(水) 01:24:59 ID:O4csfOiYO [3/20]

lw´‐ _‐ノv「もっと栄養のあるもの食べさせろよ……」

o川;゚ー゚)o「その前にそれは有名な詩をお借りしちゃってない!?」

(゚、゚トソン「北に喧嘩や訴訟があれば」

o川;゚ー゚)o「続いてたんだ……」

(゚、゚トソン「ショートケーキを黙って渡す」

(゚、゚トソン「そういうものに……」

o川;゚ー゚)o「いやいや! ショートケーキ万能過ぎるだろ! 何で争ってたんだよ!」

lw´‐ _‐ノv「私はなりたい」

o川*゚ー゚)o「シューちゃんがなるんだ……」

174 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします[] 投稿日:2011/03/30(水) 01:26:02 ID:O4csfOiYO [4/20]

しゅーきゅうっとそーん!のようです

第四話後編

175 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします[] 投稿日:2011/03/30(水) 01:29:30 ID:O4csfOiYO [5/20]

o川*゚ー゚)o「いまのはちょっとだめじゃない?」

(゚、゚トソン「なんでですか」

(゚、゚トソン「聞いていて優しい気持ちになれたでしょう?」

o川;゚ー゚)o「人の心を揺さぶらなくていいんだよ!? 趣旨変わってない?」

o川*゚ー゚)o「そもそもその内容、ケーキ譲っちゃってるじゃん!」

(゚、゚トソン「いえ、キュー達がそんな人物になることを願って」

o川;゚ー゚)o「あ、要求してるのを表してたんだ……」

(゚、゚トソン「シューはどう思いました?」

lw´‐ _‐ノv「うーん」

lw´‐ _‐ノv「私の暫定一位は揺るいでないかな」

o川*゚ー゚)o「ほら、シューちゃんも失望したって言ってるよ!」

lw;´‐ _‐ノv(えぇ……)

176 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします[] 投稿日:2011/03/30(水) 01:34:51 ID:O4csfOiYO [6/20]

(゚、゚;トソン「いや、そんなストレートには言ってないと思いますが……」

(゚、゚トソン「ともあれ次はキューの番ですよ」

o川*゚ー゚)o「……う、うん、とりあえずやってみるね」

o川*゚ー゚)o「……ゴホン!」

o川*゚ー゚)o「口いっぱいに溶けちゃうホイップに……」

o川*゚ー゚)o「甘酸っぱいイチゴ!」

(゚、゚トソン「……」

o川*゚ー゚)o「そんなショートケーキが大好き!」

lw´‐ _‐ノv「……」

o川*゚ー゚)o「もしも100万円貰ったら、お腹いっぱい買いたいな」

o川*゚ー゚)o「終わり!」

(゚、゚トソン「……」

lw´‐ _‐ノv「……」

o川*゚ー゚)o「……」

o川*゚ー゚)o「無言の視線はよせよ……」

177 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします[] 投稿日:2011/03/30(水) 01:38:00 ID:O4csfOiYO [7/20]

(゚、゚;トソン「なんですか、最後の俗物感溢れるセリフは……」

o川*゚ー゚)o「え~可愛いでしょ?」

lw´‐ _‐ノv「かっこいい、スマートなことを言うのは」

lw´‐ _‐ノv「実力がついてからがいいよ」

o川;゚ー゚)o「車の運転適性診断みたいなことを……」

lw´‐ _‐ノv「ねえねえ、ところで誰が採点するの?」

o川*゚ー゚)o「あっ、たしかに」

(゚、゚トソン「私のが一番良かったと思うんですけど、私がジャッジしましょうか?」

o川;゚ー゚)o「結果が既に口から滑ってるよ! どんな東洋の笛だよ……」

178 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします[] 投稿日:2011/03/30(水) 01:40:48 ID:O4csfOiYO [8/20]

(゚、゚トソン「仕方ないですね」

(゚、゚トソン「……じゃんけんにしますか」

lw´‐ _‐ノv「そうしよー。一番公平だしね」

o川;゚ー゚)o「えぇ……」

o川;゚ー゚)o(今までやってきたことは……)

(゚、゚トソン「私チョキ出しますよ、チョキ」

lw´‐ _‐ノv「じゃあ私はグーにしよ」

(゚、゚トソン「本当はパー出すんですけどね」

o川*゚ー゚)o(でた、心理戦……)

lw´‐ _‐ノv「やっぱりチョキにしようかな」

(゚、゚トソン「本当の本当はグーです」

o川;゚ー゚)o(心理戦でも何でもなかった……)

179 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします[] 投稿日:2011/03/30(水) 01:43:45 ID:O4csfOiYO [9/20]

o川*゚ー゚)o「二人ともいい? いくよ~」

lw´‐ _‐ノv「うん」

(゚、゚トソン「ええ、負けませんよ」

o川*゚ー゚)o「じゃんけん、ぽい!」

(゚、゚トソン グー

lw´‐ _‐ノv グー

o川*゚ー゚)o パー


lw´‐ _‐ノv「負けた……」

o川*゚ー゚)o「あっ、私の勝ち!? やったー! 神さまありがとう」

(゚、゚トソン「くっ……」

o川*゚ー゚)o「ショートケーキ、もっらい~!」

(゚、゚トソン「……」

(゚、゚トソン「家、燃えますよ」

o川;゚ー゚)o「燃えないよ! 露骨な脅迫に打って出るなよ……」

180 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします[] 投稿日:2011/03/30(水) 01:49:09 ID:O4csfOiYO [10/20]

o川*゚ー゚)o「もー」

o川*゚ー゚)o「しょうがないからあとで一口あげるね」

(゚、゚トソン「ありがたく頂きましょう」

o川*゚ー゚)o「うん。あ、フォーク取ってくるね~」

lw´‐ _‐ノv「私も一口もらうー。ケーキ、トソはどっちにする?」

(゚、゚トソン「残った方でいいですよ」

lw´‐ _‐ノv「えっ……」

lw´‐ _‐ノv「ケーキの透明フィルム集めてるの……?」

(゚、゚;トソン「集めてません。それしか残さないつもりですか」

lw´‐ _‐ノv「うそうそ、じゃあトソはチョコの方ね。はい」

(゚、゚トソン「あ、どうも」

181 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします[] 投稿日:2011/03/30(水) 01:52:31 ID:O4csfOiYO [11/20]

o川*゚ー゚)o「お待たせ~。じゃあ食べよっか!」

lw´‐ _‐ノv「お~いただきます」

(゚、゚トソン「いただきます」

(゚、゚トソン パクッ

(゚、゚*トソン「あ、甘い……」

o川*゚ー゚)o「う~ん、口がとろける~」

lw´‐ _‐ノv「けど、しばらく置いといてたからちょっと温かくなってるね」

lw´‐ _‐ノv「まるで……」

o川*゚ー゚)o「これがほんとのホットケーキとか言うんでしょ~」

lw´‐ _‐ノv「誰かが座った後の便座みたい」

(゚、゚;トソン「……」

o川;゚ー゚)o「食べたことないでしょ! 人としてその例えはやめなよ……」

183 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします[] 投稿日:2011/03/30(水) 01:55:02 ID:O4csfOiYO [12/20]

lw´‐ _‐ノv「時間が緩やかに流れていくね」

(゚、゚トソン「ですねえ」

o川*゚ー゚)o「何だか優雅なかんじ~」

lw´‐ _‐ノv「怪談話でもする?」

o川;゚ー゚)o「ケーキ食べながら!? どんな午後のひと時だよ……」

(゚、゚トソン「そういえば……」

(゚、゚トソン「キューの部屋には角がありませんね……」

lw´‐ _‐ノv「はっ! 部屋が、まるい……」

o川;゚ー゚)o「いやいや、そこら中尖ってるから! わんさかわんこ出てくるよ!」


(゚、゚トソン「まるいですよ、賭けて闇のデュエルします?」

184 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします[] 投稿日:2011/03/30(水) 01:58:07 ID:O4csfOiYO [13/20]

o川;゚ー゚)o「私たちは今どこにいるんだよ……、名前でも何でも賭けるよ」

(゚、゚トソン「ほら、あのペットボトル……」

o川;゚ー゚)o「あれが私の部屋なの!? 私は炭酸飲料の妖精なのかよ……」

lw´‐ _‐ノv「トソの勝ちー」

o川;゚ー゚)o「えぇ……」

(゚、゚トソン「さて、名前を賭けましたからね」

(゚、゚トソン「これから私のことは、都村・キュート・トソンと呼んで下さい」

lw´‐ _‐ノv「おおー、ミドルネームみたいでかっこいい」

o川;゚ー゚)o「人の名前、スターチップみたいに扱うなよ……」

lw´‐ _‐ノv「ふふふ、私はその名前をもらった」

186 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします[] 投稿日:2011/03/30(水) 02:00:24 ID:O4csfOiYO [14/20]

lw´‐ _‐ノv「しゅーるきゅーととそん、と呼びたまえ」

o川;゚ー゚)o「名前ごちゃごちゃすぎじゃない、それ」

(゚、゚トソン「ちょっと語感が悪いですね」

lw´‐ _‐ノv「じゃあ……、しゅーきゅうっとそーんで」

o川;゚ー゚)o「実社会でやってけないよ、その名前……」

lw´‐ _‐ノv「……次生まれるときは、労働のない時代に生まれたい」

o川*゚ー゚)o「シューちゃんの中の未来の世界どうなってるの?」

(゚、゚トソン「きっと世紀末ですね」

o川;゚ー゚)o(生まれたくねえ……)

188 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします[] 投稿日:2011/03/30(水) 02:02:23 ID:O4csfOiYO [15/20]

o川*゚ー゚)o「あっ、そういえば」

o川*゚ー゚)o「シューちゃん民俗論のレポート出してないでしょ?」

lw´‐ _‐ノv「まだ手つけてない」

o川;゚ー゚)o「ええ~大丈夫? 明後日までだよ、たしか」

lw´‐ _‐ノv「あのね……」

o川*゚ー゚)o「うん?」

lw´‐ _‐ノv「私ん家、タオル置くとこが浴室からちょっと離れててね」

o川*゚ー゚)o「?」

lw´‐ _‐ノv「ちょっと手を伸ばさないとタオルに届かないの」

189 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします[] 投稿日:2011/03/30(水) 02:04:22 ID:O4csfOiYO [16/20]

(゚、゚トソン「それは不便ですね」

lw´‐ _‐ノv「うん。だけど、それで気づいたことがあって」

lw´‐ _‐ノv「手を伸ばすとき、自然と片足を後ろに上げてバランスをとってた」

o川*゚ー゚)o「それでそれで?」

lw´‐ _‐ノv「人間、自然となるようになるんだなって」

(゚、゚トソン「なるほど」

lw´‐ _‐ノv「バランスに身を任せて生きていいのかな、って思ったの」

o川*゚ー゚)o「シューちゃん」

o川*゚ー゚)o「だけど、レポートはやらないと終わらないんだよ……」

lw´‐ _‐ノv「うん……」

190 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします[] 投稿日:2011/03/30(水) 02:07:37 ID:O4csfOiYO [17/20]

(゚、゚トソン「おっと、体のバランスが勝手に」

o川*゚ー゚)o「あっ! イチゴ、食べるなー」

(゚、゚トソン「チョコの部分あげますから」

o川;゚ー゚)o「チョコケーキのチョコの部分ってほぼ全部だよ、それ……」

lw´‐ _‐ノv「透明のフィルムはいる?」

o川;゚ー゚)o「いらないよ、貰ってもすぐにごみ箱行きだよ……」

lw´‐ _‐ノv「フィルム、そのままごみ箱入れていいの?」

o川*゚ー゚)o「あ、うん、大丈夫~」

191 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします[] 投稿日:2011/03/30(水) 02:10:31 ID:O4csfOiYO [18/20]

(゚、゚トソン「なんだかアンニュイな午後ですね」

o川*゚ー゚)o「ぽかぽかな春の陽気のせいだよ、きっと」

(゚、゚トソン「外に出て、映画でも借りてきますか?」

lw´‐ _‐ノv「おお~」

lw´‐ _‐ノv「ビルから飛び降りて現実に戻るシーンが久々に見たい」

o川;゚ー゚)o「またなんかネタバレしたでしょ……、それは借りないからね」

lw´‐ _‐ノv「ついでに身近なネタバレもする?」

(゚、゚トソン「身近なネタバレですか?」

lw´‐ _‐ノv「歯車王の正体とか」

o川;゚ー゚)o「ネタバレは嫌だけど、身近に歯車王いないでしょ!?」

192 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします[] 投稿日:2011/03/30(水) 02:12:26 ID:O4csfOiYO [19/20]

(゚、゚トソン「……もうすぐ梅雨入りですね」

lw´‐ _‐ノv「うん」

lw´‐ _‐ノv「そしたら夏がきて、すぐに秋がきて」

lw´‐ _‐ノv「ちょっとずつ街も変わっちゃうのかな」

(゚、゚トソン「いつになく感傷的ですね」

o川*゚ー゚)o「……」

o川*゚ー゚)o「……桜、まだ咲いてるかなあ」

(゚、゚トソン「ですねえ」

lw´‐ _‐ノv「うん……」



終わり





しゅーきゅうっとそーん!のようです 番外編
しゅーきゅうっとそーん!のようです 最終話
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://eksr.blog115.fc2.com/tb.php/307-6277f1f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。