スポンサーサイト --年--月--日 スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

( ・∀・)の王国のようです 夢三話 2011年05月25日 ( ・∀・)の王国のようです トラックバック:0コメント:0


155 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/05/23(月) 20:37:23 ID:0F2dSoEgO [18/29]



( ・∀・)の王国のようです


‐夢三話‐
弟者の嘆きと真実と


.

156 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/05/23(月) 20:41:04 ID:0F2dSoEgO [19/29]


(´<_`;)「……クソ……。」

ついに、モラが倒れてしまった。
親友を救う方法が無いか研究室をひっくり返しながら、何かを罵倒する。

モラの命は、あと一年は持つはずだった。

しかし、それは安静に普通の生活を過ごした場合。
アトランティスについてから、モラの睡眠時間は目に見えて減っていた。


いくら安静にするよう声をかけても、頑として休もうとしない。
その無理が、モラの命を大幅に削っていった。



まるで、蝋燭が激しく燃え上がり長さをすり減らすように。


.

157 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/05/23(月) 20:43:45 ID:0F2dSoEgO [20/29]


高校で出会い、大学を卒業。

その後モラの親父さんの研究グループに助手となった。
世界を巡り、様々な発見によりオレ達は歴史に名を残す。

親父さんが早くに亡くなってしまってからは、意志を引き継いだモラが研究組織のトップを担った。


そして、アトランティス研究に乗り出してすぐの事だ。



モラは命の残り時間が突きつけられた。

.

158 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/05/23(月) 20:45:03 ID:0F2dSoEgO [21/29]

余命を宣告されてから、彼は魂が抜けたようになりながらも闘病生活を続けた。

ブレインを失ったチームは、足踏み状態に陥ってしまう。




そんな闘病生活の中で、モラはクーさんに出会った。




それからのモラは本当に幸せそうだった。
.

159 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/05/23(月) 20:46:42 ID:0F2dSoEgO [22/29]


そして、アトランティス発見の三ヶ月前、突如モラはチームに復帰する。

彼の目には生気とある種の決意が宿っていた。
死の絶望から解放されたかのように。

( ・∀・)「約束したんだ。
      それを果たすまで死ねない。
      それが叶うまで死なない。」

心配するオレの目を真っ直ぐに見て、彼はそう言った。

オレは、二人の約束を叶えたかった。
二人のか細い希望を実現させたかった。


(;<_; )「まだその時じゃねぇだろ。
       約束はどうするんだよ……モラ……。」

涙があふれて止まらなかった。

.

160 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/05/23(月) 20:48:20 ID:0F2dSoEgO [23/29]


顔を伝った水滴が、ポタポタと横たわる石版に黒い円を残す。

(;<_; )「……なんだこれ。」

この石版は、アトランティスで栄えた王国の研究者の墓碑。

生前に残されたであろう遺書じみた文章の記された、その裏側。
何も記されていないはずの面に微かな変化が現れた。

濡れた部分が光り、模様を形作る。


いや、違う。

これは、魔力で記された古代文字だ。

.

161 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/05/23(月) 20:52:15 ID:0F2dSoEgO [24/29]


近くにあったペットボトルをひっつかみ、水をぶっかける。

(´<_`;)「……!
       でた……!」

全体に行き渡った水分が石版に吸い込まれ、光りの文字列をが浮かび上がる。

新発見だとかそんなの、もうどうでも良い。

藁にも縋る思いで解読を始めた。

.

162 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/05/23(月) 20:55:33 ID:0F2dSoEgO [25/29]


~~~~~~~~~~~~~~~


王が編み出した不死の魔法に違和感を感じ、私は密かに解析を行った。

あの魔法は、紛れもなく不死の魔法と呼んで差し支えはないだろう。

その代償の大きさを除いて。

その代償とは、術者ただ一人を除く他全人類の命。
膨大な量の命を一点に集め、半永久的な命を作り出す術式であった。

たった一人の不死のために行われる大虐殺が許されるだろうか?

私は兵を集め、王を止める。

.

163 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/05/23(月) 20:56:53 ID:0F2dSoEgO [26/29]


きっと、私は大反逆者として歴史に名を残すことになるだろう。

私はそれでも構わない。

ただ、私の墓前で涙してくれた君のために真実を残したい。

この懺悔を知り、まだ王の最悪の悪意が残っているなら、私の志を継ぎ王を止めて欲しい。

私のために泣いてくれた、優しい君よ。


~~~~~~~~~~~~~~~


解読が終わると同時に、オレは全てを知った。

.

164 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/05/23(月) 20:57:57 ID:0F2dSoEgO [27/29]


この反逆により、戦争が起こったのだろう。

それが、アトランティスが滅んだ原因につながったのだろう。


滅亡の真実。そして何より、





王の悪意が未だ息づいていることを。




.

165 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/05/23(月) 21:00:15 ID:0F2dSoEgO [28/29]


モラは常に古文書を持ち歩いていた。

アトランティスにいられるのは、明日まで。


魔法を実行するには、今しかない。




部屋を飛び出してから、嫌な予感が止まらなかった。




続く





スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://eksr.blog115.fc2.com/tb.php/317-e23fa57a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。