スポンサーサイト --年--月--日 スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

( ・∀・)と六つの銃弾のようです 第六話 2011年01月13日 ( ・∀・)と六つの銃弾のようです トラックバック:0コメント:0


143 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/01/13(木) 21:03:18 ID:zyBmZeNYO

ありがたいまとめ様
http://eksr.blog115.fc2.com/blog-category-3.html?cr=36bf2c98e9476bab3851146d0fe27fbc


( ・∀・)と六つの銃弾のようです


第六話
:再会


144 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/01/13(木) 21:03:52 ID:zyBmZeNYO

一の弾
???
モデル:?
能力:?
兵装:?

二の弾
ζ(V)゚ ゚(V)
モデル:蠍
能力:有機物の隷属
兵装:アスモ・チェーン

三の弾
( Φ ..Φ)
モデル:蛇
能力:エネルギー操作
兵装:レヴィアタン・スタッフ

145 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/01/13(木) 21:04:22 ID:zyBmZeNYO

四の弾
???
モデル:?
能力:?
兵装:?

五の弾
???
モデル:?
能力:?
兵装:?

六の弾
???
モデル:?
能力:?
兵装:?

147 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/01/13(木) 21:05:50 ID:zyBmZeNYO

ロシアンルーレット最後の一発。
第六の銃弾が発射された。

光の粒となったリボルバーがモララーの顔と手に集まる。

|::━◎┥「…。」

光の鎧に包まれたロマネスクは、南門に立ったまま変化を見続ける。
それは騎士道からなのか、舐めているのか。


それとも、敵の出現を喜んでいるのか。

148 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/01/13(木) 21:07:42 ID:zyBmZeNYO

光が収まり、モララーの姿が視認できた。

( `(11)´)

豚のような仮面を付け、手には肘まで覆う黒いグローブを携えている。

瞬間、モララーがロマネスクに手をむけた。

|::━◎┥「!?」

百戦錬磨のロマネスクの勘が警鐘を鳴らした。

( `(11)´)「…ベルゼ・ホール。」

言葉と共に、掌からビー玉大の黒い球が打ち出される。

149 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/01/13(木) 21:09:23 ID:zyBmZeNYO

(;∵)「ヒッ!?」

真っ直ぐ飛び出した球体は、ロマネスクのいた地点に着弾した。
すぐ近くにいた兵が素っ頓狂な声を上げる。

その時、自身の勘を信じたロマネスクはすでに上空三十メートルまで退避していた。

(;∵)「何だ今の黒い」

着弾地点を中心に、南門全てを覆うほどの巨大な球状の闇が出現した。

兵士が出そうとした言葉は、声の主ごと闇に飲み込まれてしまった。

150 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/01/13(木) 21:12:19 ID:zyBmZeNYO

|::━◎┥「球…?
     いや、何であるか?これは…。」

初めは球状かと思ったが、全体が黒一色。球体であれば色の濃淡で立体感があるが、これは光すら反射していない。

まるで平たく薄い円が広がっているように見える。

まさしく、闇。

突風が起こしながら巨大な闇が小さくなりつつ消え去った時、そこには何もなかった。



兵士も南門も。
先ほどの円をなぞるようになにもかもが『消えた』。

151 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/01/13(木) 21:17:36 ID:zyBmZeNYO

( `(11)´)「降りてこいよ。アンタも『喰って』やる。」

同時に、ロマネスクに黒い球の段幕が迫る。
ロマネスクは球かわしながら距離を詰める。

先ほどまでロマネスクがいた場所を振り返ると、一人飲み込めるか飲み込めないか程度の闇が出現していた。

|::━◎┥「サイズさえ気にしなければ連射も可能、か。」

152 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/01/13(木) 21:19:04 ID:zyBmZeNYO

空気が消え去ったことによっていくつもの突風が起き、乱気流を作り出していた。

ロマネスクは空気の荒波をもろともせず突き進む。

モララーまで残り数十メートル。
確実に斬撃が当たる範囲だ。

|::━◎┥「喰らうがいい!!」

伸ばした光の剣が横薙ぎにモララーを襲う。

( `(11)´)「…ムダだよ。」

モララーに剣が届く直前、軌道上に手がかざされる。

154 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/01/13(木) 21:21:22 ID:zyBmZeNYO

掌から球状の闇が生み出される。
光の剣の闇を通った部分が欠損し、切っ先を失った剣は空を切った。

|::━◎┥「ふむ。吾が輩でも切り裂けないであるか。」

( `(11)´)「ムダだって言ったじゃん。
       お年で耳が遠くなっちゃった?」

|::━◎┥「ならば、これはどうであるか?」

光の剣が砕け、モララーの周りに散らばる。

一つ一つの粒が刃を形作り、切っ先を向けた。

155 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/01/13(木) 21:22:47 ID:zyBmZeNYO

|::━◎┥「逃げ場など無いぞ。
     さぁどうする?」

(;`(11)´)「くっ!」

前後左右、上からも刃がモララーを狙う。
モララーの左手は、怪我のせいでだらしなくぶら下がっている。
逃げ道は無く、避ける事も適わない。
右手一本で捌き切れる量でもない。

|::━◎┥「行け。」

何ともなしに吐かれた言葉を合図に、全ての刃が襲いかかる。

それと同時にモララーが右手を広げて回転した。

157 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/01/13(木) 21:24:24 ID:zyBmZeNYO

(;`(11)´)「ホール・ウォール!」

モララーを包み込むように半球が現れ、刃が全て飲み込まれた。

闇がシャボン玉が割れるように消えた時、ロマネスクは庭園中心に移動していた。

|::━◎┥「よく反応したである。
     なかなか良い能力であるな。」

( `(11)´)「そちらこそ。
       焦ったよ。」

|::━◎┥「あの程度でビビるとは。
     肝っ玉が小さいである。」

( `(11)´)「なら、これはどう?」

モララーが再び手をかざす。

158 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/01/13(木) 21:25:42 ID:zyBmZeNYO

その手が狙うは、ロマネスクのはるか上。
掌からは白い球体が二つ、吐き出される。

ロマネスクの真上まで来た時、それは起こった。

( `(11)´)「リバース。」

下側にあった白い球体から、喰い取られた南門が瓦礫となって出現した。
直後に、残りの球が飲み込んでいた空気を一気に放出。南門が砕ける。

瓦礫がスピードを持ってロマネスクに飛来した。

159 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/01/13(木) 21:26:42 ID:zyBmZeNYO

瓦礫を切り裂こうと剣を構えた時、殺気を感じた。

( `(11)´)「サービスだよ。オマケ付けたげる。」

|::━◎┥「!」

黒いグローブがロマネスクへ向けられる。
掌には白い円。

そこから次々と光の刃が撃ち出される。

|::━◎┥(吾が輩の刃か!)

相当な物量で襲いかかる瓦礫。
高速で迫る光の刃。

161 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/01/13(木) 21:28:45 ID:zyBmZeNYO

|:#━◎┥「おおおおおおっ!!!!!!」

ロマネスクが雄叫びを上げる。

鎧が一際輝いたかと思うと、彼を中心に光の柱が青天井に向けて放出された。

光が瓦礫と刃をいとも簡単に消し去る。

力の奔流は、瓦礫が止むまで続いた。

|::━◎┥「ふむ。万物を消去、吸収し、吐き出す能力か。
     喰って吐くとは、いささか下品であるな。
     便利ではあるが。」

光が消え、のんびりとロマネスクは解析を始めた。

162 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/01/13(木) 21:30:13 ID:zyBmZeNYO

( `(11)´)「見りゃわかんでしょ。
       アンタのほどムダな防御とる必要もないし。」

|::━◎┥「先程の光の柱であるか?
     あんな程度の光、何百発でも撃てるぞ?」

ロマネスクは光をエネルギーに闘う。

確かに、光の柱は膨大なエネルギーを使う。
彼が余裕を持っているのは、放出した直後に補給が済んでいるからだ。

何を補給したのか?

163 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/01/13(木) 21:31:24 ID:zyBmZeNYO


それは、降り注ぐ太陽光。


また、吸収した光エネルギーを変換し、スタミナを充填する事も出来る。

夜であろうとも、松明や月明かりすらエネルギーに変える。


底の存在しないエネルギー。
光に追いつくスピード。
防御ごと叩き切るパワー。


これこそが、ロマネスクの最強たる由縁だ。

164 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/01/13(木) 21:32:37 ID:zyBmZeNYO

だが、モララーも負けてはいない。

|::━◎┥「硬さや性質を無視した防御不可の攻撃。
     全てを飲み込む防御壁。
     遠距離に飛ばしたり、近距離で振り回せる便利さ。
     バランスの取れた能力であるな。」

( `(11)´)「誉めてくれるんだ。
       そこまで言うなら降参すれば?」

それでもロマネスクは不敵な笑みを浮かべる。

|::━◎┥「そんなバカな。
     …弱点を見つけておいて、降参するわけがなかろう。」

166 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/01/13(木) 21:34:13 ID:zyBmZeNYO

( `(11)´)「ハッタリはいいよ。
       弱点突かれる前に、体中穴だらけに喰い殺してやるよ。」

|::━◎┥「ハッタリかどうか、自分で確かめろ。」

最強同士の二合目が始まった。

先に動いたのはロマネスク。
モララーへ剣の切っ先を向け、光の速度で剣を伸ばす。

167 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/01/13(木) 21:35:26 ID:zyBmZeNYO

モララーは剣の角度から予想し、またも軌道上に闇を広げ回避する。
そのまま黒い球を散弾銃のようにバラまく。

当然、ロマネスクは全て余裕を持ってかわす。

段幕を一旦止め、初撃のような巨大な闇を産みだそうと力を貯める。

その隙をロマネスクが見逃すわけがない。

|::━◎┥「行け。」

数百本の刃がモララー目掛けて飛ぶ。

168 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/01/13(木) 21:38:29 ID:zyBmZeNYO

壁のように高密度に敷き詰められた刃がモララーを襲う。

( `(11)´)「チッ。」

力を貯める事を諦め、自分より少し大きめの球体を作り刃を飲み込む。


|::━◎┥「ほれ。もういっちょ。」

目の前に出現したロマネスクが、刃のドームを作る。

|::━◎┥「行け。」

( `(11)´)「ホール・ウォール。」

再び半球を展開し、攻撃を無効化する。
モララーを覆い隠す、絶対防御。

169 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/01/13(木) 21:38:57 ID:zyBmZeNYO





|::━◎┥「それである。」

170 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/01/13(木) 21:40:19 ID:zyBmZeNYO

ロマネスクが光の剣を下に向け、目一杯伸ばす。

そして、モララーを覆う半球を、城ごと

『切り上げた』。




半球の闇が消えると共に、モララーの右腕が地に落ちた。

171 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/01/13(木) 21:41:29 ID:zyBmZeNYO

(;`(11)´)「…なんで…」

|::━◎┥「弱点その一。
     防御が全面で無いこと。
     あの防御が全面を覆っていれば、足場も消えているはずであろう?」

(;`(11)´)「う…ああああああ!!」

動かない左腕を無理やり振るおうとする。
が、左腕も瞬時に切り落とされる。

両腕の傷跡は、熱によって塞がれ止血されていた。

172 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/01/13(木) 21:42:16 ID:zyBmZeNYO

|::━◎┥「死なせるわけにはいかんのでな。
     弱点その二。
     認識出来る攻撃にしか対処出来ん。
     …今までは貴様の速度に合わせていたに過ぎん。」



これが、決着だった。

174 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/01/13(木) 21:43:18 ID:zyBmZeNYO

両腕を失ったモララーは膝をつき、動かない。

いや、動けないのだろう。

ロマネスクは、途中から彼が一歩も動いていない事に気付いていた。

大天使二人との連戦。
さらに能力の大技を連発していたモララーは満身創痍だった。

ロマネスクがモララーに向かって歩み寄る。

が、その歩みが止まる。

175 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/01/13(木) 21:45:00 ID:zyBmZeNYO

上空から何かが接近してくる。


(、∀,)「…」


ドクオが展望台から真っ逆さまに転落して来た。

十階以上からの落下。
重量に引っ張られ、確実に死ぬ落下速度を出す。

バルコニーに衝突する寸前、ドクオは片手を地に向かって突き出した。
片手には光が集まっている。

176 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/01/13(木) 21:45:37 ID:zyBmZeNYO



そして、「トン」と軽い音を立て、ドクオは逆立ちで二人の間に着地した。



片手を曲げ、軽く跳んで立ち上がる。

ロマネスクとドクオ。二人が対峙した。

177 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/01/13(木) 21:46:30 ID:zyBmZeNYO

( ФωФ)「落下スピードを『殺した』か。
       …流石であるな。『死の天使』アズライールの能力は健在か。
       十年ぶりだな。ドクオ。」

甲冑の仮面だけ解除し、顔を出したロマネスクが先に口を開いた。

('A`)「そっちこそ元気そうじゃねぇか。
   ちょっとは驚けよ『ミーカール』。
   この名前で呼ばれんのも久し振りじゃねぇの?」

178 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/01/13(木) 21:48:10 ID:zyBmZeNYO

( ФωФ)「先にブーンに会ったからな。
       アイツは相変わらず加減を知らんな。」

('A`)「まぁ元四大天使の仲じゃねぇか。
   ジブリール…ダイオードは死んじまったがな。」

簡単に昔の仲間の死を口にだす。

(#ФωФ)「貴様らが殺したのであろう。
       復讐など…もう辞めろ…。」

179 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/01/13(木) 21:49:09 ID:zyBmZeNYO

('A`)「オレらは神を殺すまで止まらない。止められない。
   …オマエもよくあんな神に仕えてられるな?」

( ФωФ)「…吾が輩には理由がある。
       貴様には関係ない。」

ロマネスクの表情に影がさす。

('A`)「…シューのことか?」

ロマネスクがその単語に反応する。

('A`)「お前の事だからそんなこったろうと思ったよ。」

180 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/01/13(木) 21:50:19 ID:zyBmZeNYO

( ФωФ)「…シューのためなら、吾が輩の誇りなど、どうでも良いのである。」

('A`)「君のためなら世界を敵に回しても構わないってやつか?
   安全なとこから物言いやがって。」

( ФωФ)「…。」

('A`)「お前が、世界の敵になってどうする。
   それでシューが喜ぶんならいいけどよ。」

(  ω )「仕方が…無いのである…。」

183 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/01/13(木) 21:51:24 ID:zyBmZeNYO

ドクオがモララーを担ぎ上げ、言う。

('A`)「オレらは決めたんだ。
   神を倒すって。
   世界を変えるって。」

(  ω )「そして、ギコを殺す。か。
       貴様のエゴではないか。」

('A`)「あぁ。オレはオレのために復讐する。
   だが、お前よかマシだ。」


「自分のためのくせに、人のせいみたいに言い訳するお前よりも。」

184 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/01/13(木) 21:52:05 ID:zyBmZeNYO

ドクオがバルコニーから飛び降りる。
庭園にはいつの間にか霧が充満していた。


「すまねぇな。ロマ。」



庭園に謝罪の言葉が残される。

ロマネスクは、そこから動けずにいた。

185 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/01/13(木) 21:53:15 ID:zyBmZeNYO

霧に包まれた路地を走る。目指すは港。
途中何度か兵と出くわしたが、一人残らず蹴り倒した。

(;∵)「!
   来たぞ!包囲だ!」

港に着くと能天使が待機していた。

('A`)「…はぁ。」

飛びかかって来た兵士四人全員の顎を蹴り砕く。

('A`)「死にたくねぇなら下がれ。
   来るなら…遠慮無く蹴り殺す。」

186 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/01/13(木) 21:53:47 ID:zyBmZeNYO

腰の引けた兵士を無視し、港を見渡す。

普段並んでいるはずの船が一つも無く、残骸が広がっている。
沖には数隻停泊していた。

ドクオは海に向かって駆け出す。

邪魔だった兵士を蹴り飛ばし、海に飛び込んだ。

187 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/01/13(木) 21:55:21 ID:zyBmZeNYO

(;∵)「なんなんだ…あれは…!?」

兵士は見た。



大きな水泡に包まれた反逆者が、海中を進んでいくのを。

188 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/01/13(木) 21:56:37 ID:zyBmZeNYO

沖に停泊する船の一つに、モララーを抱えたままのドクオが這い上がる。

('A`)「はぁ…モララー。どうだ?」

(; ∀ )「いやっ…ちょっと…
      ムリっぽいです…」

('A`)「そんだけの出血量じゃ、死なねえよ。
   寝とけ。」

それを聞いたのかどうなのか、モララーは意識を手放した。

幾つかの薬を無理矢理飲ませベッドに転がすと、キセルに火を付けた。

('A`)y―┛~「…遅ぇぞ。」

189 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/01/13(木) 21:57:11 ID:zyBmZeNYO

( ^ω^)「すまんお。魔力込めるのに時間かかったお。」

('A`)「さっさと行くぞ。
   ややこしい事になったしな。」

190 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/01/13(木) 21:58:06 ID:zyBmZeNYO

その頃、港にロマネスクが到着した。

( ФωФ)「なるほど。行き先はおそらく停泊している船のどれかだ。」

混乱する兵を落ち着かせ、指示を飛ばす。

( ФωФ)「動き出した船の特徴を記録するである。」

(;∵)「ロマネスク様!船に動きが…」

( ФωФ)「なんだと?どれだ?」

(;∵)「それが…」

228 名前: ◆Zb08y4eL/Y[>>191 訂正] 投稿日:2011/01/14(金) 00:27:48 ID:96/E.ooIO



(;∵)「沖に停泊していた船…全てです。」



( ФωФ)「イスラフィール…か…」

ブーンの持つ能力。イスラフィール。
水を操る能力により、全ての船が動かされた。

(;∵)「これではどれに乗っているか…」

( ФωФ)「うむ…やられたであるな。」

192 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/01/13(木) 22:00:41 ID:zyBmZeNYO

(;^ω^)「お!?
       モララー腕落とされたのかお!?」

船上で、ブーンは驚きの声をあげた。

('A`)「あぁ…ゲヘナ監獄で『流石』を脱獄させる必要が出来た。」

( ^ω^)「流石…『アザゼル』かお。」

('A`)「アイツの能力で、生やしてもらうしかないな…
   まぁ物はついでだ。」

193 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/01/13(木) 22:01:13 ID:zyBmZeNYO



船は一路、ゲヘナ監獄を目指す。



続く。





( ・∀・)と六つの銃弾のようです 解説 巻の三
( ・∀・)と六つの銃弾のようです 第七話
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://eksr.blog115.fc2.com/tb.php/34-0953fe3d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。