スポンサーサイト --年--月--日 スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

( ・∀・)と六つの銃弾のようです 第七話 2011年01月18日 ( ・∀・)と六つの銃弾のようです トラックバック:0コメント:2


234 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/01/18(火) 22:05:13 ID:ir3spL4AO

ありがたいまとめ様
http://eksr.blog115.fc2.com/blog-category-3.html?cr=36bf2c98e9476bab3851146d0fe27fbc



( ・∀・)と六つの銃弾のようです


第七話
:天使と神と召喚術士


235 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/01/18(火) 22:06:29 ID:ir3spL4AO

一の弾
???
モデル:?
能力:?
兵装:?

二の弾
ζ(V)゚ ゚(V)
モデル:蠍
能力:有機物の隷属
兵装:アスモ・チェーン

三の弾
( Φ ..Φ)
モデル:蛇
能力:エネルギー操作
兵装:レヴィアタン・スタッフ

236 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/01/18(火) 22:07:03 ID:ir3spL4AO

四の弾
???
モデル:?
能力:?
兵装:?

五の弾
???
モデル:?
能力:?
兵装:?

六の弾
( `(11)´)
モデル:ブタ
能力:万物の消去、放出
兵装:ベルゼ・ホール

237 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/01/18(火) 22:08:43 ID:ir3spL4AO

波の音が遠く、近く。
心地よいリズムを刻み続ける。

船底に跳ね返った海水がチャプ、チャプと音を響かせる。

風を受けた帆が綱を引っ張り、ギシギシと古びた木材が軋む。

自然が作り出したハーモニーが、耳に優しく染み込んだ。

239 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/01/18(火) 22:11:31 ID:ir3spL4AO

( -∀・)「…ん。」

窓から差し込んだ日光がモララーの瞼をオレンジに染めた。

響き続ける波の音。
香る潮風。規則的に傾く部屋。

( ・∀・)「…船室か。」

船まで運ばれた記憶が、曖昧にしか残っていなかった。

240 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/01/18(火) 22:13:27 ID:ir3spL4AO [7/43]

部屋を見回すために体を起こそうとした。


が、全く起き上がれない。

(  ∀ )「そっか…
      腕、切られたんだっけ。」

モララーは、負けた。
自身の持つ最強の能力。ベルゼブフの力が、大天使最強の男に打ち破られ、その上両腕を奪われた。

両肩に目をやる。
火傷の痕は残ったが、皮膚がうっすらと再生している。

241 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/01/18(火) 22:16:00 ID:ir3spL4AO

('A`)「お…。
   起きたか。」

封の開いていない酒瓶を持ったドクオが、戸をあける。

('A`)「寝過ぎなんだよ。
   少し待ってろ。」

そう言ってドクオは部屋を後にした。

( ・∀・)「…なんか言うこと無いのかよ。」

ドクオはモララーを拾ってから、心配の言葉やほめ言葉を言った事がない。

242 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/01/18(火) 22:16:59 ID:ir3spL4AO

ドクオから教え込まれた体術が上達した時も。
召喚術を完成させた時も。

まるで復讐の道具のような扱いだ。

( ・∀・)「…。」

( ^ω^)「モララー。気分はどうだお?」

水の入った瓶を持ったブーンが部屋を訪れた。

( ・∀・)「はい。大丈夫です。
      少しクラクラしてますが。」

( ^ω^)「そりゃ血が足りてない上に、三日間も寝てたらそうなるお。」

243 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/01/18(火) 22:18:08 ID:ir3spL4AO

( ^ω^)「ちょっと待ってろお。
       散らかり過ぎだお。」

そう言ってブーンは机に積み上げられた本を床に下ろしスペースを作る。

部屋には本や空瓶が散乱していた。
粗方片付けるとブーンは瓶を並べ始める。

( ^ω^)「取り敢えずこれ飲むお。
       血液に吸収されやすいように魔力込めといたお。」

上半身を起こされ、ブーンに介助されながら水を飲む。
水が体に染み渡り、感覚がはっきりとした。

244 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/01/18(火) 22:19:55 ID:ir3spL4AO

( ^ω^)「肩を見せるお。
       …まだ治療が必要だおね。」

ブーンが瓶の一つを指差し、魔力を放出する。

瓶から水がプカプカと浮き上がり、モララーの肩口を覆う。
少しずつ肌が傷口を塞ぎ始めた。

( ^ω^)「こんなもんかお。
       飯持ってくるから寝てろお。」

245 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/01/18(火) 22:20:54 ID:ir3spL4AO

( ・∀・)「ありがとうございます。」

( ^ω^)「あんだけ頑張ったんだから当然だお。
       お疲れ様。よくやったお。」

ブーンの言葉に、沈んでいた気持ちが少し楽になった。

ブーンの能力は便利だ。
魔力を込めれば水に様々な力を付加することが出来る。

( ・∀・)「四大天使…か。」

247 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/01/18(火) 22:23:06 ID:ir3spL4AO

ドクオとロマネスクの会話を思い出す。

ドクオとブーンは、元四大天使だ。
あの会話でモララーはその事実を初めて知った。

( ・∀・)「…。」

モララーの心に、一つの決心が生まれた。

248 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/01/18(火) 22:25:38 ID:ir3spL4AO

日が落ち、辺りは闇夜に包まれた。

地上から邪魔する光が無いため、満天の星空が広がる。

('A`)「どうした?
   ガキは寝とけ。」

甲板でドクオとブーンが佇んでいる。
ブーンは星を数え、ドクオは酒を片手に本を読んでいた。

249 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/01/18(火) 22:27:20 ID:ir3spL4AO

( ・∀・)「聞きたいことが、あります。
      …アズライール、でしたっけ?
      ドクオさん。」

ドクオがピクリと反応をしめす。
本から視線を外し、モララーを見据えた。

('A`)「聞いてたのか。
   気絶してたかと思ってたぞ。」

( ・∀・)「今まで聞けませんでした。
      ですが、僕は知りたいんです。
     貴方達が何者なのか。
      何故、神を殺したいのか。

      …過去に、なにがあったのか。」

三人の間に沈黙が流れる。

250 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/01/18(火) 22:31:28 ID:ir3spL4AO

( ^ω^)「…良い機会だお。」

その沈黙を、ブーンが破った。

('A`)「ブーン。」

( ^ω^)「いいじゃないかお。ドクオ。
       モララーなら解ってくれるお。
       …モララーはもう、仲間だお。」

ドクオは少し考えた後、パタンと音を立てて本を閉じた。

('A`)「…モララー。中に入るぞ。
   長い話になるからな。」

251 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/01/18(火) 22:32:09 ID:ir3spL4AO





‐十二年前。VIP国‐

253 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/01/18(火) 22:33:53 ID:ir3spL4AO

VIP自慢の、美しい湖を持つ公園で休息日を楽しむ。

( ^ω^)「おっおっお。」

ブーンが相変わらずのにやけ顔でバイオリンを弾く。

顔に似合わず上品な趣味してやがる。
昼寝には丁度良いがな。

(-@∀@)「~♪」

旋律に合わせて鼻歌を歌いながら、アサピーが魔術書片手に地面に落書きをする。

落書きで作られた魔法陣の上には石ころが乗っている。

魔力を与えられた石には小さな羽が生え、湖をフワフワと飛んでいく。
妖精でも召喚したのだろう。

254 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/01/18(火) 22:35:08 ID:ir3spL4AO

VIPは今、周辺国と停戦協定を結んでいる。

戦争真っ只中だった二年前なら、休息日にこんなにのんびり出来なかっただろう。
平和万々歳だ。

(,,゚Д゚)「ドクオさーん!」

遠くから後輩のギコの声が聞こえる。
後輩と言っても、小さな頃から付き合いのある幼なじみだ。



顔に乗せていた本をのけて起き上がると、遠くから駆けてくる二人が見えた。

255 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/01/18(火) 22:36:42 ID:ir3spL4AO

(*゚ー゚)「お昼寝中失礼します。
    ロマネスクさんが『また』お呼びです。
    修練場でお待ちです。」

しぃもギコ同様、幼なじみだ。

('A`)「またかよアイツは…。」

(-@∀@)「しょうがないですよ…
     ドクオ以外では修練になりませんし。」

( ^ω^)「負けるために呼ぶなんてわけわからんお…」

256 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/01/18(火) 22:37:28 ID:ir3spL4AO

('A`)「負けず嫌いだからな。
   ギコ。すぐ行くと伝えてくれ。」

(,,゚Д゚)「は!伝えてまいります!」

ギコとしぃが城に向けて走り出そうとする。

('A`)「しぃ、ちょっと待て。」

(*゚ー゚)「なんでしょうか?」

しぃを呼び止めたドクオが、耳元まで顔を近付けた。

('A`)「…今日は鶏肉が食いてぇ。」

(*゚ー゚)「はいはいw」

しぃが軽く答え、その場を去っていった。

257 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/01/18(火) 22:39:06 ID:ir3spL4AO

(-@∀@)「そろそろ行きましょうか。」

( ^ω^)「のんびりして八つ当たりされる兵士が不憫だおw」

('A`)「そうだな。」

本をポーチにしまって、湖を後にする。

ブーンとアサピーとは同い年だ。
戦場以外では常に三人で行動する、気を許した大事な仲間。

いや、親友と呼んでもいいだろう。

258 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/01/18(火) 22:39:52 ID:ir3spL4AO

ブーンは同じ四大天使、アサピーは城お抱えの召喚術士だ。

( ^ω^)「二人は本当にいい夫婦だお。」

('A`)「よせよ。しぃとはまだ入籍してない。」

(-@∀@)「まだ、ですか。
     お熱いことで。」

二人に茶化されながら城へ向かった。

259 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/01/18(火) 22:40:44 ID:ir3spL4AO

( ФωФ)「遅いである。」

修練場にはロマネスクと、ボロボロで息の上がった兵士達が転がっている。

五十人組み手でもしたのだろう。

ボソボソ
(-@∀@)「やっぱり八つ当たりに逢ってましたね。」
ボソボソ
( ^ω^)「いつも飽きないお…。」

( ФωФ)「悪口は聞こえないよう話すである。」

260 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/01/18(火) 22:42:06 ID:ir3spL4AO

三人が軽口を叩いている。
いつものやりとりに少し笑えた。

('A`)「んじゃぁ…さっさと始めるか。」

そう言って上着とポーチをブーンに放り投げる。

('A`)「暇だったら本でも読んどけ。」

( ^ω^)「本は読まないっていつも言ってるお。」

('A`)「楽譜は読むくせに…なんだそりゃ。」

ロマネスクに視線を送ると、睨み返して来る。

262 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/01/18(火) 22:54:11 ID:ir3spL4AO

( ФωФ)「ブーン。しっかり見ておけ。
       …今日はこそ吾が輩が勝つからな。」

('A`)「言っとけ全敗野郎。
   ミーカールの能力使ってもいいぞ?」

( ФωФ)「貴様がアズライールを使えばな。」

オレの能力は殺すための能力だ。
仲間に使うもんじゃねぇ。

('A`)「そりゃオレの自由だろ。」

264 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/01/18(火) 22:55:19 ID:ir3spL4AO

('A`)「後で泣き言は言うなよ。
   …何か言う気力があればの話だがな。」

オレがポケットに手を突っ込む。

これが戦闘開始の合図だ。

265 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/01/18(火) 22:56:26 ID:ir3spL4AO

ロマネスクが木剣を構え、じりじりと距離を詰めて来る。

取り敢えずロマネスクの出方を見よう。

( ФωФ)「…。」

だが、ロマネスクは動かない。
ロマネスクもカウンター狙いらしい。

266 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/01/18(火) 22:58:46 ID:ir3spL4AO

伏していた兵も一歩退いて固唾を飲んで見守る。
兵士にとっちゃ貴重な勉強時間になる。

所々からオッズが聞こえた。
お前ら…

ついでに、右後方に木剣が落ちているのに気が付いた。


さて。消極的戦法が通用しないことを教えてやろう。

267 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/01/18(火) 23:01:27 ID:ir3spL4AO

一足飛びで落ちている木剣まで移動する。

軽く蹴り上げ、後ろ回し蹴りでロマネスク目掛けて蹴り出す。

木剣が急所を狙い真っ直ぐに、飛ぶ。

(;ФωФ)「ちっ!」

遠距離攻撃を予想していなかったのか、急いで剣を払い落とした。
その隙に右側に回り込み、一気に距離を詰める。

268 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/01/18(火) 23:02:17 ID:ir3spL4AO

そのままロマネスクに蹴りを入れる。

( ФωФ)「読んでいたである。」

払うために左下に下げていた木剣を一気に切り上げた。

蹴りを中断し、軸足を曲げて体を仰け反らせる。
木剣が目の前を通過。

貯めた足を蹴り上げ、手元を狙う。

ロマネスクが左手を離して蹴りを回避。

オレは勢いそのまま、後方へ飛ぶ。

269 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/01/18(火) 23:03:57 ID:ir3spL4AO

( ФωФ)「勝機!」

ロマネスクが追撃を仕掛けてきた。

('A`)「…。」

地面に降り立った直後に、鳩尾を狙った突きが迫る。

右足を軽く上げながらバックステップ。
伸び切った木剣と脚が触れた。瞬間。

270 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/01/18(火) 23:05:22 ID:ir3spL4AO

('A`)「ほっ」

足を巻き付け上空へ振り切る。

木剣はいとも簡単に宙へ舞った。

ロマネスクは呆気にとられている。

そのまま

('A`)「お疲れさん。」

踵落としをロマネスクの脳天に直撃させた。

271 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/01/18(火) 23:06:23 ID:ir3spL4AO

修練場を静寂が支配している。

ドクオが攻撃を仕掛けてから決着まで、たったの五秒。
兵士は何も言えないようだ。

勉強にすらならなかったかもな。

( ^ω^)「ロマネスク…しっかり見届けたお…。」

(-@∀@)「彼は最後まで…立派な武人でした…。」

272 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/01/18(火) 23:07:36 ID:ir3spL4AO

突然パン、パンと乾いた手拍子が静寂を破る。

/ ゚、。 /「ハイハイお遊びはそこまで。
      神がお呼びですよ。」

('A`)「お、マジか。ロマネスク伸びちまったよ。」

ダイオードが呆れた顔で入ってきた。

/ ゚、。 /「ホント懲りないなコイツは。
      しぃは居るかな?」

(*゚ー゚)「はい。直ぐに。」

273 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/01/18(火) 23:09:32 ID:ir3spL4AO

しぃがロマネスクに駆け寄り、ロマネスクに手をかざした。

溢れ出した魔力が、みるみるうちに腫れ上がった脳天が治療。
意識を取り戻させた。

(;ФωФ)「クソ!もう一度だ!」

/ ゚、。 /「神が呼んでいます。急ぎましょう。」

(;ФωФ)「待ってくれ!コイツを負かす!」

274 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/01/18(火) 23:10:42 ID:ir3spL4AO

/ ゚、。 /「はぁ…。」

ダイオードがロマネスクの肩に、手を置いた。


/ ゚、。 /『今日はもう満足だな?
      今は神に会うことが先決だ。な?』


( ФωФ)~゚「そうである!さっさと行くである!」

(;'A`)(能力使いやがった…。)

ダイオードが光っているのを確かに見た。

276 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/01/18(火) 23:12:13 ID:ir3spL4AO

/ ゚、。 /「さぁ行きますよ、二人とも。」

(;^ω^)「す、すぐ行くお!」

(-@∀@)「では、私はココで待ってますね。」

そう言って、アサピーは魔術書を広げた。

城内を四人で歩く。
ロマネスクはまだフラフラしている。
謁見の間まではすぐ。

大きな扉の前には、若い二人の門番が佇んでいた。

277 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/01/18(火) 23:14:00 ID:ir3spL4AO

( ´_ゝ`)「お、来たか。」

(´<_` )「神が待っていたぞ。」

謁見の間の門番、兼ボディーガードの流石が扉を開く。

( ФωФ)「うむ。ご苦労であります。」

(´<_` )「敬語はやめろって…」

('A`)「そりゃ大先輩っすから。」

オレの言葉に兄者が賛同した。

278 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/01/18(火) 23:14:52 ID:ir3spL4AO

( ´_ゝ`)「うん。まぁオレには敬語を使え。ひれ伏せ。」

( ^ω^)「弟者さん。失礼しますお。
       兄者、どけお。」

( ´_ゝ`)「…。」

謁見の間中央に四大天使が並び、流石が神の両隣に座る。

('A`)「神よ。お呼びでしょうか。」

「うむうむ。」

279 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/01/18(火) 23:15:53 ID:ir3spL4AO




( ´∀`)「わざわざすまんモナ。
       …ちょっとめんどくさいことになったモナ。」




それが、この国の始まりへ繋がる事件だった。


続く





( ・∀・)と六つの銃弾のようです 解説 巻の四
( ・∀・)と六つの銃弾のようです 第八話
スポンサーサイト

コメント

240が抜けてない?
  1. 2011/04/25(月) 01:39:54 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集 ]
抜けてたようなので修正しました
ご指摘ありがとうございます
  1. 2011/04/26(火) 00:21:54 |
  2. URL |
  3. Eksr #I9PmcRDw
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://eksr.blog115.fc2.com/tb.php/43-f60f4599
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。