スポンサーサイト --年--月--日 スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

( ^ω^)ドラゴンクエストのようです('A`) 第10話 2011年01月21日 ( ^ω^)ドラゴンクエストのようです('A`) トラックバック:0コメント:0


75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/21(金) 22:31:51.06 ID:dBFBfQv00


第10話



76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/21(金) 22:33:06.13 ID:dBFBfQv00



( ^ω^)「・・・・・・」


魔物「グルルルゥオオオ・・・!」



村人「ひいぃ・・・あ、あわわ・・・」 村人「いやあああああ!!」



( ^ω^)「危ないから下がってるんだお」


ブーンは斧で、村人を下がらせる身振りをする。

しかし、その眼光はあくまで、目の前の魔物を見据えたまま。



78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/21(金) 22:35:07.55 ID:dBFBfQv00


リカントマムル「グルルラアアオオオ・・・」

まどうし「ひひひ・・・きき」

しりょう「グカカカ・・・」


( ^ω^)「・・・また、竜王の配下の手引きかお?」

( ^ω^)「それとも野生のものがたまたま現れたか」

( ^ω^)「どちらにせよ・・・」



79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/21(金) 22:38:03.64 ID:dBFBfQv00


ブーンは動く。


( ^ω^)「斬るお」


すばやく切り込み、魔物の肉を、切り裂く。

リカントマムル「ゴコオオウウウウ!!」


( ♯^ω^)「・・・はぁっ!」シャヒュッ


しりょう「ギカッ!!?」ビシュッ


( ^ω^)「村の人は・・・傷づけさせないお」

( ^ω^)「守るお」

(  ω )「絶対に――――――」



81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/21(金) 22:40:12.63 ID:dBFBfQv00

――――――――――――――――――


   母 (,,゚Д゚) (*゚ー゚)


――――――――――――――――――



( ♯ ω )「――――守るおッッ!!」


魔物「「ガアアアアアアアア!!!!」」


だが、敵の数が多い。分が悪い。


( ; ω )「ちっ」


しりょう「ガガッ」ブンッ

( ♯^ω^)「はっ!」サッ


83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/21(金) 22:42:36.78 ID:dBFBfQv00

マムル「グルォオオオアアッ!!」ヒュッ

( ;^ω^)「!! しまっ・・・」



《 ・・・ギラッ!! 》



リカントマムル「・・・グォオオオオッッ!!?」


魔物の体が炎風に吹き飛ばされる。
炎は魔物の体を包み焦がした。


('A`)「ブーン、大丈夫か!?」

( ^ω^)「ドクオ!!」


84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/21(金) 22:45:30.40 ID:dBFBfQv00


('A`)「あらまきさん、危険ですので離れてください。ここは我々が」

( ^ω^)「百人力だお、ドクオ」

('A`)「・・・ブーン・・・すまない。これは・・・俺が・・・」

( ^ω^)「?」


まどうし《ヒャアアッ!!》


(;'A`)「「ッッ!!」」(^ω^; )



86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/21(金) 22:47:40.98 ID:dBFBfQv00


/ ,' 3 《マホトーン!!》


まどうし「・・・ググっ??」


あらまきが呪文を唱えた瞬間、魔物は青い光に包まれた。
魔物の腕に蓄積された魔力が、霧散してゆく。


('A`)「!」

( ;^ω^)「おおっ」


/ ,' 3 「話しをしとる余裕は無いぞ。
    村長のわしは、村人を避難させよう・・・君らは魔物を頼むわい」

/ ,' 3 「いけるかね?」



87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/21(金) 22:49:15.63 ID:dBFBfQv00


('A`)「ええ。いけます」

( ^ω^)「ドクオと一緒なら、問題ないお」


('A`)「・・・ブーン、いくぞ。いいな?」

( ^ω^)「ああ、ドクオ。準備は万端だお」






88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/21(金) 22:51:33.27 ID:dBFBfQv00









90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/21(金) 22:55:05.37 ID:dBFBfQv00



村人「・・・さきほどの魔物の襲撃で、被害者は5名。
    襲われはしましたが、全員、命に別状はありません。」

/ ,' 3 「ふむ、そうか」

( ^ω^)「・・・ほ。よかったお」

('A`)「・・・・・・」



ブーンとドクオは、苦戦の末、魔物を撃退した。

村人は、数人の負傷者を出したが、幸い死者はでなかった。

戦った二人にも、大きな傷は無かった。


93 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/21(金) 22:58:39.68 ID:dBFBfQv00


村人「・・・なぁ、旅の人・・・ 噂に聞けば、アンタ呪われてるそうじゃないか?」


一人の男性が、ドクオに話しかける。


('A`)「・・・」

村人「アンタと、あらまきさんの会話を聞いたって奴がいるんだ。そうなんだろう?」

('A`)「・・・ああ」

('A`)「呪われている」


( ;^ω^)(!)



95 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/21(金) 23:00:46.99 ID:dBFBfQv00


広場に集合した村人一同に、ざわめきが起きる。


村人「じゃ・・・じゃあ、今回の魔物が襲って来たのも・・・アンタのせいじゃないか!?」

村人「アンタの呪いが、魔物を呼び寄せたんじゃ・・・」

('A`)「おそらく、そうでしょう」



97 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/21(金) 23:03:13.52 ID:dBFBfQv00


ざわめきは、強さを増す。悲鳴にも似た声も起こった。


       「なんてことだ・・・ この村は、のどかな村なんだ」

            「アンタのせいで、女子供が怪我を負ったんだぞ!」

   「そんな不幸を呼びつける人がこの村にいたなんて・・・」

                  「どうしてくれるんだ。うちの子が・・・」

        「そんな災いをもたらすやつは・・・」


( ;^ω^)(ドクオ・・・)

('A`)(・・・・・・)



98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/21(金) 23:05:25.69 ID:dBFBfQv00

/ ,' 3 「静まれ。静まらんか」


村長である、あらまきの声に、村人のどよめきは小さくなる。

あらまきは、声は抑え、
しかしはっきりと怒調と真剣さを含んだ物言いで戒める。


/ ,' 3 「仮に此度の魔物の襲撃が、ドクオ君の呪いのせいだったとしても」

/ ,' 3 「彼は、命をかけて我々を守ってくれたではないか」

/ ,' 3 「彼らが戦ってくれなければ、被害はもっと甚大なものになっていた」

/ ,' 3 「感謝こそすれ、罵倒の言葉を浴びせるなどもってのほかだ」

/ ,' 3 「恥を知りなさい」


村人「・・・!」


101 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/21(金) 23:07:44.77 ID:dBFBfQv00


('A`)

( ;^ω^)(ドクオ・・・)


村人「だ・・・だけど・・・だからといって、このまま彼を置いておくわけには・・・」

村人「またいつぞや彼の呪いが、魔を呼び寄せるかもしれません!」

村人「そ、そうだそうだ!」

/ ,' 3 「・・・・・・」


ドクオが、口を開く。



102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/21(金) 23:10:49.41 ID:dBFBfQv00


('A`)「構いません。あらまきさん」

('A`)「この村での私の所用は、おかげさまで、もうあらかた済みました」

('A`)「すぐにでも、この村を発ちます」

('A`)「今まで大変お世話になりました。ありがとうございます」

/ ,' 3 「ドクオ君・・・」



ドクオはそういって、踵を返す。

宿に戻ろうとする。

しかし。



103 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/21(金) 23:12:43.22 ID:dBFBfQv00

( ^ω^)「ドクオ!!」

('A`)「ブーン」


( ^ω^)「・・・村の皆さん。お願いですお」

( ^ω^)「今晩、一晩だけでいいから、この男を泊めてやって貰えませんかお」

( ^ω^)「おねがいしますお」

( ^ω^)「再び魔物が襲って来た時は」

( ^ω^)「ブーンたちがまた、やっつけますお。ですから・・・」

( ^ω^)「この通りですお」


村人「・・・・・・」


105 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/21(金) 23:15:23.60 ID:dBFBfQv00


村人は、一瞬黙った。そして、よそよそと何事か話し、こう言った。


村人「まぁ・・・今晩だけなら。お二人には、村を救ってもらったし・・・」

村人「そういうなら、断れないですよ」


( ^ω^)「ありがとうございますお!」

('A`)「ブーン・・・」



106 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/21(金) 23:17:35.89 ID:dBFBfQv00



('A`)「・・・どういうつもりだ、ブーン」

( ^ω^)「ドクオ」

('A`)「なぜ、俺を引き止める?」

('A`)「俺はもう、ここには・・・」

( ^ω^)「・・・ドクオ。一緒に、温泉にいかないかお?」

('A`)「温泉・・・?」

( ^ω^)「だお」

('A`)


108 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/21(金) 23:20:39.12 ID:dBFBfQv00


村人達の集まりから離れ、二人は話す。


( ^ω^)「ドクオが発つその前に・・・共にゆっくり温泉でも入りたかったんだお」

( ^ω^)「旅の話でもしながらね」

('A`)「・・・」

('A`)「・・・ははは。そういう事か」


ドクオは、笑った。


('A`)「わかった。じゃあ、後で行こう」

( ^ω^)「お!ここの温泉は、有名なんだお!」

('A`)「お前よりずいぶん詳しく知ってるさ。何せ、長い事いたからな」

( ^ω^)「じゃあ、いったん宿で落ち合うお!」

('A`)「ああ」



109 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/21(金) 23:23:43.04 ID:dBFBfQv00


その夜――――温泉場前。


( ^ω^)「おっおっ、きたかお」

('A`)「よう、待たせたか」

('A`)「ん?それはなんだ?」

( ^ω^)「これかお。秘密兵器だお。ドクオのそれは?」

('A`)「はは、これも秘密兵器だ」


二人は、互いに何か持ち寄っていた。


脱衣所で衣服を脱ぎ、湯へ行く。



112 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/21(金) 23:25:46.67 ID:dBFBfQv00


('A`)「さむいさむい」

( ^ω^)「はやくはいるお!」


その熱い湯に、身を落とす。


 足、
    腰、
       肩。


(*'A`)「おお・・・」

( *^ω^)「おお・・・」


湯煙が立ち上り、暗い闇に映える。
バシャバシャと顔を洗う。



114 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/21(金) 23:29:31.19 ID:dBFBfQv00


( ^ω^)「これはいいお。体の内側までキレイになる気がするお」

('A`)「な。いいだろう」

( ^ω^)「あったまるお・・・はじめて入ったお」

( ^ω^)「わざわざ遠い国から湯治にくる人もいる訳だお」

( ^ω^)「それよりドクオ。それはなんだお?」

('A`)「ああ、これか。これは――――――」



116 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/21(金) 23:31:33.66 ID:dBFBfQv00

ドクオは、液体の入った瓶を取り出す。


('A`)「酒だ」

('A`)「この村でつくる、米を原料にした酒さ。いけるんだ」

( ^ω^)「おお、温泉でお酒かお。いいおね」

('A`)「ブーンのそれは?」

( ^ω^)「これは・・・ジャン」


ブーンは、袋からそれをいくつかとる。


( ^ω^)「卵。温泉卵だお」

('A`)「ほう」

( ^ω^)「入りながら食べたら、きっと乙だと思ったんだお」

('A`)「いいな。じゃあ、つまみに食うか」

( ^ω^)「おおっ」


117 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/21(金) 23:33:57.73 ID:dBFBfQv00


卵の殻をむく。つるりとした白い肌が現れる。

とろけそうなほど柔らかい卵を口にいれ、ふつっと噛み砕く。

黄身のトロリとした濃厚な味わいが、口いっぱいに広がる。


( *^ω^)「んおお・・・たまらんお」モグモグ

('A`)「一口か」

( ^ω^)「卵は一口で食うに限るお。まだあるお!」


ドクオも卵を食べる。そして、酒を口に含む。


(*'A`)「・・・おおっ・・・ これは・・・」

( *^ω^)「良い酒だお。風味がすばらしいお」



120 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/21(金) 23:36:42.92 ID:dBFBfQv00

二人は、ひと時の、心がはんなりするような、安らぎを享受した。


( ^ω^)「はぁ、極楽だお・・・」

('A`)「そうだな・・・」



( ^ω^)「・・・ドクオには、何度も命を救ってもらったし」

( ^ω^)「なにか、運命的なものを感じるお」

('A`)「運命か、はは」

( ^ω^)「さっきの戦いも、驚く程ウマがあったし」

( ^ω^)「・・・ドクオ。一度断られてるのにまた言い出すけれども」

( ^ω^)「共に、旅をしないかお?」

('A`)「・・・」

( ^ω^)「おまえとなら、上手くやれる気がするんだお」

('A`)「ブーン」


121 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/21(金) 23:38:35.92 ID:dBFBfQv00


('A`)「さっきも聞いたろう。俺は、呪われている」

( ^ω^)「お・・・」

('A`)「これが・・・呪いだ」


ドクオは、首もとを見せる。

暗くて見えなかったそれが、顔を表す。
首飾りをしていた。いや、それは――――――


( ;^ω^)「・・・肉と、同化してるのかお?」

( ;^ω^)「脈打ってるお」

('A`)「ああ、こいつが呪いの源だ」



122 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/21(金) 23:40:20.88 ID:dBFBfQv00


((  ;;;;;;;;;)「ドクオ・・・  わたしを・・・」  ))


('A`)(・・・・・・)


('A`)「俺と共にいると、危険を呼び寄せるんだ」

( ^ω^)「・・・・・・」

('A`)「俺は呪われている。忌み嫌われてきた」

('A`)「だが、おまえは俺を避けず、対等の立場で話してくれる」

('A`)「おまえは・・・心の優しい奴だ。そして、芯のある人間だ」

( ^ω^)「買いかぶるなお」

('A`)「でも、だからこそだ」



124 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/21(金) 23:43:40.16 ID:dBFBfQv00


('A`)「もしお前が、俺との旅で、その命を失ってしまったら」

('A`)「俺はきっと自分を許せない」

('A`)「自分の呪いが、お前を殺したのだろうと。例えそうでなくとも」

('A`)「そう責めさいなむだろう」

( ^ω^)「・・・・・・」

('A`)「だから、お前とはいられない。ともに旅はできない」

('A`)「・・・少なくとも、俺が呪われているうちは」

('A`)「わかってくれ」

( ^ω^)「そうかお」



126 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/21(金) 23:45:30.41 ID:dBFBfQv00


( ^ω^)「ドクオがそういうなら、しょうがないお」

( ^ω^)「でも、ドクオ。これだけは覚えておけお」


( ^ω^)「ブーン達は、例え離れていても、ともに戦う仲間だお」

( ^ω^)「一人じゃないお。孤独じゃないお」

( ^ω^)「この薄暗い空の下には」

( ^ω^)「その空の陰りを晴らそうと戦う、もう一人のお前がいるお」

( ^ω^)「忘れるなお」



('A`)「・・・そうだな」

( ^ω^)「おっおっ!」



127 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/21(金) 23:46:51.65 ID:dBFBfQv00


杯の酒には、自分の顔が映り込む。

なんともいえない表情で、なにかおかしい。

ドクオは、それを打ち消す様に、杯をくゆらせる。

そのまま、いっきに飲み干した。



('A`)「うまいな」

( ^ω^)「うまいお」



( ^ω^)「ドクオ・・・また何処かで会おうお」

( ^ω^)「その時まで、生きていろお」

('A`)「おまえもな。ブーン」



128 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/21(金) 23:48:56.62 ID:dBFBfQv00


闇夜の湯煙の中で、杯を交わす。


生の誓いを。再会の誓いを。



('A`)(・・・“運命”・・・か)


( ^ω^)「お?」

('A`)「いや、なんでもない」



129 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/21(金) 23:51:25.62 ID:dBFBfQv00


運命は、また彼らを戦いへと、いざなうであろう。


残酷な結末が待ち構えているかもしれない。


( ^ω^)


死地が彼らを手招きしているかもしれない。


('A`)


それから、目をそらす訳ではない。


しっかりと、それを見つめる。


自分の未来を。世界の運命を。



131 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/21(金) 23:53:55.41 ID:dBFBfQv00


しかし、今はただ。 今は、この安らぎの中で。


この清適の時の中で。




    ( ^ω^)      ('A`)




二人は、安寧の夢をみつつ――――その薄暗い空の向こう側にあるものを、眺めている。




to be continue...!!




133 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/21(金) 23:55:08.40 ID:dBFBfQv00


( ^ω^)ブーンの今のステータス

LV14

てつのおの
はがねのよろい
てつのたて


('A`)ドクオの今のステータス

LV16

こんぼう
くろのろーぶ
しのくびかざり


136 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/21(金) 23:56:36.56 ID:dBFBfQv00


今回登場した敵


リカントマムル:リカントの上位種で、獣人の魔物。その腕力はリカントとも段違いである。
          凶暴な上に、より優れた知能を持ち、相手の魔力まで操る。


まどうし:人間が魔物になったもの。魔力で人間を眠らせ、その生き血を啜る。
      血を啜った後は、その肉も魔力で焼き、骨も残さず食らう。


しりょう:その名の通り、死霊。死者の魂に魔力が染み付き、その体を動かす。
     生への願望が強いせいか、傷を回復する魔法を使う。
     しかし、彼らは本当の意味で蘇生する事は無い。





( ^ω^)ドラゴンクエストのようです('A`) 第11話
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://eksr.blog115.fc2.com/tb.php/51-d820964e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。