スポンサーサイト --年--月--日 スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

( ・∀・)と六つの銃弾のようです 第八話 2011年01月27日 ( ・∀・)と六つの銃弾のようです トラックバック:0コメント:1


308 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/01/27(木) 01:04:50 ID:lm5L6cngO


ありがたいまとめ様
http://eksr.blog115.fc2.com/blog-category-3.html?cr=36bf2c98e9476bab3851146d0fe27fbc




( ・∀・)と六つの銃弾のようです


第八話
:騎士と病

309 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/01/27(木) 01:05:20 ID:lm5L6cngO

(´・ω・`)「つまり…君のミスだ、と。」

ダイオード、ワカッテマスが殺害されてから数日後。
メタトロン城、謁見の間には神と一人の天使がいた。

( ФωФ)「は…
       敵の戦力を見誤りました。
       まさかあの二人が生きていたとは…。」

310 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/01/27(木) 01:06:08 ID:lm5L6cngO

(´・ω・`)「十一年前、二人の殺害を担当したのは君だったね。」

間髪を入れず、神がロマネスクを責める。

( ФωФ)「確実に死亡確認をするべきでした…。
       次は必ず。」

(´・ω・`)「まぁいい。今回は許してあげるよ。
     だが次。相見えて殺害出来なかった場合…」

311 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/01/27(木) 01:06:29 ID:lm5L6cngO






「君の大切な人の命が消えちゃうからね。」

312 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/01/27(木) 01:07:46 ID:lm5L6cngO

( ФωФ)「…。」

ロマネスクは与えられた自室に戻り、うなだれていた。

( ФωФ)(次は無い…か。)

あの二人が生きていたのは知っていた。
見逃したのは、他でもない自分なのだから。

正直な所、絶対に手にかけたくない。
出来るならば今すぐドクオ達の元へ駆けつけて神を討つ側に立て。と心が叫んでいる。

313 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/01/27(木) 01:08:41 ID:lm5L6cngO

( ФωФ)「シュー…。」

しかし、それは叶わない夢。
理性が必死に心の叫びを押さえつけた。

神がいるからシューが生きていて、神に従わなければシューの命はない。

あの事件が無ければ。
いや、ただの切欠にしか過ぎなかった。

314 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/01/27(木) 01:09:21 ID:lm5L6cngO






('A`)「そんな無茶な条件飲まなければいけないのですか?」

315 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/01/27(木) 01:10:10 ID:lm5L6cngO

ドクオが当然の疑問を投げかける。
吾が輩でも感じる疑問。

『停戦国への大天使の派遣』

それが他国からの要望であった。

( ´∀`)「この要請を無視するなら、開戦も辞さないそうだモナ。」

/ ゚、。 /「軍事力低下、技術の盗用、情報収集が目的でしょう。」

('A`)「そんな無理難題…ただ単に戦争したいだけじゃないんですか?」

実際そうかも知れない。
常識的に考えれば簡単に突っぱねるような条件。

316 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/01/27(木) 01:10:56 ID:lm5L6cngO

だが、モナー様は迷っているようであった。

( ´∀`)「モナとしては、罪なき民を戦火に巻き込ませたくないモナ…。」

/ ゚、。 /「我々の力があれば、民に被害無く勝つ事も容易ですが。」

( ´∀`)「それでも、相手国の民は死ぬモナよ。」


国のために民が苦しむのは間違っている。


それがモナー様の持論であった。

317 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/01/27(木) 01:11:58 ID:lm5L6cngO

( ´∀`)「極力、穏便に済むように交渉してみるモナ。」


「私の生み出してきた天使を他国に預けるなど、あってはならんのですよ。」


謁見の間に老いた声が響く。

('A`)「!
   召喚師殿!」

/ ,' 3「モナー様。甘いことは言わないで頂きたい。
    天使のための戦うべきです。」

318 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/01/27(木) 01:13:19 ID:lm5L6cngO

召喚師と呼ばれた老人が、諭すようにモナーに言葉をかけた。

( ´∀`)「天使は民を守るためにいるモナ。
       我々の都合で民を傷つけるわけにはいかんモナ。」

( ФωФ)「吾が輩達はこの国を、モナー様を裏切る事は無いのであります。
       もし他国へ行こうとも心は常にモナー様と共に在ります。」

本心からの言葉であった。

モナー様は我々を、民の事を考えてくださる。
それに応えたかったのである。

319 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/01/27(木) 01:13:57 ID:lm5L6cngO

( ^ω^)「僕らならどうなろうとモナー様の決定に従いますお。
   ですからモナー様。貴方の思う結果を出して下さいお。」

ブーンも同調してくれた。

我等は一枚板である。
モナー様に、神に従おう。

( ´∀`)「みんな…
       ありがとう…。」


/ ,' 3「…フン。」

320 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/01/27(木) 01:15:18 ID:lm5L6cngO

( ФωФ)「ただいま帰ったである。」

謁見を終え、我が家へ帰りついた。
小さいながらも、大事な我が家だ。

( ФωФ)「…?」

おかしい。
いつもであれば妻が出迎えてくれるはずである。

今日はそれがない。



家に一歩入ると同時に、殺気。

321 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/01/27(木) 01:16:48 ID:lm5L6cngO

上方からの気配に反応し、横に飛び退く。

吾が輩が立っていた位置に何十本もの刃が突き刺さる。

(;ФωФ)「罠か!」

典型的なブービートラップ。
後一歩遅ければ串刺しだった。

体勢を立て直そうと一気に立ち上がる。
が、床がミシリと音を立てた。

322 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/01/27(木) 01:17:47 ID:lm5L6cngO

床が抜け、落とし穴へ落下。


ぐにゃり、と軟らかい嫌な感触が底にあった。


穴の中には、ツンとした生臭い臭いが充満している


湿り気を感じた手を
恐る恐る
見やる。

323 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/01/27(木) 01:18:50 ID:lm5L6cngO




それは




底一面に敷き詰められた




米だった。

324 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/01/27(木) 01:19:27 ID:lm5L6cngO

ニュッ
lw´‐ _‐ノv

穴の上から妻のシューが顔を覗かせる。


まさか…

326 名前: ◆Zb08y4eL/Y[ズレた…。] 投稿日:2011/01/27(木) 01:21:10 ID:lm5L6cngO
ねぇねぇ
今どんな気持ち?
    ∩__∩
 ♪ /    丶
   lw´‐ _‐ノv
__ノ     ノハッ
\__    > >ハッ
  /   /(_/ ♪
 /   /
(_⌒丶′∩__∩
`| /ヽ| /    丶 ♪
(ノ Uv|‐ _‐`wl
  ハッ )    丶__
  ハッ < <    __/
  ♪ \_)\   丶
米にまみれて \   丶
 幸せですか?  Y⌒_)
ねぇ幸せ?    |/丶|
         (ノ U

327 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/01/27(木) 01:23:48 ID:lm5L6cngO

(;ФωФ)「くさっ!
       臭いすっぱ!
       酢飯かよ!」

起きあがろうとするたびネッチャネッチャと手に引っ付く。

lw´‐ _‐ノv「うわダッセェ。
       けどそんなロマも愛してる。」

(;ФωФ)「愛の言葉言うタイミングじゃないである!」

lw´‐ _‐ノv「うははははゲフッ
ビチャビチャッ  ダメだ死ぬぅ」

(;ФωФ)「無茶するなら血を吐くな!」

328 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/01/27(木) 01:26:06 ID:lm5L6cngO

( ФωФ)「全く…。」

シューをベッドに寝かせ、椅子に腰掛けた。

シューは病を患っている。
医師に「あと二年は保たない」と宣告された時は視界が暗くなった。

(;ФωФ)「殺す気であるか。」

lw´‐ _‐ノv「ロマなら避けれると思ったから。
       どんだけロマの事を熟知してると思ってる?」

329 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/01/27(木) 01:26:41 ID:lm5L6cngO

lw´‐ _‐ノv「そう言えば、しぃさんから晩御飯のお誘いあったんだ。」

( ФωФ)「お、良いであるな。
       家からもなにか持ち寄ろう。」

lw´‐ _‐ノv「ちらし寿司準備してるから大丈夫。」

(;ФωФ)「だから酢飯か!

lw´‐ _‐ノv「ついでにちょっとしたサプライズ。」

(;ФωФ)「洒落ならんサプライズだろ!」

330 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/01/27(木) 01:27:34 ID:lm5L6cngO

夕焼けに染まった丘を、車椅子を押しながら歩いていく。
シューは何度も何度も吾が輩の方を振り向きながら、他愛もない話を続け道中を盛り上げてくれる。

シューが病に伏してから、度々しぃとドクオに誘われた。

お陰で家に閉じこもる事もなく明るく闘病生活を送れている。

('A`)「お、来たか。」

(*゚ー゚)「ロマさん、シューさんいらっしゃい。
    待ってましたよ。」

331 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/01/27(木) 01:28:13 ID:lm5L6cngO

二人の住む小高い丘にある一軒家。

いつもどおり出迎えくれた。

(*゚ー゚)「それじゃ、料理の続きしますか。
    シューさん。手伝って下さいね。」

('A`)「じゃオレも…」

( ФωФ)「おっとドクオ。
       昼間の続きだ。本気でやってやる。」

('A`)「…。」

いつも本気じゃん。って顔をするな。

332 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/01/27(木) 01:29:10 ID:lm5L6cngO

(*゚ー゚)「よし。でっきあがりぃ。
    二人もそろそろだね。」

lw´‐ _‐ノv「まぁ結果は解ってるがな。」

ズルズル
('A`)「正解だ。
   しぃ。頼む。」

そう言ってロマネスクが家へ放り込まれる。
ボロ雑巾のような敗者が、力なく横たわる。

いつもの光景だ。

(*゚ー゚)「普通、こんなにボッコボコにするかなぁ…。」

('A`)「アバラ半分折れて向かってくるコイツが普通じゃねぇんだよ。」

333 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/01/27(木) 01:29:52 ID:lm5L6cngO

(*ФωФ)「いやしかし、シューのちらし寿司は最高である!」

食卓にはシュー自慢のちらし寿司。
そして鶏肉をふんだんに使った豪華な料理が並ぶ。

lw´‐ _‐ノv「ふ…
       コシヒカリ6、ササニシキ4の米は旨かろう。」

('A`)「いやいや。しぃの料理の素晴らしさの方が勝ってるね。」

対抗してドクオがノロケる。
頭を叩いたしぃの頬がほんのりと色付いている。

お互い良い夫婦だ。

334 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/01/27(木) 01:30:32 ID:lm5L6cngO

ヒソヒソ
(*゚ー゚)「にしてもホントに懲りないね。」

ヒソヒソ
lw´‐ _‐ノv「まぁ、勝てたらロマじゃないね。」

( ФωФ)「…陰口は、陰で言うから陰口である…。」

突然コンコン。と扉がノックされる。

335 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/01/27(木) 01:31:10 ID:lm5L6cngO

外から「オレだよ。」と声がした。

(,,゚Д゚)「あ、ロマネスクさんも来てましたか。
     良い魚が穫れたんでどうぞ。」

('A`)「お、これで三つ巴だな。
   流石にギコの焼き魚にはかなわないかもな。」

(*゚ー゚)「焼き加減が絶品だもんね。
    ギコくんも晩御飯どう?」

(,,゚Д゚)「いや、オレは用事があるから…。
     また明日な。しぃ。」

336 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/01/27(木) 01:32:02 ID:lm5L6cngO

ギコはそう残すと、足早に家を後にした。

ギコとしぃは警備隊でペアを組んでいる。

仲良し三人組だったドクオは、時折自身の役職を悔やんでいた。

そんな時、ドクオはピアスを触る癖を持っている。

ドクオ、しぃ、ギコ。
三人お揃いのピアス。

337 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/01/27(木) 01:32:22 ID:lm5L6cngO






____________

338 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/01/27(木) 01:33:02 ID:lm5L6cngO

(´・ω・`)「さて、これは機会が来てしまったかもね。」

どこかにある暗い地下室。
広い室内には、数人が跪いている。

「もし、条約が通過すれば大天使の壮行会が行われるはずです。
その時に決行、ですね。」

スッと通る女性の声。

(´・ω・`)「そうなるね。
     その時は頼んだよ。」

339 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/01/27(木) 01:33:50 ID:lm5L6cngO

「オレの願いも、叶えて頂けるんですね?」
若い声が口を挟んだ。

(´・ω・`)「もちろんさ。
     その分、しっかり働いてね。」

「はい!」


(´・ω・`)「しばらくは準備期間だ。
     新たな神の誕生、楽しみにしておこう。」

340 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/01/27(木) 01:34:10 ID:lm5L6cngO







‐十一年前 メタトロン城謁見の間‐

341 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/01/27(木) 01:34:55 ID:lm5L6cngO



('A`)「そう…ですか。」

( ´∀`)「みんなスマンモナ…
       僕の力が足りないばっかりに…。」

( ФωФ)「しょうがないであります。
       それが民のためになるなら、喜んで従いましょう。」



大天使派遣の条約が、モナー様の努力虚しく制定してしまった。

342 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/01/27(木) 01:35:44 ID:lm5L6cngO

/ ゚、。 /「では、壮行会の手配を。
      約一週間後には。」

/ ,' 3「…。」

召喚師殿が、無言で佇んでいる。

(;^ω^)「召喚師殿。
       よろしいですかお?」

ブーンの言葉に、ハッと我に帰ったように答える。

/ ,' 3「仕方のない事だからな…。
    ワシはもうなにも言うまい。」

ブーンがほっ。と胸をなで下ろした。

343 名前: ◆Zb08y4eL/Y[] 投稿日:2011/01/27(木) 01:36:16 ID:lm5L6cngO

( ´∀`)「では派遣先を発表するモナ。」





壮行会が、いや、式典が後一週間まで迫っていた。





続く





( ・∀・)と六つの銃弾のようです 第九話
スポンサーサイト

コメント

平和主義者が大戦を引き起こした。 ――チャーチル
  1. 2011/05/06(金) 04:27:31 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://eksr.blog115.fc2.com/tb.php/58-ddacb432
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。