スポンサーサイト --年--月--日 スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

( ゚∀゚)ガラクタ魔王のようです 8 2011年02月02日 ( ゚∀゚)ガラクタ魔王のようです トラックバック:0コメント:1


91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/02(水) 22:17:00.10 ID:08VZqtnU0



(;゚A゚)「うおおおおおおおおおおお!!」



 ドクオは森の中を疾走していた。

 後ろにはカウデビルが三頭迫っていて、絶体絶命である。


 ところがドクオが魔王城の手前まで逃げると、カウデビルは立ち止まり、ドクオを見送った。

 魔物というのは、あまりにも強い魔力を持つ存在がいると、そこには近づかなくなるのだ。
 つまり魔王がいる限り、城の付近には魔物は存在できないのである。



('A`)「あ、どうも。自分ドクオっス。あと、百姓ッス!」


92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/02(水) 22:18:43.80 ID:08VZqtnU0





 ##### ガラクタ魔王のようです #####










 第八話「騎士と勇者の物語」






95 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/02(水) 22:21:32.59 ID:08VZqtnU0


( ;・∀・)「どうして外に出たりしたんだ」


 勝手に外に出て傷だらけになったドクオを、仕方なくモララーが手当する。


('A`)「すまねえ。迷惑かけるな」

( ・∀・)「おまえ、ペニサスとか魔王さんには丁寧なくせに、なんか俺にはタメ口だよな。
      言っとくけど俺も貴族だからなおい」

('A`)「それはそうとモララーの旦那に頼みたいことがあるんだ」

( ・∀・)「なんだよ」

('A`)「この城には大浴場がある」

( ・∀・)「知ってるよ。てか毎日入ってるからな」


100 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/02(水) 22:25:35.34 ID:08VZqtnU0

('A`)「大浴場はかなり開けた部屋だ」

( ・∀・)「ああ。じゃないと湯気のせいでカビが生えやすくなるからな」

('A`)

( ・∀・)

('A`)「奇しくもこの辺鄙な城に美女が三人いる。あとは……わかるな?」

( ;・∀・)「わかるな?じゃねえよ! 何考えてんだ!
      ま、まさか外に出たのは風呂を覗くためだっていうのか!?」

('A`)「そのまさかだ!」

( ;・∀・)「アホかー!! 風呂覗こうとして死にそうになってんじゃねえよ!」

('A`)「もう少しで姫様の究極ボディラインが拝めたのになぁ」

( #・∀・)「ひひひひひひひ姫様の風呂を覗こうとしたのか貴様ァ―――!! ゆるさん!! 斬る!!」

('A`)「しかしこのままだと、誰かに覗かれちまう可能性があるなあ」

( #・∀・)「あぁ!? なんだってぇ!?」


103 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/02(水) 22:29:58.78 ID:08VZqtnU0

('A`)「大浴場は城の外から見ると丸見えだ。双眼鏡さえあればそれはもう見放題」

( ;・∀・)「け、穢れなき姫様の麗しき裸体が危ないということか!?」

('A`)「そうだ」

( #・∀・)「っておまえくらいしか覗くやつはいねえだろうが!! やはり斬る!!」

('A`)「そうか、見たくないのか。姫の裸」

( #・∀・)

('A`)

( ・∀・)


 モララーの脳裏にデレとの楽しい(?)日々が蘇ってくる。

 幼なじみである彼らは、小さい頃からお互いをよく知っている仲だ。

 そんな彼がデレを異性だと認識し始めたのは、十歳を超える頃。
 他の子供と違いデレの発育は抜群で、その頃既に彼女には男の目を惹くものがあった。


105 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/02(水) 22:32:08.47 ID:08VZqtnU0

( ; ∀ )「クッ、う、ぐぅう……っ!」

('A`)「俺は、自分に正直に生きられないやつは大嫌いだ」

( ; ∀ )「うぅ、ううううぐうぐ!」

( ∀ ; )「おおぉ……おぉぉおおぉおぉぉおぉぉ!」

( ; ∀ )「みいぃぃぎぎぎぎ……ぐおおおおお!」

( ∀ ; )「ふぅっ! ぐっ、ふぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅ!」





( ;∀;)「見たいです……」

('A`)(泣くほどなのか)


110 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/02(水) 22:35:01.04 ID:08VZqtnU0

('A`)「女の裸が見たいか!」

( ;∀;)「違う!」

('A`)「ただの巨乳好きか!」

( ;∀;)「違います!」

('A`)「姫は好きか!?」

( ;∀;)「はい!」

('A`)「姫の裸は好きか!?」

( ;∀;)「はい!!!」

('A`)「姫の裸が見たいか!?」

( ;∀;)「はい!!!!!!!」



 男たちは感極まって抱きしめあった。

 ただ欲望に忠実に、堪えきれぬリビドーを貫くことを覚悟した。


112 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/02(水) 22:40:16.54 ID:08VZqtnU0




(#・∀・)「うおおおおおおおお!」



 モララーの強靱な肉体は魔物との戦闘においていかんなく発揮された。

 かつてここまで気迫のこもった彼がいただろうか。
 全身にみなぎる胆力はあらゆる魔物を凌駕し、彼の行く手を阻めるものはいなかった。


('A`)「流石だぜダンナ」

( ・∀・)「いえ、これくらい、なんてことないっす!」

('A`)「おいおい、いいんだぜ、敬語なんか」

( ・∀・)「私は騎士です。誰かの下につき、闘う者。あなたは私に光を与えてくれた。
      この命、あなたになら捧げられる。さあ、行きましょう。聖地へ!」


 小高い丘の上が、大浴場を覗ける最高のスポットである。

 女たちが風呂に入る、月が空高く浮かぶ頃、彼らは聖なる地へとたどり着いた。


114 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/02(水) 22:43:27.33 ID:08VZqtnU0

('A`)「ここから覗けるぞ」

( ;・∀・)「既に誰か入ってるみたいだ! は、早く双眼鏡をよこせ!」

('A`)「既に敬語やめてんじゃねえか。あと双眼鏡は一つしかない。まずは俺だ」

( #・∀・)「ならん! もしも今入っているのが姫ならどうするつもりだ!」

('A`)「どうもこうも……目に焼き付けるけど」

( #・∀・)「姫様の裸体を愛でていいのは俺だけだ! よこせ!」

(;'A`)「あぁん強引なお人……」


 無理矢理取り上げた双眼鏡で、わくわくしながらモララーはレンズをのぞき込んだ。



( *・q ・)「ひ、姫様ぁ~」

('A`)「モララー、放送事故レベルの酷い顔になってるぞ……」


116 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/02(水) 22:47:09.78 ID:08VZqtnU0


 大浴場の壁ははめ込みの無い窓がいくつもついていて、そこから中の人間が簡単に覗ける。

 湯船に足をちゃぷちゃぷとつけて、子供のようにはしゃいでいるミセリの姿が見えた。


( ・∀・)「チッ、ミセリちゃんか」

(*'∀`)「よ、よこせ!」

( ・∀・)「痩せてるなあ。
      しかし胸はそれなりに……うぅむ、しかしやはり俺はちょっとぽっちゃりした子の方が好みだな」

(;'A`)「おまえの好みなんか宇宙一どうでもいいわ! 早くよこせ!」

( ・∀・)「いいよ。はい」

(*'∀`)「フヒヒ! ミセリちゃん!」


('A`)「あれ?」


 意気揚々と双眼鏡を覗くが、大浴場には誰もいなかった。


120 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/02(水) 22:50:39.97 ID:08VZqtnU0

(;'A`)「み、ミセリはどこに!?」

( ・∀・)「もう出ちゃったのかもね」

(;゚A゚)「おまえが早く渡さなかったからだぞ!
    どうしてくれるんだこの手持ちぶさた間!?」

( ・∀・)「そんなにがっつくなよ。まだペニサスがいるだろ」

('A`)「そうだな。姫様もいるしな」

( ;・∀・)「だからおまえに姫様の裸体は見せられねえんだよ!」

(#'A`)「一体なんの権限があって俺の覗きを邪魔するんだ!」

( ;・∀・)「もろに法律違反だよ!」

(#'A`)「おまえが言うかそれ!?」


122 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/02(水) 22:53:53.28 ID:08VZqtnU0

(;'A`)「はっ! 女の裸の気配がする!」

( ・∀・)「おまえたまに凄いな」

(;゚A゚)「よこせ! 今度は俺が確認する!」

( ;・∀・)「待てよ! まずは俺が姫様かどうか確認して……」

(;゚A゚)「寝言はセイアフタースリープだ! そら!」

( ;・∀・)「ま、待て!」


 モララーの制止を振り抜きドクオは双眼鏡を覗く。

 レンズがとらえた人間は、体にタオルを巻いたペニサスであった。


( ;・∀・)「姫様か!?」

('A`)「いや、ペニサスだ」

( ・∀・)「ああそう。姫が来そうになったらすぐに代われよ」

('A`)「おまえ姫を守る側近だったはずだよな……いや、まあいいんだけどさ」


125 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/02(水) 22:56:47.98 ID:08VZqtnU0

('∀`)「いやあ、それにしても女の裸ってのは、なんていうか癒しだよなあ」

( ;・∀・)「なにをしみじみと……」

('∀`)「あのタオルの下に何があるのか想像しただけで、ご飯三杯はいけるぜ」


 ペニサスを覗くドクオは幸せそうだった。


(;'∀`)「お、き、来た!」

( ;・∀・)「姫様か!?」

(*'∀`)「ペニサスがタオルを取るぞ!」

( ・∀・)「そ、そうか」



 タオルの下に広がる世界、それはまだドクオが知らない次元の話である。

 艶めかしい手つきで、ついにペニサスの体からタオルが取られようとしていた。


127 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/02(水) 22:58:19.71 ID:08VZqtnU0





(;'A`)「―――!?」




 タオルを取るとペニサスの小振りな胸が露わになった。

 しかしドクオの目を引いたのは彼女の体そのものではなく、



(;'A`)「なんだ、ありゃあっ」

( ・∀・)「どうした?」


 その体に刻まれたものだった。


131 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/02(水) 23:02:11.93 ID:08VZqtnU0

 タトゥーというより、それはナイフのようなもので彫られた傷に見えた。

 『馬鹿』『阿呆』などの意味を表す低俗な言葉や、とても言葉に出来ないような卑猥な言葉が、
 体の至るところに書き殴られていた。


 たとえばそれは、子供が子供にやるようないじめで、持ち物にラクガキされるそれと同じレベルだった。

 違うのは、彼女の体そのものに、深い傷として刻まれているということだ。




(;'A`)「ありゃあ、一体―――あ!!」

( ・∀・)「今度はどうした?」

('A`)「姫様が入ってきた」

( ;・∀・)「なあぁにいいいい!?」


134 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/02(水) 23:07:19.15 ID:08VZqtnU0

 ペニサスの体に彫られていた文字も気になるが、今はそれどころではなかった。

 双眼鏡を取り合ってモララーとドクオがもつれ合う。


( ;・∀・)「よこせ!!」

(;'∀`)「やーだね! 姫のヴァージン視姦は俺がもらった!」

( ;・∀・)「なんたる外道! やはり貴様はここで斬る!!!」

(;゚A゚)「わーばかばか!! 剣を振り回すな! 危ないだろ!!
    わかったよ、二人で仲良く一緒に見ようぜ。こう、片目ずつ」

 「なにを見るのでしょうか?」

( ;・∀・)「そんなの姫様の裸に―――――――」

(;'A`)「決まってるだ――ろ――――――――」




 背筋が凍り、足が震えた。

 背中に感じる重圧はまさしく、魔獣そのものであった。


138 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/02(水) 23:12:30.78 ID:08VZqtnU0



(#゚∋゚)「お二方、少し悪ふざけが過ぎたようですね」


 ガラクタメモ:

 <クックルの一番嫌いなこと>
   隠れて誰かを傷つけるような卑怯なこと




( ;・∀・)(;゚A゚)「すいませんでしたあああああああああ!!!!」



|||||||| |||||||||||
|||Φ(;・∀・ )Φ||Φ('A`;)Φ|||||

   ガシャーン


 モララーとドクオ、城の地下牢に、投獄。
 次回、一回休みとして二人は本編には出ません。





( ゚∀゚)ガラクタ魔王のようです 9
スポンサーサイト

コメント

No title
ロマンだよなwwww
  1. 2011/02/03(木) 22:30:35 |
  2. URL |
  3. あめ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://eksr.blog115.fc2.com/tb.php/67-36d43fb3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。